「呈瑕の役者」ローエル

(17コメント)  
最終更新日時:

「呈瑕の役者」ローエル

出身 王国

年齢 21歳

性別 男

レアリティ ★3

属性 闇

成長タイプ 晩成

武器 剣

武器種別 斬撃

同時攻撃数 1体

攻撃段数 2段


初期体力 1,850

最大体力 3,885

覚醒体力 6,960

移動速度 68

リーチ 18

DPS 2,499

覚醒DPS 4,492

初期攻撃力 1,880

最大攻撃力 3,948

覚醒攻撃力 7,098

攻撃間隔 1.58

タフネス 34

総合DPS 2,499

覚醒総合DPS 4,492


進化 
進化前:「隠瑕の剣士」ローエル


追加日 2018.07.13
7月進化解放2018


属性補正
炎属性
  92%
水属性
  92%
風属性
  92%
光属性
  130%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
「『たとえ君にどんな』……、いや、違うな。」
「ここは、もっと過去に想いを馳せるようにした方がいいか。相手を通して自分を見てる感じで……、」
メルク「みゅ? この声はまさか……、」
ローエル「『たとえ君にどんな瑕が』……、」
メルク「ローエルさん!」
ローエル「ぬおおっ!」
メルク「みゅわっ! お、驚かせてしまって申し訳ないのですよ!」
ローエル「メ、メルク?」
メルク「そうなのです! お久しぶりなのですよ、ローエルさん!」

(場面転換・川辺)

メルク「こんなところでローエルさんに会えるなんてすごい偶然なのですよ~!」
ローエル「くっ、それを男以外の声で聞けてよかった!」
メルク「どうしたのです!?」
ローエル「あっ、いや、実は……、シェスディのやつ、今は各地の駐在所を転々として経験を積まされてるらしいんだけどな。」
ローエル「どういうわけか、オレの所属してる劇団の向かう先がことごとくシェスディとカブるんだよ!」
メルク「な、なるほどそれで……。」
ローエル「シェスディ曰く、たまたまらしい。」
メルク「にわかには信じがたいのですよ。」
ローエル「だよな……。」
メルク「でも、本当は信じてるのですよ?」
ローエル「……、」
ローエル「はは、まあな。言動に似合わず、真面目な奴だし。」
メルク「みゅ、さすが行く先々で出会ってしまう仲なのです! タビーニャの町の頃より、仲良くなったので……、」
ローエル「ぎゃあああっ、やめろ! んなこと言うと、またあいつが運命とかなんとか……、」
メルク「運命とかなんとか?」
ローエル「……もうどこの町に行っても出くわすから、『誇ってくれていいんですよ、このシェスディの運命だったと』って。」
メルク「シェスディさんは謙虚そうに見えて結構、自信家というか……、し、信念のある人なのですよ。」
ローエル「それがある意味で、気楽に付き合えるところでもあるんだけどな……。それでいて、楽になれねえところでもあるけど。」
メルク「……、」
メルク「やっぱり前よりも打ち解けたのです?」
ローエル「ま、まあアーティスのライブでは世話になってるからな。それにやっぱり真面目な奴というか……、」
ローエル「ライブの後でオレがアーティスから楽屋に呼ばれてても、絶対に一緒には来ねえし、会わせろとも言わねえし。……わかってたけど、立派なやつだなーってな。」
メルク「ローエルさん……。」
ローエル「オレに対する言動を除けば。」
メルク「一気に目がお亡くなりに……!」
ローエル「わかるだろ……?」
メルク「わ、わかったのです。もうそこには突っ込まないのですよ!」
メルク「……でも、アーティスさんとローエルさんがそんな風にまた仲直りできてよかったのですよ。」
メルク「前にアーティスさんと会った時、役者になったローエルさんにファンへの対応などを叩きこむと楽しそうに話してくれたのです。」
ローエル「アアー! それでか……。この間のバーミュスと一緒になってのスパルタ授業は……、」
ローエル「けど……、オレの方こそ、お前らがアーティスと仲良くしてくれてよかったよ。」
メルク「みゅ?」
ローエル「タビーニャの時、アーティスの相談に乗ってやってくれてありがとな。」
ローエル「って、原因はオレだったんだけど……。まあ、これからも妹と仲良くしてやってくれ。」
メルク「それはもちろんなのです! 次はローエルさんともアーティスさんとも、一緒にお話ししたいのですよ~!」
ローエル「……、」
ローエル「ああ、ありがとな。今も、あの時も。」
メルク「ローエルさん?」
ローエル「いや、なんでもねえよ。そういや、この場所は人気が無いって言ってたよな?」
メルク「そうなのです! ここならローエルさんとゆっくり話すのにもぴったりだと思ったのですよ!」
ローエル「そうか。ひとつ、頼みがあるんだが……、この場所、オレも使っていいか?」
メルク「みゅ? もちろん誰が使ってもいいのですが……、」
ローエル「ありがとな。実は、練習場所がなかなか見つからなかったんだよ。」
メルク「練習場所なのです? そういえば、紹介所で会った時もなにか言っていたのですよ。」
ローエル「ああ、はじめて名前付きの役で出る舞台の練習だ。手紙を出したついでに紹介所の隅を借りてたんだが、やっぱりあそこだと小声でしかできなくてな。」
メルク「そうだったのですよ。」
メルク「って役が決まったのです!? みゅわーっ、おめでとうなのですよ! 絶対に見に行くのですよー!」
ローエル「お、おお! ありがとな。」
ローエル「……くっ、もっと練習しねえと。」
メルク「みゅっ!? そ、そこまで目を血走らせなくても……!」
ローエル「いやいや、ローズ歌劇団はやばいんだよ。やばいやつらしかいないんだ。練習しまくらないと呑まれてトチる……!」
ローエル「それに、今回はオレがどうしてもやりたくてオーディションに命賭けてもぎ取った役なんだ。」
ローエル「他の役をおろそかにするってわけじゃねえけど、今のオレのできる限りを出し尽くしたい。」
メルク「……、」
メルク「もう、すっかり役者さんなのです。」
ローエル「え?」
メルク「なんでもないのですよ。さっきはどのセリフを練習していたのです? 私でよければ練習に付き合うのですよ!」
ローエル「えっ、マジか!? すげえ助かる! えーっと、このページなんだけどな。」
メルク「貧しさゆえに1度だけ、盗みを犯した主人公がその経歴ゆえに仕事が見つからずに荒れかけたシーン……、」
ローエル「オレはその主人公を補導する騎士役だ。」
メルク「騎士……、」
メルク「ええと、騎士のセリフは……、」
「『たとえ君にどんな瑕があったとしても、それで君がすべてをあきらめる必要などない』」
メルク「……。」
ローエル「『その瑕が君のすべてではなく、そして、その瑕だけを見る者が、この世界のすべてではないからだ』」
ローエル「『立ちなさい。どんな理由があろうとも、その瑕は君が選んだ道だ。悔いるなら償い、信念があるなら貫きなさい』」
ローエル「『そして、もし己の瑕を厭うのなら、瑕を覆い隠すためよりも、その手で己を磨きなさい。その手で他者が瑕つかぬように守りなさい』」
ローエル「『そうすれば、いつかその瑕そのものが美しく輝く日が来るだろう』」
メルク「ローエルさん……。」
ローエル「……やっぱ、まだ違うな。」
メルク「そう、なのですよ?」
ローエル「この騎士、実は元盗賊の設定なんだ。そして、この言葉で主人公はそれまでの考えを変える。主人公にとって、生涯忘れられない人になる。」
ローエル「……だから。この騎士は、自分の言葉を本気で信じてるんだって伝わらなくちゃいけねえ。」
ローエル「すまん。もう1回やるから聞いててくれ。」
メルク「……、わかったのですよ!」

(場面切り替え、夕方の川辺)

ローエル「だーっ、違う! もっとこう、芯のある声を出したいんだよ! 発声練習が足りねえ!」
メルク「……、」
メルク「(きっと)」
メルク「(きっと、その舞台にあがる頃には。ローエルさんにとってもそのセリフが、本当のことになっているのですよ)」
メルク「(いえ、もしかしたらもう……)」
ローエル「あいうえ およいだ アウリエル! うきわを こいきに えらんでるー!」

備考
「心奪なる真実」アーティスの兄のような存在
「啓開なる騎士」シェスディにご主人様認定されている
「優美なる紫華」ロザリナ率いる「ローズ歌劇団」の面々と行動を共にしている

【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(17)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.102836835 2018/07/29 (日) 03:55 通報
    本人の内面がポジティブになったのは素直に喜ばしいけど
    なんだろう、左手の短剣が目立つポーズも相まって
    絵的に悪堕ち感が半端ない…
     
    ところで「身代わりに捕まった彼の昔の仲間」って
    まだメルスト内でキャラとして登場してないよね?
    0
  • さすらいの癒術師さん No.102773865 2018/07/17 (火) 08:58 通報
    本名と昔どんな顔だったか気になりすぎる・・・
    1
  • さすらいの癒術師さん No.102765981 2018/07/15 (日) 22:51 通報
    良い顔になったね
    足元のパミュたんもきゃわわ
    1
  • さすらいの癒術師さん No.102759829 2018/07/14 (土) 21:40 通報
    ユニストです。
    返信数 (13)
    0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759837 2018/07/14 (土) 21:41 通報
      ?「『たとえ君にどんな』……、いや、違うな。」
      ?「ここは、もっと過去に想いを馳せるようにした方がいいか。相手を通して自分を見てる感じで……、」
      メルク「みゅ? この声はまさか……、」
      ローエル「『たとえ君にどんな瑕が』……、」
      メルク「ローエルさん!」
      ローエル「ぬおおっ!」
      メルク「みゅわっ! お、驚かせてしまって申し訳ないのですよ!」
      ローエル「メ、メルク?」
      メルク「そうなのです! お久しぶりなのですよ、ローエルさん!」
      (場面転換・川辺)
      メルク「こんなところでローエルさんに会えるなんてすごい偶然なのですよ~!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759839 2018/07/14 (土) 21:42 通報
      ローエル「くっ、それを男以外の声で聞けてよかった!」
      メルク「どうしたのです!?」
      ローエル「あっ、いや、実は……、シェスディのやつ、今は各地の駐在所を転々として経験を積まされてるらしいんだけどな。」
      ローエル「どういうわけか、オレの所属してる劇団の向かう先がことごとくシェスディとカブるんだよ!」
      メルク「な、なるほどそれで……。」
      ローエル「シェスディ曰く、たまたまらしい。」
      メルク「にわかには信じがたいのですよ。」
      ローエル「だよな……。」
      メルク「でも、本当は信じてるのですよ?」
      ローエル「……、」
      ローエル「はは、まあな。言動に似合わず、真面目な奴だし。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759849 2018/07/14 (土) 21:43 通報
      メルク「みゅ、さすが行く先々で出会ってしまう仲なのです! タビーニャの町の頃より、仲良くなったので……、」
      ローエル「ぎゃあああっ、やめろ! んなこと言うと、またあいつが運命とかなんとか……、」
      メルク「運命とかなんとか?」
      ローエル「……もうどこの町に行っても出くわすから、『誇ってくれていいんですよ、このシェスディの運命だったと』って。」
      メルク「シェスディさんは謙虚そうに見えて結構、自信家というか……、し、信念のある人なのですよ。」
      ローエル「それがある意味で、気楽に付き合えるところでもあるんだけどな……。それでいて、楽になれねえところでもあるけど。」
      メルク「……、」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759853 2018/07/14 (土) 21:43 通報
      メルク「やっぱり前よりも打ち解けたのです?」
      ローエル「ま、まあアーティスのライブでは世話になってるからな。それにやっぱり真面目な奴というか……、」
      ローエル「ライブの後でオレがアーティスから楽屋に呼ばれてても、絶対に一緒には来ねえし、会わせろとも言わねえし。……わかってたけど、立派なやつだなーってな。」
      メルク「ローエルさん……。」
      ローエル「オレに対する言動を除けば。」
      メルク「一気に目がお亡くなりに……!」
      ローエル「わかるだろ……?」
      メルク「わ、わかったのです。もうそこには突っ込まないのですよ!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759858 2018/07/14 (土) 21:44 通報
      メルク「……でも、アーティスさんとローエルさんがそんな風にまた仲直りできてよかったのですよ。」
      メルク「前にアーティスさんと会った時、役者になったローエルさんにファンへの対応などを叩きこむと楽しそうに話してくれたのです。」
      ローエル「アアー! それでか……。この間のバーミュスと一緒になってのスパルタ授業は……、」
      ローエル「けど……、オレの方こそ、お前らがアーティスと仲良くしてくれてよかったよ。」
      メルク「みゅ?」
      ローエル「タビーニャの時、アーティスの相談に乗ってやってくれてありがとな。」
      ローエル「って、原因はオレだったんだけど……。まあ、これからも妹と仲良くしてやってくれ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759865 2018/07/14 (土) 21:45 通報
      メルク「それはもちろんなのです! 次はローエルさんともアーティスさんとも、一緒にお話ししたいのですよ~!」
      ローエル「……、」
      ローエル「ああ、ありがとな。今も、あの時も。」
      メルク「ローエルさん?」
      ローエル「いや、なんでもねえよ。そういや、この場所は人気が無いって言ってたよな?」
      メルク「そうなのです! ここならローエルさんとゆっくり話すのにもぴったりだと思ったのですよ!」
      ローエル「そうか。ひとつ、頼みがあるんだが……、この場所、オレも使っていいか?」
      メルク「みゅ? もちろん誰が使ってもいいのですが……、」
      ローエル「ありがとな。実は、練習場所がなかなか見つからなかったんだよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759867 2018/07/14 (土) 21:45 通報
      メルク「練習場所なのです? そういえば、紹介所で会った時もなにか言っていたのですよ。」
      ローエル「ああ、はじめて名前付きの役で出る舞台の練習だ。手紙を出したついでに紹介所の隅を借りてたんだが、やっぱりあそこだと小声でしかできなくてな。」
      メルク「そうだったのですよ。」
      メルク「って役が決まったのです!? みゅわーっ、おめでとうなのですよ! 絶対に見に行くのですよー!」
      ローエル「お、おお! ありがとな。」
      ローエル「……くっ、もっと練習しねえと。」
      メルク「みゅっ!? そ、そこまで目を血走らせなくても……!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759876 2018/07/14 (土) 21:46 通報
      ローエル「いやいや、ローズ歌劇団はやばいんだよ。やばいやつらしかいないんだ。練習しまくらないと呑まれてトチる……!」
      ローエル「それに、今回はオレがどうしてもやりたくてオーディションに命賭けてもぎ取った役なんだ。」
      ローエル「他の役をおろそかにするってわけじゃねえけど、今のオレのできる限りを出し尽くしたい。」
      メルク「……、」
      メルク「もう、すっかり役者さんなのです。」
      ローエル「え?」
      メルク「なんでもないのですよ。さっきはどのセリフを練習していたのです? 私でよければ練習に付き合うのですよ!」
      ローエル「えっ、マジか!? すげえ助かる! えーっと、このページなんだけどな。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759884 2018/07/14 (土) 21:47 通報
      メルク「貧しさゆえに1度だけ、盗みを犯した主人公がその経歴ゆえに仕事が見つからずに荒れかけたシーン……、」
      ローエル「オレはその主人公を補導する騎士役だ。」
      メルク「騎士……、」
      メルク「ええと、騎士のセリフは……、」
      「『たとえ君にどんな瑕があったとしても、それで君がすべてをあきらめる必要などない』」
      メルク「……。」
      ローエル「『その瑕が君のすべてではなく、そして、その瑕だけを見る者が、この世界のすべてではないからだ』」
      ローエル「『立ちなさい。どんな理由があろうとも、その瑕は君が選んだ道だ。悔いるなら償い、信念があるなら貫きなさい』」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759891 2018/07/14 (土) 21:48 通報
      ローエル「『そして、もし己の瑕を厭うのなら、瑕を覆い隠すためよりも、その手で己を磨きなさい。その手で他者が瑕つかぬように守りなさい』」
      ローエル「『そうすれば、いつかその瑕そのものが美しく輝く日が来るだろう』」
      メルク「ローエルさん……。」
      ローエル「……やっぱ、まだ違うな。」
      メルク「そう、なのですよ?」
      ローエル「この騎士、実は元盗賊の設定なんだ。そして、この言葉で主人公はそれまでの考えを変える。主人公にとって、生涯忘れられない人になる。」
      ローエル「……だから。この騎士は、自分の言葉を本気で信じてるんだって伝わらなくちゃいけねえ。」
      ローエル「すまん。もう1回やるから聞いててくれ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102759896 2018/07/14 (土) 21:48 通報
      メルク「……、わかったのですよ!」
      (場面切り替え、夕方の川辺)
      ローエル「だーっ、違う! もっとこう、芯のある声を出したいんだよ! 発声練習が足りねえ!」
      メルク「……、」
      メルク「(きっと)」
      メルク「(きっと、その舞台にあがる頃には。ローエルさんにとってもそのセリフが、本当のことになっているのですよ)」
      メルク「(いえ、もしかしたらもう……)」
      ローエル「あいうえ およいだ アウリエル! うきわを こいきに えらんでるー!」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.102759901 2018/07/14 (土) 21:49 通報
        以上です。
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.102762052 2018/07/15 (日) 09:42 通報
      ご提供ありがとうございます。反映しました。
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

ストーリークエスト 裏ステージ 歴代イベント(小篇) 歴代イベント(3周目) 歴代イベント(2周目) 歴代イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
アニメ

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
シャペルルルの魔法絵本2018.09.19
4 パーティー相談 掲示板
5 新着ユニット一覧
6 ★5
7 「想慕の青藍槍」ルクア
8 リセマラ相談専用掲示板
9 ボスモンスター一覧
10 シャペルルルの魔法絵本2018.08.22
goodランキング
ゴルドスカウト100連実装はいつになるのかな….. 11
めっちゃ強い人の動画や攻略見てると上位ルー.. 10
複垢の10連で星5と星4がぼろぼろ出ても本垢で.. 6
もっと見る
最近の更新

36分まえ

1時間まえ

8時間まえ

12時間まえ

13時間まえ

14時間まえ

15時間まえ

16時間まえ

17時間まえ

新規作成

21時間まえ

2018/09/21 (金) 15:42

2018/09/19 (水) 22:11

2018/09/19 (水) 16:20

2018/09/14 (金) 20:24

2018/09/12 (水) 23:40

2018/09/12 (水) 15:25

2018/09/09 (日) 23:45

2018/09/08 (土) 09:54

注目記事
リセマラ当たりランキング ドラガリアロスト攻略Wiki
リセマラ当たりランキング 真・三國無双 斬まとめ攻略wiki
リセマラ当たりランキング ファントムゲート攻略wiki【Phantomgate:The Last Valkyrie】
【ミリメモ】配信日情報まとめ【ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ】 ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ攻略wikiまとめ
配信日やポプテピピックコラボ情報 バクモン攻略wiki
ページ編集 トップへ