「執に想う義官」ブリット

(20コメント)  
最終更新日時:

「執に想う義官」ブリット

出身 西部の国

年齢 25歳

性別 女

レアリティ ★4

属性 光

成長タイプ 平均

武器 ナイフ

武器種別 突撃

同時攻撃数 2体

攻撃段数 2段


初期体力 2,280

最大体力 4,560

覚醒体力 7,410

移動速度 62

リーチ 90

DPS 2,167

覚醒DPS 3,506

初期攻撃力 1,820

最大攻撃力 3,640

覚醒攻撃力 5,890

攻撃間隔 1.68

タフネス 47

総合DPS 4,334

覚醒総合DPS 7,012


進化 進化後ユニット
進化前:「嫉着の保安官」ブリット


追加日 2018.08.15
8月進化解放2018


属性補正
炎属性
  91%
水属性
  91%
風属性
  91%
光属性
  100%
闇属性
  135%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
ブリット「ん~、疲れた……。」
主人公「あっ、ブリットさん。」
メルク「おかえりなさいなのですよ~。」
ブリット「ふふふ、ただいま。ごめんなさいね、待たせちゃって。」
ブリット「これ、お詫びになるかわからないけど、お土産ね。」
主人公「わ、わざわざすいません! ありがとうございます……、」
主人公「って、すごいご馳走だ!」
メルク「みゅわ~、それに綺麗な宝石もなのです! これは、どうしたのです?」
ブリット「料理はパーティで出ていたものをお土産用にアレンジしてもらったもので……、」
ブリット「宝石は出席者に宝石商の方がいたから、譲ってもらったの。」
主人公「パーティ?」
ブリット「はぁ、それにしてもドレスなんて久しぶりに着たから緊張しちゃったわ……。」
メルク「ドレス?」
ブリット「やっぱり、社交界は私のいる世界じゃないわね。砂にまみれてジャンゴを追ってるほうが、よっぽど性にあってるわ。んふふ……。」
メルク「社交界……。」
主人公「……あの、ブリットさん。」
ブリット「ん?」
主人公「もしかしてブリットさんって、名家のお嬢様……だったりしますか?」
ブリット「……。」
ブリット「言ってなかった?」
主人公「言ってなかったです!」
メルク「初耳なのですよ!?」
ブリット「ご、ごめんなさい。言った気になってしまっていたわ。そう、言ってなかったのね……。」
ブリット「えっと、私の父は貿易商なの。西部の国ではまだまだ珍しい職業だけど、だからこそ、競合相手が少なくてうまくやれている。」
ブリット「今日のパーティは王国の取引相手が招待してくれたものでね。せっかくだからと、私にも声がかかったの。」
主人公「そ、そうだったんですね。」
メルク「まったく気づかなかったのですよ……。」
主人公「でも、それならどうして保安官に……? お父さんの仕事を継ぐって選択肢もあったんじゃ?」
ブリット「ふふふ、たしかに。保安官は決して安全といえる職業ではない。父の跡をついだほうが遥かに安泰だわ。」
ブリット「でもね、んふふ。私には、どうしても保安官になりたい理由があったの。この職業じゃないと、いけない理由が……。」
主人公「……それって、もしかして?」
ブリット「ジャンゴ!」
主人公「なぜだろう。知っていた気がした……。」
メルク「つまりブリットさんは、ジャンゴさんを捕まえるために保安官になったということなのですね……。」
ブリット「ぶっぶー、残念でした。そこはちょっと違うのよ。」
メルク「みゅ?」
ブリット「私はね、ジャンゴに憧れて保安官になったの。」
メルク&主人公「……えっ!?」
ブリット「興味ある?」
主人公「あります!」
メルク「なのですよ!」
ブリット「ふふふ、それじゃあ話してあげる。私が保安官になった経緯……、というか、ジャンゴとの出会いね。」
メルク「みゅわ~、ありがとうなのですよ! 実はず~っと、気になっていたのです!」
主人公「(あれ? でも前に似たようなことを聞いたときは、覚えていないって言ってたような……?)」
ブリット「ふふふ、まぁ当事者以外には、そう大した話じゃないんだけどね。」
ブリット「そう……、あいつと出会ったのは、些細な原因で乱闘が起きてしまった酒場だったわ。」
主人公「わ、わぁ、西部っぽぉい……。」
ブリット「んふふ、まったくその通り。でも、屋敷で蝶よ花よと育てられていた私にとってはパニックに陥るのに十分すぎる光景だったの。」
ブリット「助けを求めて、がむしゃらに手を伸ばした時にその手を握ってくれたのが……ジャンゴだったわ。乱暴な手だったけど、妙に安心したのを覚えてる。」
メルク「……本当に、ジャンゴさんとの出会いのお話なのです?」
ブリット「んふふ、まぁ聞いてちょうだい。ジャンゴはそのまま酒場の外まで連れ出してくれて、私は父と合流することができたわ。」
ブリット「そして、お礼を言おうとする私を遮って、ジャンゴはこう言ったの。えぇ、よく覚えている……。」
ブリット「『恩義に感じてくれるなら、今度は嬢ちゃんが人を助けてやれる人間になりな』……って。」
主人公「(ジャンゴさんのモノマネ、めちゃくちゃうまいな……!)」
主人公「あっ、でもその言葉が……!」
ブリット「ええ、私を保安官の道に進ませたわ。」
ブリット「私も、あの人みたいにどんな状況でも困っている人を助けられる……、そんな存在になりたいって思ってね。」
主人公「す、すごい……! 今の関係性からは思いつかないほどの運命的な出会いだ!」
メルク「それがどうして、今の形になってしまっているのです!?」
ブリット「んーふふふ……。それはまぁ、私が研修過程を終えて正式に保安官になってからの話なんだけどね?」
主人公「あ……。」
ブリット「私、研修時代から結構必死に調べたのよ。あの時、自分を救ってくれた人がどこの誰なのか。もしかして、保安官なんじゃないかとも思ったわ。」
ブリット「でも、名前はおろか存在も見つからなかった。んふふ、今考えれば当然なんだけどね?」
ブリット「当時の私はちょっとへこんだわ。自分があの時の言葉通りの人間になれたかをその人に見てもらいたかったから。」
ブリット「でもまぁ、私も見つかるとは思っていなかったし、自分が頑張っていれば、いつか再会できるだろうと思って保安官の仕事に専念することにしたの。」
ブリット「そして、記念すべき初仕事は、いつかみたいな酒場の喧嘩を止めること。」
ブリット「んふふふ。自然と胸が高鳴ったわ。助けられる側だった私の成長を確かめるには、これ以上ない仕事だったもの!」
ブリット「そして、興奮と緊張と憧れの人への想いを抱いて私が取り押さえた喧嘩騒動の元凶は……、」
ブリット「ジャンゴだったわ。」
主人公「あー……。」
メルク「みゅ~ん……。」
ブリット「んっふっふ、その時の私の気持ち……わかる?」
主人公「えっと……、」
ブリット「わかんないわよね!? 当の私が、頭真っ白になったんだもの!」
ブリット「だって憧れの人に捧げようと思った初仕事で、その憧れの人を捕まえたのよ!? しかも! 私を助けてくれたのと同じシチュエーションで!」
ブリット「んーふふふ! 今思い出しても無茶苦茶ねっ! ショックのあまり、結局ジャンゴは逃がしちゃうし……、あぁ、今思い出しても最悪の日だったわ……!」
主人公「つまりその日から、ブリットさんのジャンゴさんへの執着……、いや、こだわりが生まれたんですね。」
ブリット「んふふふ、言葉を選んでくれてありがとう。」
ブリット「でもね、それは半分不正解。ジャンゴを追いかけることを始めたのはたしかだけど、今の追いかけている理由とは、ちょっと違うの。」
ブリット「……あいつのことが、知りたかったのよね。」
メルク「知りたかった?」
ブリット「事実にどうしても納得がいかなくてね。時間の限りにジャンゴを追いかけ回して、調べられることは全部調べて……、」
ブリット「ジャンゴは私の憧れの人ではない、と言えるだけの証拠をそろえようとしたのよ。」
主人公「それで、結果は……?」
ブリット「……。」
ブリット「無理だったわ。」
ブリット「あいつの本性は軽蔑すべき盗人で、酒にもお金にも、女性にも弱い、私が1番嫌いなタイプの人間そのものだった。」
ブリット「でもね、それでいてあいつはどうしよもなくお人好しで、親切で、困っている人がいたらふらふら助けちゃう。」
ブリット「そんな……私が憧れた気質も、確かに持っている男だったわ。」
主人公「……自由な人ですもんね。」
ブリット「んふふ、まさにその通り。」
ブリット「あいつは気まぐれに吹く風よ。そんな奴を型におさめようとしたってどだい無理な話だわ。」
ブリット「そして私は、そんなジャンゴが虫唾が走るほど大嫌いで、……憧れ続けている。」
ブリット「わかったのは結局、こんな屈辱的な事実だけ。んふふ、見事に墓穴しか掘らなかったわ。」
メルク&主人公「…。」
主人公「あれ? それじゃあ今追いかけてる理由は……?」
ブリット「単純に腹が立つからっ!」
ブリット「なんだかんだで、嫌悪が上回ってるのよねっ! あいつの英雄性なんて、極まれにしか発揮されないし!」
ブリット「あと、無意味なのはわかってるけど謝らせたいわ! なにがってわけじゃないけど、とにかく! ね!」
主人公「あはは……。なんか、今日1番しっくりくる理由かもしれないです。」
主人公「教えてくれてありがとうございました。ブリットさんのことを色々知れてよかったです。それから、ジャンゴさんのことも。」
メルク「なのですよ! ありがとうなのです!」
ブリット「ふふふ、どういたしまして。これからも気兼ねなく聞いてくれていいのよ?」
主人公「……それじゃあ、最後にもう1つだけいいですか?」
ブリット「もちろん。」
主人公「前に俺が同じことを聞いたとき、ブリットさんは忘れたって言ってましたよね?」
主人公「……どうして今回は、教えてくれたんですか?」
ブリット「……正直な話、あの時はまだ、貴方たちのことをただの旅の同行者としか思えなかった。」
ブリット「でも一緒に旅を続けて、戦って、ジャンゴを追いかけて……これは私だけか。」
ブリット「とにかく、一緒に過ごしているうちに、貴方たちのことがどんどん好きになって……、最後は、友達だと思っていたわ。」
ブリット「だから貴方たちが望むなら……、『思い出しても』良いかなと、思ったのよ。」
ブリット「侵されたくない大切な思い出を、貴方たちと分かち合えれば、嬉しいなってね……。」
ブリット「ごめんなさい、身勝手な話よね。勝手に警戒して、勝手に友達だと思って……、ふふふ、ジャンゴを責められないぐらい無茶苦茶だわ。」
主人公「いや、嬉しいです。ブリットさんも友達だと思っていてくれて。」
メルク「そして無茶を受け入れるのも、友達の腕の見せどころなのですよ!」
ブリット「……ありがとう。」
ブリット「ふふふ、なんだか不思議。いつも通りにジャンゴを追いかけていただけなのに、こんな素敵な友達と巡り合えるなんてね。」
ブリット「もしかしたら、誰かが導いてくれたのかも……?」
ブリット「んふふ、考え過ぎね。」

備考
「荒野の英雄」ジャンゴに執着している
「森羅悟る賢師」アロロアのことも追っている
「奮闘の巫師」ヤツィと仲が良い

【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(20)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.102944098 2018/08/20 (月) 10:09 通報
    情報提供ありがとうございます。
    ストーリー反映いたしました。5行目については修正アナウンスがないため原文ママで表記しました。
    1
  • さすらいの癒術師さん No.102943792 2018/08/20 (月) 07:09 通報
    ユニストです。
    返信数 (17)
    1
    • × さすらいの癒術師さん No.102943794 2018/08/20 (月) 07:10 通報
      ブリット「ん~、疲れた……。」
      主人公「あっ、ブリットさん。」
      メルク「おかえりなさいなのですよ~。」
      ブリット「ふふふ、ただいま。ごめんなさいね、待たせちゃって。」
      ブリット「これ、お詫びになるわからないけど、お土産ね。」
      主人公「わ、わざわざすいません! ありがとうございます……、」
      主人公「って、すごいご馳走だ!」
      メルク「みゅわ~、それに綺麗な宝石もなのです! これは、どうしたのです?」
      ブリット「料理はパーティで出ていたものをお土産用にアレンジしてもらったもので……、」
      ブリット「宝石は出席者に宝石商の方がいたから、譲ってもらったの。」
      主人公「パーティ?」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.102943927 2018/08/20 (月) 08:31 通報
        ※5行目、お詫びになるわからない→お詫びになる[か]わからない
        [か]が抜けてるように思いますが、一応原文ママです。修正入るかも?
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943797 2018/08/20 (月) 07:11 通報
      ブリット「はぁ、それにしてもドレスなんて久しぶりに着たから緊張しちゃったわ……。」
      メルク「ドレス?」
      ブリット「やっぱり、社交界は私のいる世界じゃないわね。砂にまみれてジャンゴを追ってるほうが、よっぽど性にあってるわ。んふふ……。」
      メルク「社交界……。」
      主人公「……あの、ブリットさん。」
      ブリット「ん?」
      主人公「もしかしてブリットさんって、名家のお嬢様……だったりしますか?」
      ブリット「……。」
      ブリット「言ってなかった?」
      主人公「言ってなかったです!」
      メルク「初耳なのですよ!?」
      ブリット「ご、ごめんなさい。言った気になってしまっていたわ。そう、言ってなかったのね……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943801 2018/08/20 (月) 07:12 通報
      ブリット「えっと、私の父は貿易商なの。西部の国ではまだまだ珍しい職業だけど、だからこそ、競合相手が少なくてうまくやれている。」
      ブリット「今日のパーティは王国の取引相手が招待してくれたものでね。せっかくだからと、私にも声がかかったの。」
      主人公「そ、そうだったんですね。」
      メルク「まったく気づかなかったのですよ……。」
      主人公「でも、それならどうして保安官に……? お父さんの仕事を継ぐって選択肢もあったんじゃ?」
      ブリット「ふふふ、たしかに。保安官は決して安全といえる職業ではない。父の跡をついだほうが遥かに安泰だわ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943802 2018/08/20 (月) 07:13 通報
      ブリット「でもね、んふふ。私には、どうしても保安官になりたい理由があったの。この職業じゃないと、いけない理由が……。」
      主人公「……それって、もしかして?」
      ブリット「ジャンゴ!」
      主人公「なぜだろう。知っていた気がした……。」
      メルク「つまりブリットさんは、ジャンゴさんを捕まえるために保安官になったということなのですね……。」
      ブリット「ぶっぶー、残念でした。そこはちょっと違うのよ。」
      メルク「みゅ?」
      ブリット「私はね、ジャンゴに憧れて保安官になったの。」
      メルク&主人公「「……えっ!?」」
      ブリット「興味ある?」
      主人公「あります!」
      メルク「なのですよ!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943803 2018/08/20 (月) 07:13 通報
      ブリット「ふふふ、それじゃあ話してあげる。私が保安官になった経緯……、というか、ジャンゴとの出会いね。」
      メルク「みゅわ~、ありがとうなのですよ! 実はず~っと、気になっていたのです!」
      主人公「(あれ? でも前に似たようなことを聞いたときは、覚えていないって言ってたような……?)」
      ブリット「ふふふ、まぁ当事者以外には、そう大した話じゃないんだけどね。」
      ブリット「そう……、あいつと出会ったのは、些細な原因で乱闘が起きてしまった酒場だったわ。」
      主人公「わ、わぁ、西部っぽぉい……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943806 2018/08/20 (月) 07:14 通報
      ブリット「んふふ、まったくその通り。でも、屋敷で蝶よ花よと育てられていた私にとってはパニックに陥るのに十分すぎる光景だったの。」
      ブリット「助けを求めて、がむしゃらに手を伸ばした時にその手を握ってくれたのが……ジャンゴだったわ。乱暴な手だったけど、妙に安心したのを覚えてる。」
      メルク「……本当に、ジャンゴさんとの出会いのお話なのです?」
      ブリット「んふふ、まぁ聞いてちょうだい。ジャンゴはそのまま酒場の外まで連れ出してくれて、私は父と合流することができたわ。」
      ブリット「そして、お礼を言おうとする私を遮って、ジャンゴはこう言ったの。えぇ、よく覚えている……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943807 2018/08/20 (月) 07:15 通報
      ブリット「『恩義に感じてくれるなら、今度は嬢ちゃんが人を助けてやれる人間になりな』……って。」
      主人公「(ジャンゴさんのモノマネ、めちゃくちゃうまいな……!)」
      主人公「あっ、でもその言葉が……!」
      ブリット「ええ、私を保安官の道に進ませたわ。」
      ブリット「私も、あの人みたいにどんな状況でも困っている人を助けられる……、そんな存在になりたいって思ってね。」
      主人公「す、すごい……! 今の関係性からは思いつかないほどの運命的な出会いだ!」
      メルク「それがどうして、今の形になってしまっているのです!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943808 2018/08/20 (月) 07:16 通報
      ブリット「んーふふふ……。それはまぁ、私が研修過程を終えて正式に保安官になってからの話なんだけどね?」
      主人公「あ……。」
      ブリット「私、研修時代から結構必死に調べたのよ。あの時、自分を救ってくれた人がどこの誰なのか。もしかして、保安官なんじゃないかとも思ったわ。」
      ブリット「でも、名前はおろか存在も見つからなかった。んふふ、今考えれば当然なんだけどね?」
      ブリット「当時の私はちょっとへこんだわ。自分があの時の言葉通りの人間になれたかをその人に見てもらいたかったから。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943809 2018/08/20 (月) 07:16 通報
      ブリット「でもまぁ、私も見つかるとは思っていなかったし、自分が頑張っていれば、いつか再会できるだろうと思って保安官の仕事に専念することにしたの。」
      ブリット「そして、記念すべき初仕事は、いつかみたいな酒場の喧嘩を止めること。」
      ブリット「んふふふ。自然と胸が高鳴ったわ。助けられる側だった私の成長を確かめるには、これ以上ない仕事だったもの!」
      ブリット「そして、興奮と緊張と憧れの人への想いを抱いて私が取り押さえた喧嘩騒動の元凶は……、」
      ブリット「ジャンゴだったわ。」
      主人公「あー……。」
      メルク「みゅ~ん……。」
      ブリット「んっふっふ、その時の私の気持ち……わかる?」
      主人公「えっと……、」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943813 2018/08/20 (月) 07:17 通報
      ブリット「わかんないわよね!? 当の私が、頭真っ白になったんだもの!」
      ブリット「だって憧れの人に捧げようと思った初仕事で、その憧れの人を捕まえたのよ!? しかも! 私を助けてくれたのと同じシチュエーションで!」
      ブリット「んーふふふ! 今思い出しても無茶苦茶ねっ! ショックのあまり、結局ジャンゴは逃がしちゃうし……、あぁ、今思い出しても最悪の日だったわ……!」
      主人公「つまりその日から、ブリットさんのジャンゴさんへの執着……、いや、こだわりが生まれたんですね。」
      ブリット「んふふふ、言葉を選んでくれてありがとう。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943816 2018/08/20 (月) 07:17 通報
      ブリット「でもね、それは半分不正解。ジャンゴを追いかけることを始めたのはたしかだけど、今の追いかけている理由とは、ちょっと違うの。」
      ブリット「……あいつのことが、知りたかったのよね。」
      メルク「知りたかった?」
      ブリット「事実にどうしても納得がいかなくてね。時間の限りにジャンゴを追いかけ回して、調べられることは全部調べて……、」
      ブリット「ジャンゴは私の憧れの人ではない、と言えるだけの証拠をそろえようとしたのよ。」
      主人公「それで、結果は……?」
      ブリット「……。」
      ブリット「無理だったわ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943819 2018/08/20 (月) 07:18 通報
      ブリット「あいつの本性は軽蔑すべき盗人で、酒にもお金にも、女性にも弱い、私が1番嫌いなタイプの人間そのものだった。」
      ブリット「でもね、それでいてあいつはどうしよもなくお人好しで、親切で、困っている人がいたらふらふら助けちゃう。」
      ブリット「そんな……私が憧れた気質も、確かに持っている男だったわ。」
      主人公「……自由な人ですもんね。」
      ブリット「んふふ、まさにその通り。」
      ブリット「あいつは気まぐれに吹く風よ。そんな奴を型におさめようとしたってどだい無理な話だわ。」
      ブリット「そして私は、そんなジャンゴが虫唾が走るほど大嫌いで、……憧れ続けている。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943820 2018/08/20 (月) 07:19 通報
      ブリット「わかったのは結局、こんな屈辱的な事実だけ。んふふ、見事に墓穴しか掘らなかったわ。」
      メルク&主人公「「……。」」
      主人公「あれ? それじゃあ今追いかけてる理由は……?」
      ブリット「単純に腹が立つからっ!」
      ブリット「なんだかんだで、嫌悪が上回ってるのよねっ! あいつの英雄性なんて、極まれにしか発揮されないし!」
      ブリット「あと、無意味なのはわかってるけど謝らせたいわ! なにがってわけじゃないけど、とにかく! ね!」
      主人公「あはは……。なんか、今日1番しっくりくる理由かもしれないです。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943821 2018/08/20 (月) 07:19 通報
      主人公「教えてくれてありがとうございました。ブリットさんのことを色々知れてよかったです。それから、ジャンゴさんのことも。」
      メルク「なのですよ! ありがとうなのです!」
      ブリット「ふふふ、どういたしまして。これからも気兼ねなく聞いてくれていいのよ?」
      主人公「……それじゃあ、最後にもう1つだけいいですか?」
      ブリット「もちろん。」
      主人公「前に俺が同じことを聞いたとき、ブリットさんは忘れたって言ってましたよね?」
      主人公「……どうして今回は、教えてくれたんですか?」
      ブリット「……正直な話、あの時はまだ、貴方たちのことをただの旅の同行者としか思えなかった。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943822 2018/08/20 (月) 07:20 通報
      ブリット「でも一緒に旅を続けて、戦って、ジャンゴを追いかけて……これは私だけか。」
      ブリット「とにかく、一緒に過ごしているうちに、貴方たちのことがどんどん好きになって……、最後は、友達だと思っていたわ。」
      ブリット「だから貴方たちが望むなら……、『思い出しても』良いかなと、思ったのよ。」
      ブリット「侵されたくない大切な思い出を、貴方たちと分かち合えれば、嬉しいなってね……。」
      ブリット「ごめんなさい、身勝手な話よね。勝手に警戒して、勝手に友達だと思って……、ふふふ、ジャンゴを責められないぐらい無茶苦茶だわ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102943823 2018/08/20 (月) 07:20 通報
      主人公「いや、嬉しいです。ブリットさんも友達だと思っていてくれて。」
      メルク「そして無茶を受け入れるのも、友達の腕の見せどころなのですよ!」
      ブリット「……ありがとう。」
      ブリット「ふふふ、なんだか不思議。いつも通りにジャンゴを追いかけていただけなのに、こんな素敵な友達と巡り合えるなんてね。」
      ブリット「もしかしたら、誰かが導いてくれたのかも……?」
      ブリット「んふふ、考え過ぎね。」
      0
  • さすらいの癒術師さん No.102930158 2018/08/16 (木) 14:35 通報
    西部2女勢これで全員へそ出し達成なのでは
    ・・・好きなんですね?へそ。
    2

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第一部 メインクエスト第二部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
質問 掲示板
雑談 掲示板
★5
4 エンシェント★5セレクトフェス
5 おすすめリセマラランキング
6 パーティー相談 掲示板
7 おすすめシード
8 メルスト リセマラ手順とおすすめユニット
9 「卵殻に眠る骨」レテネーブル
10 ボスモンスター一覧
goodランキング
その投資がメルストを生かす私はあなたに「あ.. 22
レテネーブルさん来た……ありがとうエンシェン.. 19
やっぱり死者1は神だった(確信)、前半でこ.. 15
4 後編が放送されるのはいい夫婦の日(11/22)ま.. 11
5 アニメの影響で数年ぶりくらいに復帰したけど.. 9
6 もし使い道が実装されたら即検証できるポテン.. 7
7 2話構成だからか前回の少佐民族1stと比べると.. 7
8 メルストのガチャ部分は本当に厳しい… 5
9 アニメで超!優秀!な姿が見れて嬉しかった 5
もっと見る
最近の更新

7時間まえ

11時間まえ

12時間まえ

14時間まえ

19時間まえ

22時間まえ

2018/11/20 (火) 04:58

2018/11/20 (火) 02:17

2018/11/19 (月) 21:55

2018/11/19 (月) 21:41

2018/11/19 (月) 19:09

2018/11/19 (月) 17:45

2018/11/19 (月) 15:59

2018/11/19 (月) 13:58

2018/11/19 (月) 12:53

2018/11/19 (月) 12:19

2018/11/19 (月) 12:18

2018/11/19 (月) 01:35

新規作成

2018/11/18 (日) 17:05

2018/11/18 (日) 16:50

2018/11/14 (水) 16:19

2018/11/14 (水) 16:15

2018/11/14 (水) 16:11

2018/11/09 (金) 15:14

2018/11/09 (金) 15:13

2018/11/07 (水) 21:55

2018/11/01 (木) 14:53

2018/11/01 (木) 13:42

注目記事
リセマラ当たりランキング ブラッククローバー夢幻の騎士団攻略wiki
リセマラ当たりランキング 龍が如くオンライン(龍オン)攻略Wiki
リセマラ当たりランキング アサシンクリード リベリオン攻略wiki
最新おすすめデッキレシピ アルテイルNEO攻略wiki
モンストコラボの最新情報 白猫プロジェクト攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 20