「夢届けの神仕」ルチアーノ

(23コメント)  
最終更新日時:

「夢届けの神仕」ルチアーノ

出身 死者の国

年齢 33歳

性別 男

レアリティ ★4

属性 闇

成長タイプ 晩成

武器 メイス

武器種別 打撃

同時攻撃数 2体

攻撃段数 


初期体力 2,810

最大体力 5,901

覚醒体力 9,801

移動速度 59

リーチ 18

DPS 2,004

覚醒DPS 3,311

初期攻撃力 2,300

最大攻撃力 4,830

覚醒攻撃力 7,980

攻撃間隔 2.41

タフネス 65

総合DPS 4,008

覚醒総合DPS 6,622


進化 進化後ユニット
進化前:「深情の神仕」ルチアーノ


追加日 2018.08.15
8月進化解放2018


属性補正
炎属性
  90%
水属性
  90%
風属性
  90%
光属性
  145%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
メルク「みゅ~、素敵なのですよぉ~!」
主人公「……その本、そんなに面白いか?」
メルク「もちろんなのですよ!いっきに最終巻まで読むのがもったいなくて、1週間ごとに1冊ずつ読むようにしてるほどなのです。」
主人公「そ、そうか、よかったな。」
メルク「主人公さん、本当にありがとうなのですよ!この村ではこのシリーズの本は売ってなかったのです。前の町で全巻買ってくれていなければ今頃……、」
ルチアーノ「おっ、メルクちゃん。楽しそうだな、どうしたんだ?」
メルク「みゅっ、ルチアーノさん!実は……、」
主人公「……。……。」
(場面転換・森)
ゴマリー「きゅるるっ!」
主人公「ふう、どうにか癒せたか……。」
メルク「お疲れ様なのですよ、主人公さん!ルチアーノさんも手伝ってくれてありがとうなのです!」 
ルチアーノ「おう!それじゃ、村まで戻るとするか。」
主人公「そうですね。これで村の人たちに頼まれてた森のモンスターはだいたい癒し終えたはずだし。」
メルク「なのですよ!みゅ~、これで今日はゆっくり……、みゅみゅみゅみゅみゅ~♪」
ルチアーノ「そのご機嫌っぷり……、ハッ、そうか!今日は先週に話していた本の解禁日!」
メルク「そうなのですよ!村に戻って続きを読むのが待ちきれないのですよ~!」
主人公「……!……。……。」
(場面転換・紹介所)
主人公「メルクは宿で読書中……。対策を考えるなら今しか……、いや、やっぱ現実的に無理だ……!」
 おっ、おおっ!
 いい感じにできてきたぞ!?
主人公「ん?あの後ろ姿は……、」
 だてにジャントールの料理を眺めてないってことだな!
 よし、ここでこの調味料を入れて……、
 っとぉ!?
 あ、あぶねーっ!こんなとこに塩置いたっけ!?
 とにかく鍋に落とさないように直して……、
 イテッ!何かひじに当たって……、
 ぎゃあああっ!
 小麦粉が大量に鍋の中に!
 ひいい、どろどろになってきた……。
 ど、どうしよう!
 えーっと、こんな時あいつなら……、
 よし、とりあえず水か!
 水を入れて薄めて……、いや、味も薄くなるな!
 たしか、ほかの調味料はここに置いたはず……、
 ん?
 戸棚になにかひっかかってるな?
 ……あっ。
 ぎゃあああっ!
 調理器具を放り込んでたのわすれてた!
 イテッ、イテテテテッ!
主人公「……。」
ルチアーノ「何が……、おきたんだ?」
主人公「それはこっちのセリフですよ!」
ルチアーノ「ほぎゃあっ!主人公!?いつから後ろに!?」
主人公「さっきから……、す、すみません。手際のよすぎるドジっこっぷりに声をかける暇もありませんでした。か、片付けるの手伝いますね!よいしょ!」
ルチアーノ「グスッ、ありがとう……。主人公に飯を作ってやろうと思ったのに、まさかこんなことになるとは……。」
主人公「えっ、俺に?」
ルチアーノ「ほら、この間、死者の国の料理が食べたいっ言ってただろ?この村に郷土料理の店はないしさ。」
主人公「それでわざわざ……、ありがとうございます。」
ルチアーノ「それに最近、様子がおかしかっただろ?だからおいしいご飯で心をほぐしつつ、ルチアーノお兄さんが話を聞いてみようと……、」
主人公「……!」
ルチアーノ「メルクちゃんも心配してたぜ。彼女に言えないなら、俺だって話を聞くからさ。ひとりで抱え込むことはするなよ。」
主人公「メルクが……。……ありがとうございます、ルチアーノさん。その、実は……、実は……っ!」
ルチアーノ「大丈夫だ。落ち着いて、な?」
主人公「は、はい……。あの、その、……、実は、メルクが読んでるシリーズ本の最終巻……、間違えて捨てちゃったんです……!」
ルチアーノ「えっ!?」
主人公「ううっ、ものすごくがっかりするだろうから、そう思うと、今まで言い出せなくて……!買いなおすにもこの村じゃ売ってないし……、」
ルチアーノ「なるほどな……。それで、様子がおかしかったのか。」
主人公「すみません……。すごく心配かけた割には、つまらないことで……。」
ルチアーノ「つまらなくなんかないさ。」
主人公「え?」
ルチアーノ「家族みたいな友達なんだろ?大事にしたい相手のことが、つまらないわけがない。」
主人公「ルチアーノさん……。」
ルチアーノ「メルクだって、お前が悩んでることを、つまらないことだとは思わないはずだろ?」
主人公「……。……そうですね。俺のことで心配かけ続けるのは本末転倒だし……、俺……、謝ってきます!」
ルチアーノ「俺もいくか?」
主人公「いえ、大丈夫です。でも、代わりに……、おすすめの本があったら教えて下さい。村で売ってたら、それをメルクに贈ろうと思います。」
ルチアーノ「お安い御用だ!」
主人公「ありがとうございます。それから……、後で一緒にご飯作りましょう。ふたりでならきっと、うまく作れますよ!」
ルチアーノ「……、おう!」
(場面転換・紹介所(夕方))
ルチアーノ「えーっと、次に入れるのは……、」
主人公「あっ、使ったら元の場所に戻してください。それで肘にぶつけて料理が失敗するんですよ。」
ルチアーノ「そうだったそうだった……!後は、この材料を入れて煮込むだけか。」
主人公「味もよさそうだし、うまくいきそうですね!」
ルチアーノ「ありがとな、主人公!やっぱり俺だって料理の手伝いができるんだってジャントールのやつに証明してやれそうだ!」
主人公「いえ、俺の方こそ……、ありがとうございました。教えてもらった本も、メルクに気にいってもらえたし……、一緒に謝りに来てくれようとしたことも、断ったけど……、すごくうれしかったです。」
ルチアーノ「そうか。ちょっとでも役に立てたならよかったぜ。けど、主人公は勇気あるな!」
主人公「え?」
ルチアーノ「俺の時はついてきてくれって言っちまったからなあ。」
主人公「ルチアーノさんも俺みたいなことが?」
ルチアーノ「ああ、俺とジャントールが同じ神学校に通ってたことは知ってるだろ? その頃にいろいろとドジしちまってな。飾られている像を落として割ったり、掃除中に余計に掃除するところを増やしたり……、いやあ、真面目にやってたんだけどな。」
主人公「そういえば、ジャントールさんの家事の腕が上がったのはルチアーノさんと同じ部屋だったかららしいですね……。」
ルチアーノ「ははは……、懐かしいぜ。あの頃は先生以上にジャントールに怒られてたなあ。でも、俺がドジして先生に怒られるときにはいつも、あいつが一緒に後始末をしてくれて、謝るのについてきてくれたんだ。」
主人公「そうだったんですか……。」
ルチアーノ「よく俺を怒ってた指導の先生は、それはもう厳格で怖い爺さん先生でさ。どんなやんちゃな生徒でも、その先生が視界に入ると、目を付けられないようすぐに姿勢を正すほどだった。」
主人公「そ、そんな怖い先生が……!?……、でも、そんな先生のところに一緒に謝りにいってくれたんですね。」
ルチアーノ「ああ。まあ、先生に怒られる前にさんざんジャントールから怒られるっていうオプションがついてたけど……。……今思い返すと、たぶんああいう先生は俺よりもジャントールのほうが苦手だったんだ。あいつは俺を過ぎた友人だって言うけど、本当は、俺だってあいつに助けられてきた部分はたくさんあるんだぜ。
主人公「……、」
ルチアーノ「あっ、ぐつぐつしてきたぞ!?」
主人公「ぎゃあっ、完成です完成です!焦げる前に火からおろしましょう!」
ルチアーノ「おお!いい匂いだな……、さっそく食べようぜ!」
主人公「そうですね!じゃあ、これによそってください。」
ルチアーノ「任せろ!」
主人公「(初めてのお手伝いにはしゃぐ子供のようだ……。神仕モードの時はもうちょっと穏やかで真面目な雰囲気なんだけどな)……そういえばなんですけど、ルチアーノさんはどうして神仕になったんですか?」
ルチアーノ「ん?そうだなー……、きっかけはこういうのが好きになったからだな。」
主人公「こういうの?」
ルチアーノ「料理をすることとか、掃除をすること、ご飯を食べること。他にもたくさんのことをして、人は毎日暮らしてるだろ?神学校であいつと寮生活してるうちにさ、そういう、毎日のことがいいなって思えたんだ。毎日を積み重ねていく事柄っていうのがさ。だから、誰かの暮らしに俺も少しだけ関わって、誰かの暮らしの手伝いが出来たらいいなって、思ったわけだ。俺たちの国じゃ、神様に祈ることも毎日の暮らしの一部だからさ。まあ、神仕の仕事は思った以上に多かったけどな。」
主人公「誰かの暮らしの手伝い、か……。」
ルチアーノ「今日はお互いにお互いの暮らしを手伝いあったな。   ほら、よそい終わったぞ。」
主人公「……、そうですね。じゃあ、食べましょうか。」
主人公・ルチアーノ「いただきます!」

備考

【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(23)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.102944219 2018/08/20 (月) 11:07 通報
    情報提供ありがとうございます。
    ストーリー反映いたしました。
    名前および文中のユウ(デフォルト名)を主人公へ変更いたしました。ご了承ください。
    2
  • さすらいの癒術師さん No.102934645 2018/08/17 (金) 19:21 通報
    これで死者1のユニット全員の二つ名に「夢」が入るようになって尊い
    12
  • さすらいの癒術師さん No.102934527 2018/08/17 (金) 18:50 通報
    ユニットストーリー書きます。
    返信数 (19)
    1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934547 2018/08/17 (金) 18:56 通報
      メルク「みゅ~、素敵なのですよぉ~!」
      ユウ「……その本、そんなに面白いか?」
      メルク「もちろんなのですよ!
          いっきに最終巻まで読むのがもったいなくて、
          1週間ごとに1冊ずつ読むようにしてるほどなのです。」
      ユウ「そ、そうか、よかったな。」
      メルク「ユウさん、本当にありがとうなのですよ!
          この村ではこのシリーズの本は売ってなかったのです。
          前の町で全巻買ってくれていなければ今頃……、」
      ルチアーノ「おっ、メルクちゃん。
            楽しそうだな、どうしたんだ?」
      メルク「みゅっ、ルチアーノさん!
          実は……、」
      ユウ「……。
         ……。」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934567 2018/08/17 (金) 19:03 通報
      (場面転換・森)
      ゴマリー「きゅるるっ!」
      ユウ「ふう、どうにか癒せたか……。」
      メルク「お疲れ様なのですよ、ユウさん!
          ルチアーノさんも手伝ってくれてありがとうなのです!」 
      ルチアーノ「おう!
            それじゃ、村まで戻るとするか。」
      ユウ「そうですね。
         これで村の人たちに頼まれてた森のモンスターは
         だいたい癒し終えたはずだし。」
      メルク「なのですよ!
          みゅ~、これで今日はゆっくり……、
          みゅみゅみゅみゅみゅ~♪」
      ルチアーノ「そのご機嫌っぷり……、
            ハッ、そうか!
            今日は先週に話していた本の解禁日!」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934614 2018/08/17 (金) 19:13 通報
      メルク「そうなのですよ!
          村に戻って続きを読むのが待ちきれないのですよ~!」
      ユウ「……!
         ……。
         ……。」
      (場面転換・紹介所)
      ユウ「メルクは宿で読書中……。
         対策を考えるなら今しか……、
         いや、やっぱ現実的に無理だ……!」
       おっ、おおっ!
       いい感じにできてきたぞ!?
      ユウ「ん?
         あの後ろ姿は……、」
       だてにジャントールの料理を眺めてないってことだな!
       よし、ここでこの調味料を入れて……、
       
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934636 2018/08/17 (金) 19:18 通報
       っとぉ!?
       あ、あぶねーっ!こんなとこに塩置いたっけ!?
       とにかく鍋に落とさないように直して……、
       イテッ!何かひじに当たって……、
       ぎゃあああっ!
       小麦粉が大量に鍋の中に!
       ひいい、どろどろになってきた……。
       ど、どうしよう!
       えーっと、こんな時あいつなら……、
       よし、とりあえず水か!
       水を入れて薄めて……、いや、味も薄くなるな!
       たしか、ほかの調味料はここに置いたはず……、
       ん?
       戸棚になにかひっかかってるな?
       ……あっ。
       ぎゃあああっ!
       調理器具を放り込んでたのわすれてた!
       イテッ、イテテテテッ!
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934646 2018/08/17 (金) 19:21 通報
      ユウ「……。」
      ルチアーノ「何が……、おきたんだ?」
      ユウ「それはこっちのセリフですよ!」
      ルチアーノ「ほぎゃあっ!
            ユウ!?
            いつから後ろに!?」
      ユウ「さっきから……、す、すみません。
         手際のよすぎるドジっこっぷりに
         声をかける暇もありませんでした。
         か、片付けるの手伝いますね!よいしょ!」
      ルチアーノ「グスッ、ありがとう……。
            ユウに飯を作ってやろうと思ったのに、
            まさかこんなことになるとは……。」
      ユウ「えっ、俺に?」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934762 2018/08/17 (金) 19:51 通報
      ルチアーノ「ほら、この間、
            死者の国の料理が食べたいっ言ってただろ?
            この村に郷土料理の店はないしさ。」
      ユウ「それでわざわざ……、ありがとうございます。」 
      ルチアーノ「それに最近、様子がおかしかっただろ?
            だからおいしいご飯で心をほぐしつつ、
            ルチアーノお兄さんが話を聞いてみようと……、」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934776 2018/08/17 (金) 19:54 通報
      ユウ「……!」
      ルチアーノ「メルクちゃんも心配してたぜ。
            彼女に言えないなら、俺だって話を聞くからさ。
            ひとりで抱え込むことはするなよ。」
      ユウ「メルクが……。  
         ……ありがとうございます、ルチアーノさん。
         その、実は……、
         実は……っ!」
      ルチアーノ「大丈夫だ。
            落ち着いて、な?」
      ユウ「は、はい……。
         あの、その、……、   
         実は、メルクが読んでるシリーズ本の最終巻……、
         間違えて捨てちゃったんです……!」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934789 2018/08/17 (金) 19:57 通報
      ルチアーノ「えっ!?」
      ユウ「ううっ、ものすごくがっかりするだろうから、
         そう思うと、今まで言い出せなくて……!
         買いなおすにもこの村じゃ売ってないし……、」
      ルチアーノ「なるほどな……。 
            それで、様子がおかしかったのか。」
      ユウ「すみません……。
         すごく心配かけた割には、つまらないことで……。」
      ルチアーノ「つまらなくなんかないさ。」
      ユウ「え?」
      ルチアーノ「家族みたいな友達なんだろ?
            大事にしたい相手のことが、つまらないわけがない。」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934833 2018/08/17 (金) 20:05 通報
      ユウ「ルチアーノさん……。」
      ルチアーノ「メルクだって、お前が悩んでることを、
            つまらないことだとは思わないはずだろ?」
      ユウ「……。  
         ……そうですね。
         俺のことで心配かけ続けるのは本末転倒だし……、
         俺……、謝ってきます!」
      ルチアーノ「俺もいくか?」
      ユウ「いえ、大丈夫です。
         でも、代わりに……、おすすめの本があったら教えて下さい。
         村で売ってたら、それをメルクに贈ろうと思います。」
      ルチアーノ「お安い御用だ!」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934916 2018/08/17 (金) 20:24 通報
      ユウ「ありがとうございます。
         それから……、後で一緒にご飯作りましょう。
         ふたりでならきっと、うまく作れますよ!」
      ルチアーノ「……、
            おう!」
      (場面転換・紹介所(夕方))
      ルチアーノ「えーっと、次に入れるのは……、」
      ユウ「あっ、使ったら元の場所に戻してください。
         それで肘にぶつけて料理が失敗するんですよ。」
      ルチアーノ「そうだったそうだった……!
            後は、この材料を入れて煮込むだけか。」
      ユウ「味もよさそうだし、うまくいきそうですね!」
        
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934919 2018/08/17 (金) 20:24 通報
      ルチアーノ「ありがとな、ユウ!
            やっぱり俺だって料理の手伝いができるんだって
            ジャントールのやつに証明してやれそうだ!」
      ユウ「いえ、俺の方こそ……、ありがとうございました。
         教えてもらった本も、メルクに気にいってもらえたし……、
         一緒に謝りに来てくれようとしたことも、
         断ったけど……、すごくうれしかったです。」
      ルチアーノ「そうか。
            ちょっとでも役に立てたならよかったぜ。
            けど、ユウは勇気あるな!」
      ユウ「え?」
      ルチアーノ「俺の時はついてきてくれって言っちまったからなあ。」
      ユウ「ルチアーノさんも俺みたいなことが?」
      2
    • × さすらいの癒術師さん No.102934933 2018/08/17 (金) 20:27 通報
      ルチアーノ「ああ、俺とジャントールが
            同じ神学校に通ってたことは知ってるだろ?
            その頃にいろいろとドジしちまってな。
            飾られている像を落として割ったり、
            掃除中に余計に掃除するところを増やしたり……、
            いやあ、真面目にやってたんだけどな。」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934935 2018/08/17 (金) 20:28 通報
      ユウ「そういえば、ジャントールさんの家事の腕が上がったのは
         ルチアーノさんさんと同じ部屋だったかららしいですね……。」
      ルチアーノ「ははは……、懐かしいぜ。
            あの頃は先生以上にジャントールに怒られてたなあ。
            でも、俺がドジして先生に怒られるときには
            いつも、あいつが一緒に後始末をしてくれて、
            謝るのについてきてくれたんだ。」
      ユウ「そうだったんですか……。」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934957 2018/08/17 (金) 20:34 通報
      ルチアーノ「よく俺を怒ってた指導の先生は、
            それはもう厳格で怖い爺さん先生でさ。
            どんなやんちゃな生徒でも、
            その先生が視界に入ると、
            目を付けられないようすぐに姿勢を正すほどだった。」
      ユウ「そ、そんな怖い先生が……!? 
         ……、でも、そんな先生のところに
         一緒に謝りにいってくれたんですね。」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102934964 2018/08/17 (金) 20:36 通報
      ルチアーノ「ああ。
            まあ、先生に怒られる前にさんざんジャントールから
            怒られるっていうオプションがついてたけど……。
            ……今思い返すと、たぶんああいう先生は
            俺よりもジャントールのほうが苦手だったんだ。
            あいつは俺を過ぎた友人だって言うけど、
            本当は、俺だって
            あいつに助けられてきた部分はたくさんあるんだぜ。
      ユウ「……、」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102935166 2018/08/17 (金) 21:19 通報
      ルチアーノ「あっ、ぐつぐつしてきたぞ!?」
      ユウ「ぎゃあっ、完成です完成です!
         焦げる前に火からおろしましょう!」
      ルチアーノ「おお!
            いい匂いだな……、さっそく食べようぜ!」
      ユウ「そうですね!
         じゃあ、これによそってください。」
      ルチアーノ「任せろ!」
      ユウ「(初めてのお手伝いにはしゃぐ子供のようだ……。
          神仕モードの時は
          もうちょっと穏やかで真面目な雰囲気なんだけどな)
          ……そういえばなんですけど、
          ルチアーノさんはどうして神仕になったんですか?」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102935167 2018/08/17 (金) 21:20 通報
      ルチアーノ「ん?
            そうだなー……、
            きっかけはこういうのが好きになったからだな。」
      ユウ「こういうの?」
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102935170 2018/08/17 (金) 21:20 通報
      ルチアーノ「料理をすることとか、掃除をすること、ご飯を食べること。
            他にもたくさんのことをして、人は毎日暮らしてるだろ?
            神学校であいつと寮生活してるうちにさ、
            そういう、毎日のことがいいなって思えたんだ。
            毎日を積み重ねていく事柄っていうのがさ。
            だから、誰かの暮らしに俺も少しだけ関わって、      誰かの暮らしの手伝いが出来たらいいなって、
            思ったわけだ。
            俺たちの国じゃ、
            神様に祈ることも毎日の暮らしの一部だからさ。
            まあ、神仕の仕事は思った以上に多かったけどな。
      1
    • × さすらいの癒術師さん No.102935173 2018/08/17 (金) 21:21 通報
      ユウ「誰かの暮らしの手伝い、か……。」
      ルチアーノ「今日はお互いにお互いの暮らしを手伝いあったな。   
            ほら、よそい終わったぞ。」
      ユウ「……、
         そうですね。
         じゃあ、食べましょうか。」
      ユウ・ルチアーノ「いただきます!」
      1
  • さすらいの癒術師さん No.102929355 2018/08/16 (木) 08:43 通報
    二つ名はジャントールが夢を語って、それをルチアーノが届けるってことかな。良い関係。
    10

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント 

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

ストーリークエスト 裏ステージ 歴代イベント(小篇) 歴代イベント(3周目) 歴代イベント(2周目) 歴代イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
アニメ

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
シャペルルルの魔法絵本2018.09.19
質問 掲示板
4 シャペルルルの魔法絵本2018.08.22
5 ★5
6 「想慕の青藍槍」ルクア
7 パーティー相談 掲示板
8 ボスモンスター一覧
9 新着ユニット一覧
10 リセマラ相談専用掲示板
goodランキング
個人的に今の四コマ、メルクのゲームヒントに.. 19
4コマは4コマで楽しいけど昔のメルクのゲー.. 13
ゴルドスカウト100連実装はいつになるのかな….. 10
4 めっちゃ強い人の動画や攻略見てると上位ルー.. 7
5 複垢の10連で星5と星4がぼろぼろ出ても本垢で.. 5
もっと見る
最近の更新

24分まえ

25分まえ

27分まえ

39分まえ

50分まえ

53分まえ

56分まえ

1時間まえ

3時間まえ

4時間まえ

5時間まえ

6時間まえ

新規作成

1時間まえ

2018/09/19 (水) 22:11

2018/09/19 (水) 16:20

2018/09/14 (金) 20:24

2018/09/12 (水) 23:40

2018/09/12 (水) 15:25

2018/09/09 (日) 23:45

2018/09/08 (土) 09:54

2018/09/06 (木) 23:39

2018/09/06 (木) 23:37

注目記事
リセマラ当たりランキング ドラガリアロスト攻略Wiki
リセマラ当たりランキング 真・三國無双 斬まとめ攻略wiki
リセマラ当たりランキング ファントムゲート攻略wiki【Phantomgate:The Last Valkyrie】
【ミリメモ】配信日情報まとめ【ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ】 ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ攻略wikiまとめ
配信日やポプテピピックコラボ情報 バクモン攻略wiki
ページ編集 トップへ