「奮闘の巫師」ヤツィ

(18コメント)  
最終更新日時:

「奮闘の巫師」ヤツィ

出身 西部の国

年齢 14歳

性別 女

レアリティ ★3

属性 水

成長タイプ 晩成

武器 ハンマー

武器種別 打撃

同時攻撃数 2体

攻撃段数 2段


初期体力 2,180

最大体力 4,578

覚醒体力 8,178

移動速度 60

リーチ 25

DPS 1,546

覚醒DPS 2,774

初期攻撃力 1,620

最大攻撃力 3,402

覚醒攻撃力 6,102

攻撃間隔 2.2

タフネス 49

総合DPS 3,092

覚醒総合DPS 5,548


進化 進化後ユニット
進化前:「旅する巫師」ヤツィ


追加日 2018.08.15
8月進化解放2018


属性補正
炎属性
  145%
水属性
  100%
風属性
  69%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
主人公「井戸から水が出なくなった?」
紹介所のお姉さん「そうなのよ……。昨日までは普通に使えていたんだけどね?」
紹介所のお姉さん「しかも、うちだけなのよ! 町の共有井戸なんかは普通に使えてるの!」
メルク「みゅ~、それは不思議な現象なのですよ……。」
紹介所のお姉さん「でしょ? だから、普通の方法じゃ解決できないかもって思って……、」
主人公「自然と繋がりが強い、巫師のヤツィに依頼を出したってことですか。」
ヤツィ「巫師のヤツィ……。」
ヤツィ「えへへ、『見習い』が取れただけなのに、なんだか照れちゃいますね~。」
ヤツィ「いや、事実だから受け入れますけど? なんなら、もっとそう呼んでほしいですけどっ!」
紹介所のお姉さん「ふふふ、頼りにしてるわね、巫師のヤツィちゃん!」
ヤツィ「はい、お任せを! 自然に関するトラブルであれば、きっとお役に立てるはずです!」
ヤツィ「し~か~も~! わたしは水での『語り』を得意とする巫師! ふっふーん! まさに適任というヤツですねっ!」
ヤツィ「ふっふっふ、見ていてください? 最早見習いではない、わたしの実力をー!」
ヤツィ「……すぅ。」
主人公「わっ……。」
メルク「急に雰囲気が変わったのです……。」
紹介所のお姉さん「これが、巫師の行う『語り』……。すごいわ。さっきまでのヤツィちゃんとは別人みたい。」
ヤツィ「語ってください、偉大なる自然神(マナ)よ。潤い与えし水源の妨げを、渇き寄越す根源を。数ある流れより、お導きください……。」
ヤツィ「……、聞こえました。」
紹介所のお姉さん「おぉ! 教えてください、巫師様!」
主人公「雰囲気に飲まれて敬語になってる……。」
ヤツィ「では、自然神に代わって言葉を……。自然神はこうおっしゃってます。」
ヤツィ「とりあえず、ぶん殴っておけばいいんじゃない? ……と!」
主人公&メルク&紹介所のお姉さん「「「えぇ……。」」」
ヤツィ「な、なんですか、その疑いに満ちた目は! うーそーじゃーなーいーでーすー! 自然神がそうおっしゃられてるんですぅー!」
主人公「ご、ごめん。ただ、アドバイスがあまりにパワフルで……、」
紹介所のお姉さん「ぶん殴って……。うーん、本当にそれで解決する問題なのかしら?」
ヤツィ「何を言ってるんですか! 巫師の間では、物理で解決なんて常識ですよ?」
紹介所のお姉さん「えっ、そうなの?」
ヤツィ「はい! ニヨル兄様も、あと正式な巫師じゃないけど族長様も、最後はいつもそれに落ち着いていましたから!」
ヤツィ「あっ、ヨルルタ様も言ってましたよ? 『最終的に頼れるのはタックルです』って!」
紹介所のお姉さん「し、知らなかったわ……。巫師って、思ったよりアグレッシブな人たちなのね……。」
主人公「いや、ヤツィの周りにそういう人が多いだけだと思いますよ? 他の巫師の人は、そこまで肉体派じゃなかった……。」
主人公「なかった……?」
主人公「……。」
メルク「黙ってはいけないところなのですよ!?」
ヤツィ「ふふん、納得していただけたようですね。それでは、『語り』に従いまして……、」
主人公「えっ、なんで武器を取り出してるんだ?」
紹介所のお姉さん「ま、まさか……!」
ヤツィ「ちぇりゃあああああ!」
主人公&紹介所のお姉さん「「床を殴ったぁあああ!?」」
メルク「せ、せめて井戸ではないのです!?」
ヤツィ「いやぁ、わたしもそうだと思ったんですけど、自然神的にはここだということだったので。……どうして、ここなんでしょうね?」
メルク「どうしてヤツィさんもちょっと懐疑的なのです!?」
ヤツィ「ま、まぁまぁ、偉大なる自然神の流れをわたしたちが把握しきれるわけもなしっ! きっと何かふかーい意図があるんでしょう! おそらく!」
ヤツィ「お姉さん、ちょっと井戸を見てきてもらえませんか? もしかしたら、すでに何か変化が起こっているかもです。」
紹介所のお姉さん「わ、わかったわ!」(お姉さん井戸へ)
ヤツィ「ダメだったらもう1回殴ってみるので、言ってくださいねー!」
主人公「け、結構ざっくりなんだな……。」
ヤツィ「えへへ……。十中八九、大丈夫だとは思うんですけどね。」
ヤツィ「失敗してたら、別の場所で試してみましょうか。何らかの衝撃を与えれば解決できる……というのは、間違いないと思うので。」
ヤツィ「肝心なのは諦めないことです! ふんすふんす! お姉さんのお悩みは必ずや、解決してみせますともー!」
メルク「……みゅふふ。なんだか、ちょっと安心したのですよ。巫師になっても、ヤツィさんはヤツィさんなのです!」
ヤツィ「はぇ? そりゃあ、わたしはおそらく未来永劫にヤツィだとは思いますけども……?」
メルク「そ、そういう意味ではなくて……。さっき『語り』を行っていた時のヤツィさんは、とっても神秘的な雰囲気だったのですよ。」
メルク「もしかしたら巫師になったことで、何か大きな変化があったのかと思ったのです。」
主人公「でも、今の様子を見る限り、ヤツィは俺たちの知ってるままのヤツィなんだな。俺も、ちょっと安心したよ。」
ヤツィ「え、えへへ、そうですか? まぁ、私も自然秘石(レガリア)を手に入れたら何か変化があるのかなとも思ったんですけど……、」
ヤツィ「考えてみれば自然秘石はただの証。それ1つで、変わろうなんて甘い考えです!」
ヤツィ「自分で考えて、決めて、動きださなきゃ! 時々誰かが背中を押してくれることもあるけれど、最後はやっぱり自分が決断しなきゃですね。」
主人公「……ジャンゴさんみたいだな。」
ヤツィ「えへへ、それは嬉しい褒め言葉ですね! ……でも、わたしはまだまだあの人には届きません。昔と同じぐらい遠くて、大きな背中です。」
ヤツィ「聞いてくださいよ! すごいんですよ! 兄様、普段はアロロアさんと子供みたいな喧嘩をしたり、油断してブリットさんに追い詰められたりしてるのに……、」
ヤツィ「肝心なところでは、バシーっと決めてくれるんです! こう、バシーっと!」
主人公「あぁ、知ってるよ。相変わらず、かっこいい人なんだな。」
メルク「相変わらずと言えば、アロロアさんも、変わっていないようで何よりなのですよ!」
ヤツィ「いやぁ、変わりがなさ過ぎて困りますよ。この前だって滅茶苦茶だったんですからね?」
ヤツィ「あの目立つ姿で堂々と街中を歩くもんですから、大剣を操るものすごく強い賞金首ハンターさんに目をつけられちゃって……、」
主人公「あ、あー……。賞金首のままだったんだな、アロロアさん。それで、結局どうなったんだ?」
ヤツィ「とりあえず、アロロアさんは禿げました。」
主人公「なんで?」
ヤツィ「最終的にはニヨル兄様が、ブリットさんと嘘の夫婦のフリをすることで、事無きを得た……っていう感じです。」
主人公「なんで!?」
メルク「そもそもブリットさんは、どうしてしれっといるのです!?」
ヤツィ「えっ、そりゃあニヨル兄様がいるところに、ブリットさんがいるのは世の摂理と言いますか……。自然神も頷かざるを得ない流れと言いますか……。」
ヤツィ「あっ、でも最終的にはお互いが我慢できなくなって、殴り合いの大喧嘩を始めちゃったからバレたんですけどね。」
主人公「事無きを得られてないぞ!?」
ヤツィ「あれっ!?」
ヤツィ「お、おかしいですね。あの時は確かに大乱闘のドサクサにまぎれてトンズラできたから、万事解決だと思ったんですけど……、」
ヤツィ「思い返すとただの強行突破ですね、これー!?」
主人公「……変わってないって言ったけど、順調にジャンゴさんやアロロアさんの後継としての道を歩みだしてるな。」
メルク「ただ、まぁ……妙に納得感はあるのです。むしろ、なるべくしてなっているような……?」
ヤツィ「な、なんですかー! 好き勝手言ってますけどね、わたしだってちゃんとプラス方向に成長してるんですよ?」
紹介所のお姉さん「ヤ、ヤツィちゃん! 水! 井戸から水が出てきたわ!」
ヤツィ「ふっふーん! ほら、どんなもんですか! 巫師としてのわたしはしっかり成長して……、」
紹介所のお姉さん「だ、だけど、水が止まらないの! もう井戸が溢れそうなんだけどー!」
ヤツィ「どぅぇえええ!?」
ヤツィ「な、なんで!? 待ってください! 今行きます!」
ヤツィ「あれ? あれ? いったいどこで間違えたんですかね!? 力加減も角度も、ミスはなかったはずですが……。」
ヤツィ「えぇい、わからないことを悩んでも時間の無駄です! もう1回ですよ、もう1回! 我らが自然神よ、リベンジマッチです!」
ヤツィ「うぉおおお! 井戸の水がなんぼのもんですかーっ!」(ヤツィ井戸へ)
主人公「あ、あはは……。やっぱり、ヤツィは変わらないな。」
メルク「みゅふふ、なのですよ。肩書が変わっても、実力が上がっても、満足せずに、どこまでも前進あるのみ!」
メルク「ヤツィさんの1番良いところは変わっていないのです!」
ヤツィ「ちぇりゃあああ!」

備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(18)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.102934380 2018/08/17 (金) 18:08 通報
    情報提供ありがとうございます。
    ストーリー反映いたしました。
    1
  • さすらいの癒術師さん No.102933204 2018/08/17 (金) 11:37 通報
    ユニストです。
    返信数 (14)
    1
    • × さすらいの癒術師さん No.102933208 2018/08/17 (金) 11:39 通報
      主人公「井戸から水が出なくなった?」
      紹介所のお姉さん「そうなのよ……。昨日までは普通に使えていたんだけどね?」
      紹介所のお姉さん「しかも、うちだけなのよ! 町の共有井戸なんかは普通に使えてるの!」
      メルク「みゅ~、それは不思議な現象なのですよ……。」
      紹介所のお姉さん「でしょ? だから、普通の方法じゃ解決できないかもって思って……、」
      主人公「自然と繋がりが強い、巫師のヤツィに依頼を出したってことですか。」
      ヤツィ「巫師のヤツィ……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933210 2018/08/17 (金) 11:40 通報
      ヤツィ「えへへ、『見習い』が取れただけなのに、なんだか照れちゃいますね~。」
      ヤツィ「いや、事実だから受け入れますけど? なんなら、もっとそう呼んでほしいですけどっ!」
      紹介所のお姉さん「ふふふ、頼りにしてるわね、巫師のヤツィちゃん!」
      ヤツィ「はい、お任せを! 自然に関するトラブルであれば、きっとお役に立てるはずです!」
      ヤツィ「し~か~も~! わたしは水での『語り』を得意とする巫師! ふっふーん! まさに適任というヤツですねっ!」
      ヤツィ「ふっふっふ、見ていてください? 最早見習いではない、わたしの実力をー!」
      ヤツィ「……すぅ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933212 2018/08/17 (金) 11:40 通報
      主人公「わっ……。」
      メルク「急に雰囲気が変わったのです……。」
      紹介所のお姉さん「これが、巫師の行う『語り』……。すごいわ。さっきまでのヤツィちゃんとは別人みたい。」
      ヤツィ「語ってください、偉大なる自然神(マナ)よ。潤い与えし水源の妨げを、渇き寄越す根源を。数ある流れより、お導きください……。」
      ヤツィ「……、聞こえました。」
      紹介所のお姉さん「おぉ! 教えてください、巫師様!」
      主人公「雰囲気に飲まれて敬語になってる……。」
      ヤツィ「では、自然神に代わって言葉を……。自然神はこうおっしゃってます。」
      ヤツィ「とりあえず、ぶん殴っておけばいいんじゃない? ……と!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933214 2018/08/17 (金) 11:41 通報
      主人公&メルク&紹介所のお姉さん「「「えぇ……。」」」
      ヤツィ「な、なんですか、その疑いに満ちた目は! うーそーじゃーなーいーでーすー! 自然神がそうおっしゃられてるんですぅー!」
      主人公「ご、ごめん。ただ、アドバイスがあまりにパワフルで……、」
      紹介所のお姉さん「ぶん殴って……。うーん、本当にそれで解決する問題なのかしら?」
      ヤツィ「何を言ってるんですか! 巫師の間では、物理で解決なんて常識ですよ?」
      紹介所のお姉さん「えっ、そうなの?」
      ヤツィ「はい! ニヨル兄様も、あと正式な巫師じゃないけど族長様も、最後はいつもそれに落ち着いていましたから!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933215 2018/08/17 (金) 11:42 通報
      ヤツィ「あっ、ヨルルタ様も言ってましたよ? 『最終的に頼れるのはタックルです』って!」
      紹介所のお姉さん「し、知らなかったわ……。巫師って、思ったよりアグレッシブな人たちなのね……。」
      主人公「いや、ヤツィの周りにそういう人が多いだけだと思いますよ? 他の巫師の人は、そこまで肉体派じゃなかった……。」
      主人公「なかった……?」
      主人公「……。」
      メルク「黙ってはいけないところなのですよ!?」
      ヤツィ「ふふん、納得していただけたようですね。それでは、『語り』に従いまして……、」
      主人公「えっ、なんで武器を取り出してるんだ?」
      紹介所のお姉さん「ま、まさか……!」
      ヤツィ「ちぇりゃあああああ!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933217 2018/08/17 (金) 11:42 通報
      主人公&紹介所のお姉さん「「床を殴ったぁあああ!?」」
      メルク「せ、せめて井戸ではないのです!?」
      ヤツィ「いやぁ、わたしもそうだと思ったんですけど、自然神的にはここだということだったので。……どうして、ここなんでしょうね?」
      メルク「どうしてヤツィさんもちょっと懐疑的なのです!?」
      ヤツィ「ま、まぁまぁ、偉大なる自然神の流れをわたしたちが把握しきれるわけもなしっ! きっと何かふかーい意図があるんでしょう! おそらく!」
      ヤツィ「お姉さん、ちょっと井戸を見てきてもらえませんか? もしかしたら、すでに何か変化が起こっているかもです。」
      紹介所のお姉さん「わ、わかったわ!」(お姉さん井戸へ)
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933219 2018/08/17 (金) 11:44 通報
      ヤツィ「ダメだったらもう1回殴ってみるので、言ってくださいねー!」
      主人公「け、結構ざっくりなんだな……。」
      ヤツィ「えへへ……。十中八九、大丈夫だとは思うんですけどね。」
      ヤツィ「失敗してたら、別の場所で試してみましょうか。何らかの衝撃を与えれば解決できる……というのは、間違いないと思うので。」
      ヤツィ「肝心なのは諦めないことです! ふんすふんす! お姉さんのお悩みは必ずや、解決してみせますともー!」
      メルク「……みゅふふ。なんだか、ちょっと安心したのですよ。巫師になっても、ヤツィさんはヤツィさんなのです!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933222 2018/08/17 (金) 11:44 通報
      ヤツィ「はぇ? そりゃあ、わたしはおそらく未来永劫にヤツィだとは思いますけども……?」
      メルク「そ、そういう意味ではなくて……。さっき『語り』を行っていた時のヤツィさんは、とっても神秘的な雰囲気だったのですよ。」
      メルク「もしかしたら巫師になったことで、何か大きな変化があったのかと思ったのです。」
      主人公「でも、今の様子を見る限り、ヤツィは俺たちの知ってるままのヤツィなんだな。俺も、ちょっと安心したよ。」
      ヤツィ「え、えへへ、そうですか? まぁ、私も自然秘石(レガリア)を手に入れたら何か変化があるのかなとも思ったんですけど……、」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933224 2018/08/17 (金) 11:45 通報
      ヤツィ「考えてみれば自然秘石はただの証。それ1つで、変わろうなんて甘い考えです!」
      ヤツィ「自分で考えて、決めて、動きださなきゃ! 時々誰かが背中を押してくれることもあるけれど、最後はやっぱり自分が決断しなきゃですね。」
      主人公「……ジャンゴさんみたいだな。」
      ヤツィ「えへへ、それは嬉しい褒め言葉ですね! ……でも、わたしはまだまだあの人には届きません。昔と同じぐらい遠くて、大きな背中です。」
      ヤツィ「聞いてくださいよ! すごいんですよ! 兄様、普段はアロロアさんと子供みたいな喧嘩をしたり、油断してブリットさんに追い詰められたりしてるのに……、」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933227 2018/08/17 (金) 11:46 通報
      ヤツィ「肝心なところでは、バシーっと決めてくれるんです! こう、バシーっと!」
      主人公「あぁ、知ってるよ。相変わらず、かっこいい人なんだな。」
      メルク「相変わらずと言えば、アロロアさんも、変わっていないようで何よりなのですよ!」
      ヤツィ「いやぁ、変わりがなさ過ぎて困りますよ。この前だって滅茶苦茶だったんですからね?」
      ヤツィ「あの目立つ姿で堂々と街中を歩くもんですから、大剣を操るものすごく強い賞金首ハンターさんに目をつけられちゃって……、」
      主人公「あ、あー……。賞金首のままだったんだな、アロロアさん。それで、結局どうなったんだ?」
      ヤツィ「とりあえず、アロロアさんは禿げました。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933228 2018/08/17 (金) 11:47 通報
      主人公「なんで?」
      ヤツィ「最終的にはニヨル兄様が、ブリットさんと嘘の夫婦のフリをすることで、事無きを得た……っていう感じです。」
      主人公「なんで!?」
      メルク「そもそもブリットさんは、どうしてしれっといるのです!?」
      ヤツィ「えっ、そりゃあニヨル兄様がいるところに、ブリットさんがいるのは世の摂理と言いますか……。自然神も頷かざるを得ない流れと言いますか……。」
      ヤツィ「あっ、でも最終的にはお互いが我慢できなくなって、殴り合いの大喧嘩を始めちゃったからバレたんですけどね。」
      主人公「事無きを得られてないぞ!?」
      ヤツィ「あれっ!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933229 2018/08/17 (金) 11:47 通報
      ヤツィ「お、おかしいですね。あの時は確かに大乱闘のドサクサにまぎれてトンズラできたから、万事解決だと思ったんですけど……、」
      ヤツィ「思い返すとただの強行突破ですね、これー!?」
      主人公「……変わってないって言ったけど、順調にジャンゴさんやアロロアさんの後継としての道を歩みだしてるな。」
      メルク「ただ、まぁ……妙に納得感はあるのです。むしろ、なるべくしてなっているような……?」
      ヤツィ「な、なんですかー! 好き勝手言ってますけどね、わたしだってちゃんとプラス方向に成長してるんですよ?」
      紹介所のお姉さん「ヤ、ヤツィちゃん! 水! 井戸から水が出てきたわ!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933231 2018/08/17 (金) 11:47 通報
      ヤツィ「ふっふーん! ほら、どんなもんですか! 巫師としてのわたしはしっかり成長して……、」
      紹介所のお姉さん「だ、だけど、水が止まらないの! もう井戸が溢れそうなんだけどー!」
      ヤツィ「どぅぇえええ!?」
      ヤツィ「な、なんで!? 待ってください! 今行きます!」
      ヤツィ「あれ? あれ? いったいどこで間違えたんですかね!? 力加減も角度も、ミスはなかったはずですが……。」
      ヤツィ「えぇい、わからないことを悩んでも時間の無駄です! もう1回ですよ、もう1回! 我らが自然神よ、リベンジマッチです!」
      ヤツィ「うぉおおお! 井戸の水がなんぼのもんですかーっ!」(ヤツィ井戸へ)
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102933232 2018/08/17 (金) 11:48 通報
      主人公「あ、あはは……。やっぱり、ヤツィは変わらないな。」
      メルク「みゅふふ、なのですよ。肩書が変わっても、実力が上がっても、満足せずに、どこまでも前進あるのみ!」
      メルク「ヤツィさんの1番良いところは変わっていないのです!」
      ヤツィ「ちぇりゃあああ!」
      0
  • さすらいの癒術師さん No.102929383 2018/08/16 (木) 09:02 通報
    2体2段だからブレイカールーンとそこそこ相性よくなってよしよし
    0
  • さすらいの癒術師さん No.102928660 2018/08/16 (木) 00:27 通報
    説明文のチーズハンバーグのくだりがちょ〜かわいい〜!(ラハティア)
    2

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第一部 メインクエスト第二部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
質問 掲示板
雑談 掲示板
★5
4 エンシェント★5セレクトフェス
5 おすすめリセマラランキング
6 パーティー相談 掲示板
7 おすすめシード
8 メルスト リセマラ手順とおすすめユニット
9 「卵殻に眠る骨」レテネーブル
10 ボスモンスター一覧
goodランキング
その投資がメルストを生かす私はあなたに「あ.. 23
レテネーブルさん来た……ありがとうエンシェン.. 19
やっぱり死者1は神だった(確信)、前半でこ.. 15
4 後編が放送されるのはいい夫婦の日(11/22)ま.. 11
5 アニメの影響で数年ぶりくらいに復帰したけど.. 9
6 もし使い道が実装されたら即検証できるポテン.. 7
7 2話構成だからか前回の少佐民族1stと比べると.. 7
8 メルストのガチャ部分は本当に厳しい… 5
9 アニメで超!優秀!な姿が見れて嬉しかった 5
もっと見る
最近の更新

7時間まえ

11時間まえ

12時間まえ

13時間まえ

14時間まえ

19時間まえ

22時間まえ

2018/11/20 (火) 04:58

2018/11/20 (火) 02:17

2018/11/19 (月) 21:55

2018/11/19 (月) 21:41

2018/11/19 (月) 19:09

2018/11/19 (月) 17:45

2018/11/19 (月) 15:59

2018/11/19 (月) 13:58

2018/11/19 (月) 12:53

2018/11/19 (月) 12:19

2018/11/19 (月) 12:18

2018/11/19 (月) 01:35

新規作成

2018/11/18 (日) 17:05

2018/11/18 (日) 16:50

2018/11/14 (水) 16:19

2018/11/14 (水) 16:15

2018/11/14 (水) 16:11

2018/11/09 (金) 15:14

2018/11/09 (金) 15:13

2018/11/07 (水) 21:55

2018/11/01 (木) 14:53

2018/11/01 (木) 13:42

注目記事
リセマラ当たりランキング ブラッククローバー夢幻の騎士団攻略wiki
リセマラ当たりランキング 龍が如くオンライン(龍オン)攻略Wiki
リセマラ当たりランキング アサシンクリード リベリオン攻略wiki
最新おすすめデッキレシピ アルテイルNEO攻略wiki
モンストコラボの最新情報 白猫プロジェクト攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 18