「妖毒の穿弩砲」ヴァイゼル

(22)  
最終更新日時:

「妖毒の穿弩砲」ヴァイゼル

出身 機械の国

年齢 30歳

性別 女

レアリティ ★4

属性 闇

成長タイプ 平均

武器 バリスタ

武器種別 弓矢

同時攻撃数 2体

攻撃段数 


初期体力 1,690

最大体力 3,380

覚醒体力 5,480

移動速度 46

リーチ 170

DPS 2,641

覚醒DPS 4,292

初期攻撃力 3,420

最大攻撃力 6,840

覚醒攻撃力 11,115

攻撃間隔 2.59

タフネス 36

総合DPS 5,282

覚醒総合DPS 8,583


追加日 2017.03.31
4月新ユニット追加フェス2017


属性補正
炎属性
  90%
水属性
  90%
風属性
  90%
光属性
  140%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
ヴァイゼル「はじめまして、諸君。
      廃棄場の地下工廠(こうしょう)にて武器開発をしている。
      結社総帥のヴァイゼルだ、以後よろしくたのむ。」
  主人公「け、結社総帥……!?
      パティシエのおねえさんときいてたんですけど。
      あの、事前情報とぜんぜんちがいますよねっ!?」
ヴァイゼル「詐称に決まっているだろう。
      登録書類など、いちいちあてにするな。
      あんなものはただの紙切れにすぎない。」
  主人公「えっ!?
      いや、当然のようにいわれましても!」
ヴァイゼル「だましとおすつもりはなかった。
      だからいま、こうして事実をはなしている。
      私なりに、誠意はみせているのだが……、」
     「ああ、失礼。
      そういえば、もうひとつあったな。」
     「人体構造学を専攻していた、だったか。
      なかでもとりわけて、筋肉のしくみにくわしいと。
      たしかにそのような経歴を書いていたはずだが。」
  主人公「は、はい……っ。」
ヴァイゼル「あれもウソだ。」
  主人公「ひどすぎる!
      ヴァイゼルさんに会える日を
      指折り数えながら待っていたのにっ!」
ヴァイゼル「そこまで動揺することもないだろう。
      まあオトナの言葉をたやすく信じるなよ、少年。
      もうすこしヒトをうたがうことをおぼえるべきだな。」
  メルク「でも、ヴァイゼルさん。
      経歴をいつわる必要はあったのですよ?」
ヴァイゼル「ん?」
  メルク「私たちにすべてはなしてしまうのなら、
      あまり意味のない行為だと思うのですが。」
ヴァイゼル「とっかかりさえつくってしまえば、
      あとはどうにでもできる自信があったのさ。」
     「やはり、はじめの印象はたいせつだろう。
      仕事柄、とっつきづらい人間だと判断されがちだ。」
     「私も女だからな。
      機械ならば傷ついても修復はきくが、
      このいたいけな心はそうもいかない。」
  メルク「い、いたいけ……?」
ヴァイゼル「なにか?」
  メルク「みゅふふっ、なんでもないのですよー。
      ヴァイゼルさん、デリケートなところもあるのですね。」
ヴァイゼル「ほうっておけ。
      まだ我が結社はいちおう外部の人間に秘匿している。
      諸君をあざむいたのも、もとはといえばそのためだ。」
  メルク「さきほどから気になっていたのですが、
      結社とはいったいなんなのですよ?」
ヴァイゼル「とくに意味はない。
      なんとなくいかしてるだろう。」
  メルク「いかして?
      なにか目的のある団体とか、
      そういったものではないのですね。」
ヴァイゼル「ままごとのようなものだ。
      構成員だって、いるのはただひとりだけ。」
     「まあ実態はともかくとして、
      私がそう自負しているかぎりは、
      結社の総帥であることにかわりはないだろう。」
  メルク「なるほど。
      でも、ひとりしかいないのですよ?」
ヴァイゼル「ああ、私のかわいい助手だ。
      とにかく、ごっこ遊びのすきなヤツでな。」
     「いつもやたらおかしなポーズをとっている。
      たまに私もつきあってやるようにしているんだ。
      そうするといっそう仕事に励んでくれるからな。」
  主人公「……。」
ヴァイゼル「どうした少年。
      まさに顔面蒼白といった様子だな。
      私のつくる菓子をよほど期待していたとみえる。」
  メルク「主人公さんが意気消沈しているのは、
      お菓子をたのしみにしていたからではないのですが……、」
ヴァイゼル「フフッ、少年にはわるいことをした。
      だが、あながちまちがいではないんだ。
      私はとても、あまいものをつくるからな。」
     「どうだ。
      こいつをすこし舐めてみるか。」
  メルク「あ、はい。
      飲みものでしょうか?」
ヴァイゼル「ああ、それなりに刺激はあるがな。
      きっと少年も気にいってくれるだろう。」
  主人公「へえ、なんだか派手な色をしていますね。
      容器からして、薬品のようにもみえますけど。」
ヴァイゼル「いい勘をしている。
      あまいぞ。私はにがいものがきらいだからな。
      適量であれば人体に害はなく、疲労回復作用がある。」
  主人公「なるほど、ありがとうございます。
      でもヴァイゼルさんって、薬もつくるんですね。」
ヴァイゼル「まあな。
      こうみえて薬剤学の心得がある。」
     「ちなみに疲労回復だけではない。
      滋養強壮、血行促進、ホルモンバランス調整、筋力増強。
      いずれも効果的であると、私が身をもって証明している。」
  主人公「ヴァイゼルさん……!
      あなたのようなひとをずっと待ち望んでおりました!」
ヴァイゼル「いきなり生気をとりもどしたな。
      とはいえむろん、適切な食事と運動は欠かせない。
      根気よく努力しなければ、実感はできないだろう。」
  メルク「う、うらやましいのです。
      私もヴァイゼルさんみたいに、
      豊満なボディを手にいれたいのですよっ。」
ヴァイゼル「ちなみに小娘はやめておいたほうがいい。
      おそらくその液体があざやかな紫に染まるだけだ。」
  メルク「みゅうううっ!?
      口惜しいのですよ~!」
ヴァイゼル「ちなみにこの得物。
      据え置きの大型弩砲を改良したものでな。
      みてのとおり重量があり、携行性はすこぶるわるい。」
     「女性にかつげるようなシロモノではないが、
      磨きあげた私の肉体ならばたやすいものだ。」
     「しいてなやみをあげるならば、
      胸元のあたりがすこし窮屈になったくらいか。」
  メルク「わ、私もっ!
      『この瓶では胸元のあたりがきゅうきゅうなのですね』
      なんて、いちどでもいいからいってみたいのですよー!」
ヴァイゼル「フフッ、そうか。
      ならば、ほかの手段を模索するといい。
      ああそれとひとつ、いいわすれていたが……、」
     「この調合薬はわずかに毒性をふくんでいる。
      耐性がなければ、少量におさえておいたほうがいい。」
     「まあ、いかなるものであろうと、
      過剰な摂取は人体に害をもたらすがな。」
  主人公「……。」
ヴァイゼル「どうした。
      さきほどからおとなしいな、少年。」
  主人公「……。」
  メルク「みゅっ?
      主人公さん、まさかっ!?」
  主人公「……。」
  メルク「みゅわわわっ!?
      やっぱり飲みすぎたのですねっ!?
      おねがいなのです、目をさましてほしいのですよ~!」


備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧 / ユニット表情まとめ
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(22)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.100002368 2017/04/03 (月) 00:39 通報
    ストーリーですー。
    返信数 (14)
    5
    • × さすらいの癒術師さん No.100002371 2017/04/03 (月) 00:40 通報
      ヴァイゼル「はじめまして、諸君。
            廃棄場の地下工廠(こうしょう)にて武器開発をしている。
            結社総帥のヴァイゼルだ、以後よろしくたのむ。」
        主人公「け、結社総帥……!?
            パティシエのおねえさんときいてたんですけど。
            あの、事前情報とぜんぜんちがいますよねっ!?」
      ヴァイゼル「詐称に決まっているだろう。
            登録書類など、いちいちあてにするな。
            あんなものはただの紙切れにすぎない。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002374 2017/04/03 (月) 00:40 通報
        主人公「えっ!?
            いや、当然のようにいわれましても!」
      ヴァイゼル「だましとおすつもりはなかった。
            だからいま、こうして事実をはなしている。
            私なりに、誠意はみせているのだが……、」
           「ああ、失礼。
            そういえば、もうひとつあったな。」
           「人体構造学を専攻していた、だったか。
            なかでもとりわけて、筋肉のしくみにくわしいと。
            たしかにそのような経歴を書いていたはずだが。」
        主人公「は、はい……っ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002378 2017/04/03 (月) 00:41 通報
      ヴァイゼル「あれもウソだ。」
        主人公「ひどすぎる!
            ヴァイゼルさんに会える日を
            指折り数えながら待っていたのにっ!」
      ヴァイゼル「そこまで動揺することもないだろう。
            まあオトナの言葉をたやすく信じるなよ、少年。
            もうすこしヒトをうたがうことをおぼえるべきだな。」
        メルク「でも、ヴァイゼルさん。
            経歴をいつわる必要はあったのですよ?」
      ヴァイゼル「ん?」
        メルク「私たちにすべてはなしてしまうのなら、
            あまり意味のない行為だと思うのですが。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002387 2017/04/03 (月) 00:41 通報
      ヴァイゼル「とっかかりさえつくってしまえば、
            あとはどうにでもできる自信があったのさ。」
           「やはり、はじめの印象はたいせつだろう。
            仕事柄、とっつきづらい人間だと判断されがちだ。」
           「私も女だからな。
            機械ならば傷ついても修復はきくが、
            このいたいけな心はそうもいかない。」
        メルク「い、いたいけ……?」
      ヴァイゼル「なにか?」
        メルク「みゅふふっ、なんでもないのですよー。
            ヴァイゼルさん、デリケートなところもあるのですね。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002392 2017/04/03 (月) 00:42 通報
      ヴァイゼル「ほうっておけ。
            まだ我が結社はいちおう外部の人間に秘匿している。
            諸君をあざむいたのも、もとはといえばそのためだ。」
        メルク「さきほどから気になっていたのですが、
            結社とはいったいなんなのですよ?」
      ヴァイゼル「とくに意味はない。
            なんとなくいかしてるだろう。」
        メルク「いかして?
            なにか目的のある団体とか、
            そういったものではないのですね。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002395 2017/04/03 (月) 00:42 通報
      ヴァイゼル「ままごとのようなものだ。
            構成員だって、いるのはただひとりだけ。」
           「まあ実態はともかくとして、
            私がそう自負しているかぎりは、
            結社の総帥であることにかわりはないだろう。」
        メルク「なるほど。
            でも、ひとりしかいないのですよ?」
      ヴァイゼル「ああ、私のかわいい助手だ。
            とにかく、ごっこ遊びのすきなヤツでな。」
           「いつもやたらおかしなポーズをとっている。
            たまに私もつきあってやるようにしているんだ。
            そうするといっそう仕事に励んでくれるからな。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002397 2017/04/03 (月) 00:43 通報
        主人公「……。」
      ヴァイゼル「どうした少年。
            まさに顔面蒼白といった様子だな。
            私のつくる菓子をよほど期待していたとみえる。」
        メルク「主人公さんが意気消沈しているのは、
            お菓子をたのしみにしていたからではないのですが……、」
      ヴァイゼル「フフッ、少年にはわるいことをした。
            だが、あながちまちがいではないんだ。
            私はとても、あまいものをつくるからな。」
           「どうだ。
            こいつをすこし舐めてみるか。」
        メルク「あ、はい。
            飲みものでしょうか?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002399 2017/04/03 (月) 00:43 通報
      ヴァイゼル「ああ、それなりに刺激はあるがな。
            きっと少年も気にいってくれるだろう。」
        主人公「へえ、なんだか派手な色をしていますね。
            容器からして、薬品のようにもみえますけど。」
      ヴァイゼル「いい勘をしている。
            あまいぞ。私はにがいものがきらいだからな。
            適量であれば人体に害はなく、疲労回復作用がある。」
        主人公「なるほど、ありがとうございます。
            でもヴァイゼルさんって、薬もつくるんですね。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002407 2017/04/03 (月) 00:45 通報
      ヴァイゼル「まあな。
            こうみえて薬剤学の心得がある。」
           「ちなみに疲労回復だけではない。
            滋養強壮、血行促進、ホルモンバランス調整、筋力増強。
            いずれも効果的であると、私が身をもって証明している。」
        主人公「ヴァイゼルさん……!
            あなたのようなひとをずっと待ち望んでおりました!」
      ヴァイゼル「いきなり生気をとりもどしたな。
            とはいえむろん、適切な食事と運動は欠かせない。
            根気よく努力しなければ、実感はできないだろう。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002411 2017/04/03 (月) 00:45 通報
        メルク「う、うらやましいのです。
            私もヴァイゼルさんみたいに、
            豊満なボディを手にいれたいのですよっ。」
      ヴァイゼル「ちなみに小娘はやめておいたほうがいい。
            おそらくその液体があざやかな紫に染まるだけだ。」
        メルク「みゅうううっ!?
            口惜しいのですよ~!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002417 2017/04/03 (月) 00:46 通報
      ヴァイゼル「ちなみにこの得物。
            据え置きの大型弩砲を改良したものでな。
            みてのとおり重量があり、携行性はすこぶるわるい。」
           「女性にかつげるようなシロモノではないが、
            磨きあげた私の肉体ならばたやすいものだ。」
           「しいてなやみをあげるならば、
            胸元のあたりがすこし窮屈になったくらいか。」
        メルク「わ、私もっ!
            『この瓶では胸元のあたりがきゅうきゅうなのですね』
            なんて、いちどでもいいからいってみたいのですよー!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002432 2017/04/03 (月) 00:47 通報
      ヴァイゼル「フフッ、そうか。
            ならば、ほかの手段を模索するといい。
            ああそれとひとつ、いいわすれていたが……、」
           「この調合薬はわずかに毒性をふくんでいる。
            耐性がなければ、少量におさえておいたほうがいい。」
           「まあ、いかなるものであろうと、
            過剰な摂取は人体に害をもたらすがな。」
        主人公「……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002436 2017/04/03 (月) 00:47 通報
      ヴァイゼル「どうした。
            さきほどからおとなしいな、少年。」
        主人公「……。」
        メルク「みゅっ?
            主人公さん、まさかっ!?」
        主人公「……。」
        メルク「みゅわわわっ!?
            やっぱり飲みすぎたのですねっ!?
            おねがいなのです、目をさましてほしいのですよ~!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100002460 2017/04/03 (月) 00:51 通報
      以上です、お願いしますー。
      あと文中に出てくる助手ってのは多分カルフィさんの事ですね。
      機械の国ユニットがどんどん出てくるので今後のストーリーが楽しみです。
      1
  • さすらいの癒術師さん No.100001646 2017/04/02 (日) 23:08 通報
    誘ってやがる
    0
  • さすらいの癒術師さん No.99989359 2017/04/01 (土) 14:49 通報
    フロリリアの闇版って感じかな?
    光レイドの時なら雑魚処理用として連れて行っても良いかもしれないね
    3
  • さすらいの癒術師さん No.99988280 2017/04/01 (土) 12:10 通報
    ゆ、ゆれ…!
    5
  • さすらいの癒術師さん No.99985667 2017/04/01 (土) 01:32 通報
    何も見れません!
    1
  • さすらいの癒術師 No.99983852 2017/03/31 (金) 22:45 通報
    初投稿です!
    添付の仕方あってますか?( ´˙꒳˙ )
    返信数 (2)
    3
    • × さすらいの癒術師さん No.99983861 2017/03/31 (金) 22:45 通報
      その2
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.99983870 2017/03/31 (金) 22:46 通報
        その3
        0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

新しい記事

最新情報


▶過去のイベント 
▶10月~11月イベントスケジュール一覧 (0)

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ランキング

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別 ※相関図はこちら (9)
出身一覧

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6)

クエスト攻略

ストーリークエスト 裏ステージ 歴代イベント(2周目) 歴代イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他一覧

その他TIPS

要望・連絡

編集者向け

ページ編集講座 編集テンプレート

外部リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
パーティー相談 掲示板
4 ドラゴンポーカーコラボ
5 おすすめリセマラランキング
6 新着ユニット一覧
7 メルスト リセマラ手順とおすすめユニット
8 「久遠希む原種」フィト
9 ★5
10 「禁秘なる胸臆」シャハーユ
goodランキング
大好きなチックが進化してさらに可愛くなって.. 31
いつも思ってるけど、本当にマスターって責任.. 17
リュナリュナ様は高級な石鹸の匂いジェラルド.. 11
4 メルストは男の子も石鹸みたいないいにおいし.. 11
5 ありがとうございます、過去イベにまとめられ.. 7
6 まあ今月は各種イベント重なりまくりでちょっ.. 6
7 グラニアゼウス… 6
8 次のエンシェントフェスにマーガレットちゃん.. 6
9 メルストは男の子のアソコが石鹸みたいないい.. 6
10 なのでメフテルハーネ最速はワザマエまつかぜ.. 5
もっと見る
最近の更新

49分まえ

50分まえ

1時間まえ

2時間まえ

3時間まえ

4時間まえ

新規作成

4時間まえ

2017/11/19 (日) 15:13

2017/11/19 (日) 14:35

2017/11/17 (金) 13:57

2017/11/16 (木) 00:37

2017/11/15 (水) 16:09

2017/11/15 (水) 16:08

2017/11/15 (水) 16:05

Wikiランキング
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
4 消滅都市2 攻略まとめWiki
5 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
6 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
9 乖離性ミリオンアーサー攻略Wikiまとめ
10 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
注目記事
ポケ森 住民キャラ一覧 どうぶつの森 ポケットキャンプ
ウルトラサンムーン 新ポケモン一覧 ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 オーバードライブ紅蓮2 白猫プロジェクト
忍ボル リセマラランキング NARUTO X BORUTO 忍者ボルテージ
アズールレーン 明石のお願い 暗号の場所 アズールレーン
デレステ イベント Trinity Field アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
ミラクルニキ 風の谷の伝説 コーデ ミラクルニキ
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ