「孤光に裁く秤」テミシエル

(19コメント)  
最終更新日時:

「孤光に裁く秤」テミシエル

出身 空の国

年齢 23歳

性別 女

レアリティ ★4

属性 光

成長タイプ 平均

武器 律戒鎖

武器種別 突撃

同時攻撃数 3体

攻撃段数 3段


初期体力 2,080

最大体力 4,160

覚醒体力 6,785

移動速度 61

リーチ 95

DPS 2,034

覚醒DPS 3,326

初期攻撃力 2,420

最大攻撃力 4,840

覚醒攻撃力 7,915

攻撃間隔 2.38

タフネス 37

総合DPS 6,102

覚醒総合DPS 9,978


追加日 2019.05.31
6月新ユニット追加フェス2019


属性補正
炎属性
  90%
水属性
  90%
風属性
  90%
光属性
  100%
闇属性
  145%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
主人公「テミシエルさん、護衛を引き受けてくれてありがとうございます。これからよろしくお願いしますね。」
テミシエル「こちらこそ。でも、まさか護衛として仲間になってほしいなんて言われるとは思わなかった。」
主人公「『多少の旅の経験があって、全ての国を回っても大丈夫で、各地の滞在期間もこちらにすべて合わせられる相手』でしたっけ?」
メルク「確かに、改めて聞くと、この条件で護衛をお願いするような人はあまりいなさそうなのですよ。」
主人公「まあ、俺たちの旅は明確な目的地とかもないし、何の問題もないわけだけどな。」
主人公「むしろ、代わりに護衛をしてもらっていいんですか? 確か、空の国から視察で来てるんですよね?」
テミシエル「構わないわ。護衛が必要になるような時は、仕事のしようもなくて手持無沙汰でしょうから。」
メルク「テミシエルさんのお仕事というのは、一体何なのですよ?」
テミシエル「裁判官よ。」
テミシエル「近頃、空の国の各都市を訪れる外国人は増加傾向にある。それに伴って、トラブルも増えているの。」
テミシエル「原因が文化の違いであることも多いから、裁判で正しい判断を下すために、外国を知る必要がある。これはそのための視察。」
テミシエル「私の出身である第三都・シンケルスは、空の国の司法制度の中枢なの。私の一族は、最も権威ある裁判所で代々裁判官を務めているわ。」
主人公「裁判官って、具体的にはどういう仕事なんですか? 罪を犯したことを裁く、とか?」
テミシエル「違うわ。裁判官は、対象に罪があるかどうかから判断するの。罪があると判断すれば、裁きを下す役目もある。」
主人公「そうなんですね。すみません。よく知らなくて……。」
テミシエル「気にしないで。空の国ではそういうものだけれど、王国や他の国ではどうなのかは、視察対象の一つで、私もまだ知らないことだから。」
メルク「なるほどなのです。それにしても、自分の判断で罪が決まるというのはすごい責任の重さな気がするのですよ。」
テミシエル「そうね。裁判官の判断、特にシンケルスの裁判所の判断ともなれば、社会的にも大きな意味を持つ。」
テミシエル「だから、裁判官に間違いは許されない。感情に流されず、常に冷静、公正に見極めて、判決を下さなければならないわ。」
主人公「本当に責任重大なんですね……。」
テミシエル「ええ、その通りよ。」
テミシエル「だからこそ、裁判官は常に自分を律しなければならない。自分が判決を下すかもしれない相手との馴れ合いは当然許されないし、裁判官同士だってそう。」
テミシエル「仕事上の連携はあっても、それ以上の交流は判断を鈍らせることにつながりかねない余計なこと。」
テミシエル「裁判を受ける対象者の人生を背負うくらいの覚悟がなければ、人を裁くことはできないんだから。」
メルク「みゅわ~! かっこいいのですよ~!」
主人公「俺、テミシエルさんから受けた判決なら、どんな結果でも受け入れられそうな気がしてきた……!」
テミシエル「……できればそれ以前に、裁判沙汰に巻き込まれないようにしてほしいのだけど。」
主人公「はっ! そ、そうですよね! すみません、テミシエルさんの想いを聞いたら、そんな風に思えてきて……、」
テミシエル「……そんなに、大したことではないわ。ただ、同じ人間でありながら、人を裁く以上は、相応の振る舞いが必要というだけのことよ。」
メルク「みゅわ~……。」
主人公「やっぱりかっこいい~……!」
テミシエル「……、」
テミシエル「出発は、明日だったわね。」
主人公「あっ、はい。そうです。」
テミシエル「それじゃあ、挨拶は済ませたから、私はこれで失礼するわ。」
メルク「みゅみゅ?」
テミシエル「言ったでしょう。他人とは馴れ合うつもりはない。あなた達に対しても、それは変わらないわ。」
テミシエル「視察への同行には感謝するけれど、必要以上の接触をするつもりはないから、そのつもりでいて。」
テミシエル「それじゃあ、明日からよろしくお願いするわ。」
メルク「みゅう、行ってしまったのです。せっかくなので、色々お話ししたかったのですよ……。」
主人公「まあまあ。テミシエルさんの考えも大切にしないとな。それに、長い旅になるんだし、話せる機会もきっとあるって。」

(場面転換)

テミシエル「……、」
テミシエル「……、できた。」
テミシエル「(だから何だっていう話よね。作ったところで渡す相手もいないのに)」
テミシエル「(……、同じ人間として人を裁く、か)」
テミシエル「(人間らしい感情なんて、公正な判決には不要なもの。裁判官になる時、全て捨て去れたらよかったのに)」
テミシエル「(そうしたらこんな風に、寂しいなんて思うこともなくて……)」
テミシエル「……はぁ。」
主人公「あのーテミシエルさん、ちょっといいですか?」
テミシエル「……用件があるなら、手早く済ませて。」
主人公「は、はい。実は、今から急いで買いに行かないといけないものがあって……、」
主人公「お昼の話を聞いたばっかりなんですけど、少しの間メルクを預かっててもらえませんか?」
メルク「私からもお願いするのですよ。」
テミシエル「……見ているだけなら構わないわ。早く済ませてきなさい。」
主人公「ありがとうございます! できるだけ早く戻ってきますから、よろしくお願いしますね!」
テミシエル「……、」
メルク「テミシエルさん、ありがとうなのですよ。」
テミシエル「お礼を言われるようなことではないわ。共に旅をする以上、このような助け合いくらいは必要なことでしょうから。」
メルク「それでも、お礼は言わせてほしいのですよー。」
テミシエル「……そう。」
メルク「……、」
メルク「……、」
メルク「(みゅう……、もしかしたらと少し期待していたのです。ですが、全く話しかけられる雰囲気じゃないのですよ……)」
テミシエル「……、」
メルク「(みゅー、気まずいのです。主人公さん、早く買い物を済ませて戻って来て……、みゅ?)」
メルク「テミシエルさん、後ろに何か落ちているのですよ。」
テミシエル「……! これの、ことかしら?」
メルク「なのです。花冠だったのですよ~。」
テミシエル「……そのようね。」
メルク「テミシエルさんがここに来る前に、誰かが作って置いて行ったとか?」
テミシエル「……、」
メルク「みゅー、誰が作ったにしても、こんなにきれいな花冠をこのまま放置するのは、もったいないのですよー。」
メルク「せっかくだから私が……、」
テミシエル「……!」
メルク「と思ったのですが、残念ながらこのサイズだと、被るのは当然として、ビンに巻くこともできないのですよ……。」
テミシエル「……少しだけ、待っていて。」
メルク「みゅ?」

(時間経過演出)

テミシエル「……、終わったわ。」
メルク「みゅわ~! 瓶にぴったりのサイズになったのです。これなら巻いておけるのですよ!」
メルク「テミシエルさん、ありがとうなのです。手際もよくてすごいのですよ!」
テミシエル「作り方は、知っていたから……。」
メルク「みゅふふ~、作り直した上だとしても、こうしてプレゼントされたと知ったら、最初に作った人もすごく喜ぶと思うのですよ!」
テミシエル「……そうね。」
テミシエル「きっと、すごくうれしいと思うわ。」
メルク「みゅわ~! テミシエルさん、優しくて素敵な笑顔なのですよ!」
テミシエル「……!」
メルク「みゅー、やっぱり私は、テミシエルさんともっとたくさんお話ししたいのですよ!」
メルク「今の笑顔を見て、改めてそう思ったのです!」
メルク「といっても、私が裁判で裁かれる側にならないという保証もなく、具体的にどうしたらいいのかは……、」
主人公「すみません! 遅くなりました!」
メルク「みゅ、主人公さん、おかえりなさいなのです。」
主人公「テミシエルさん、メルクを見ていてくれてありがとうございました!」
主人公「それじゃあ俺たちはこれで。」
テミシエル「待って。……、メルクさん。」
メルク「みゅ?」
テミシエル「……、気持ちは、受け取っておくわ。」
メルク「……! はいなのです!」
テミシエル「……、」
テミシエル「(……、旅の途中で来るのかしら)」
テミシエル「(友達と呼べる人を作ってもいいと、私が私を許せる日が……)」

備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(19)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.104268961 2019/10/16 (水) 16:15 通報
    モデルです。
    0
  • さすらいの癒術師さん No.104188674 2019/09/04 (水) 01:10 通報
    ユニスト
    返信数 (14)
    2
    • × さすらいの癒術師さん No.104188676 2019/09/04 (水) 01:10 通報
      主人公「テミシエルさん、護衛を引き受けてくれてありがとうございます。これからよろしくお願いしますね。」
      テミシエル「こちらこそ。でも、まさか護衛として仲間になってほしいなんて言われるとは思わなかった。」
      主人公「『多少の旅の経験があって、全ての国を回っても大丈夫で、各地の滞在期間もこちらにすべて合わせられる相手』でしたっけ?」
      メルク「確かに、改めて聞くと、この条件で護衛をお願いするような人はあまりいなさそうなのですよ。」
      主人公「まあ、俺たちの旅は明確な目的地とかもないし、何の問題もないわけだけどな。」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188677 2019/09/04 (水) 01:11 通報
        主人公「むしろ、代わりに護衛をしてもらっていいんですか? 確か、空の国から視察で来てるんですよね?」
        テミシエル「構わないわ。護衛が必要になるような時は、仕事のしようもなくて手持無沙汰でしょうから。」
        メルク「テミシエルさんのお仕事というのは、一体何なのですよ?」
        テミシエル「裁判官よ。」
        テミシエル「近頃、空の国の各都市を訪れる外国人は増加傾向にある。それに伴って、トラブルも増えているの。」
        テミシエル「原因が文化の違いであることも多いから、裁判で正しい判断を下すために、外国を知る必要がある。これはそのための視察。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188679 2019/09/04 (水) 01:12 通報
        テミシエル「私の出身である第三都・シンケルスは、空の国の司法制度の中枢なの。私の一族は、最も権威ある裁判所で代々裁判官を務めているわ。」
        主人公「裁判官って、具体的にはどういう仕事なんですか? 罪を犯したことを裁く、とか?」
        テミシエル「違うわ。裁判官は、対象に罪があるかどうかから判断するの。罪があると判断すれば、裁きを下す役目もある。」主人公「そうなんですね。すみません。よく知らなくて……。」
        テミシエル「気にしないで。空の国ではそういうものだけれど、王国や他の国ではどうなのかは、視察対象の一つで、私もまだ知らないことだから。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188683 2019/09/04 (水) 01:15 通報
        メルク「なるほどなのです。それにしても、自分の判断で罪が決まるというのはすごい責任の重さな気がするのですよ。」
        テミシエル「そうね。裁判官の判断、特にシンケルスの裁判所の判断ともなれば、社会的にも大きな意味を持つ。」
        テミシエル「だから、裁判官に間違いは許されない。感情に流されず、常に冷静、公正に見極めて、判決を下さなければならないわ。」
        主人公「本当に責任重大なんですね……。」
        テミシエル「ええ、その通りよ。」
        テミシエル「だからこそ、裁判官は常に自分を律しなければならない。自分が判決を下すかもしれない相手との馴れ合いは当然許されないし、裁判官同士だってそう。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188684 2019/09/04 (水) 01:16 通報
        テミシエル「仕事上の連携はあっても、それ以上の交流は判断を鈍らせることにつながりかねない余計なこと。」
        テミシエル「裁判を受ける対象者の人生を背負うくらいの覚悟がなければ、人を裁くことはできないんだから。」
        メルク「みゅわ~! かっこいいのですよ~!」
        主人公「俺、テミシエルさんから受けた判決なら、どんな結果でも受け入れられそうな気がしてきた……!」
        テミシエル「……できればそれ以前に、裁判沙汰に巻き込まれないようにしてほしいのだけど。」
        主人公「はっ! そ、そうですよね! すみません、テミシエルさんの想いを聞いたら、そんな風に思えてきて……、」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188686 2019/09/04 (水) 01:18 通報
        テミシエル「……そんなに、大したことではないわ。ただ、同じ人間でありながら、人を裁く以上は、相応の振る舞いが必要というだけのことよ。」
        メルク「みゅわ~……。」
        主人公「やっぱりかっこいい~……!」
        テミシエル「……、」
        テミシエル「出発は、明日だったわね。」
        主人公「あっ、はい。そうです。」
        テミシエル「それじゃあ、挨拶は済ませたから、私はこれで失礼するわ。」
        メルク「みゅみゅ?」
        テミシエル「言ったでしょう。他人とは馴れ合うつもりはない。あなた達に対しても、それは変わらないわ。」
        テミシエル「視察への同行には感謝するけれど、必要以上の接触をするつもりはないから、そのつもりでいて。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188689 2019/09/04 (水) 01:19 通報
        テミシエル「それじゃあ、明日からよろしくお願いするわ。」
        メルク「みゅう、行ってしまったのです。せっかくなので、色々お話ししたかったのですよ……。」
        主人公「まあまあ。テミシエルさんの考えも大切にしないとな。それに、長い旅になるんだし、話せる機会もきっとあるって。」
        (場面転換)
        テミシエル「……、」
        テミシエル「……、できた。」
        テミシエル「(だから何だっていう話よね。作ったところで渡す相手もいないのに)」
        テミシエル「(……、同じ人間として人を裁く、か)」
        テミシエル「(人間らしい感情なんて、公正な判決には不要なもの。裁判官になる時、全て捨て去れたらよかったのに)」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188690 2019/09/04 (水) 01:20 通報
        テミシエル「(そうしたらこんな風に、寂しいなんて思うこともなくて……)」
        テミシエル「……はぁ。」
        主人公「あのーテミシエルさん、ちょっといいですか?」
        テミシエル「……用件があるなら、手早く済ませて。」
        主人公「は、はい。実は、今から急いで買いに行かないといけないものがあって……、」
        主人公「お昼の話を聞いたばっかりなんですけど、少しの間メルクを預かっててもらえませんか?」
        メルク「私からもお願いするのですよ。」
        テミシエル「……見ているだけなら構わないわ。早く済ませてきなさい。」
        主人公「ありがとうございます! できるだけ早く戻ってきますから、よろしくお願いしますね!」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188692 2019/09/04 (水) 01:21 通報
        テミシエル「……、」
        メルク「テミシエルさん、ありがとうなのですよ。」
        テミシエル「お礼を言われるようなことではないわ。共に旅をする以上、このような助け合いくらいは必要なことでしょうから。」
        メルク「それでも、お礼は言わせてほしいのですよー。」
        テミシエル「……そう。」
        メルク「……、」
        メルク「……、」
        メルク「(みゅう……、もしかしたらと少し期待していたのです。ですが、全く話しかけられる雰囲気じゃないのですよ……)」
        テミシエル「……、」
        メルク「(みゅー、気まずいのです。主人公さん、早く買い物を済ませて戻って来て……、みゅ?)」
        メルク「テミシエルさん、後ろに何か落ちているのですよ。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188696 2019/09/04 (水) 01:22 通報
        テミシエル「……! これの、ことかしら?」
        メルク「なのです。花冠だったのですよ~。」
        テミシエル「……そのようね。」
        メルク「テミシエルさんがここに来る前に、誰かが作って置いて行ったとか?」
        テミシエル「……、」
        メルク「みゅー、誰が作ったにしても、こんなにきれいな花冠をこのまま放置するのは、もったいないのですよー。」
        メルク「せっかくだから私が……、」
        テミシエル「……!」
        メルク「と思ったのですが、残念ながらこのサイズだと、被るのは当然として、ビンに巻くこともできないのですよ……。」
        テミシエル「……少しだけ、待っていて。」
        メルク「みゅ?」
        (時間経過演出)
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188697 2019/09/04 (水) 01:22 通報
        テミシエル「……、終わったわ。」
        メルク「みゅわ~! 瓶にぴったりのサイズになったのです。これなら巻いておけるのですよ!」
        メルク「テミシエルさん、ありがとうなのです。手際もよくてすごいのですよ!」
        テミシエル「作り方は、知っていたから……。」
        メルク「みゅふふ~、作り直した上だとしても、こうしてプレゼントされたと知ったら、最初に作った人もすごく喜ぶと思うのですよ!」
        テミシエル「……そうね。」
        テミシエル「きっと、すごくうれしいと思うわ。」
        メルク「みゅわ~! テミシエルさん、優しくて素敵な笑顔なのですよ!」
        テミシエル「……!」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188698 2019/09/04 (水) 01:23 通報
        メルク「みゅー、やっぱり私は、テミシエルさんともっとたくさんお話ししたいのですよ!」
        メルク「今の笑顔を見て、改めてそう思ったのです!」
        メルク「といっても、私が裁判で裁かれる側にならないという保証もなく、具体的にどうしたらいいのかは……、」
        主人公「すみません! 遅くなりました!」
        メルク「みゅ、主人公さん、おかえりなさいなのです。」
        主人公「テミシエルさん、メルクを見ていてくれてありがとうございました!」
        主人公「それじゃあ俺たちはこれで。」
        テミシエル「待って。……、メルクさん。」
        メルク「みゅ?」
        テミシエル「……、気持ちは、受け取っておくわ。」
        メルク「……! はいなのです!」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188702 2019/09/04 (水) 01:24 通報
        テミシエル「……、」
        テミシエル「(……、旅の途中で来るのかしら)」
        テミシエル「(友達と呼べる人を作ってもいいと、私が私を許せる日が……)」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104188706 2019/09/04 (水) 01:26 通報
        以上です。
        あとNo.104188679で主人公のセリフ改行ミスしました。
        0
  • さすらいの癒術師さん No.103982646 2019/06/05 (水) 16:08 通報
    かわええ
    1
  • さすらいの癒術師さん No.103982215 2019/06/05 (水) 09:14 通報
    この大胆な格好で裁判官は厳しいと思う
    返信数 (1)
    2
    • × さすらいの癒術師さん No.104034269 2019/07/02 (火) 15:29 通報
      パンツ姿を自撮りする裁判官も居るからへーきへーき
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第二部 メインクエスト第一部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
ボスモンスター一覧
4 パーティー相談 掲示板
5 新着ユニット一覧
6 ★5
7 終了イベント一覧
8 すすめ方
9 おすすめシード
10 「影裁断す霊鋏」シャリオット
goodランキング
雑談掲示板で雑談するなとはこれいかに 16
おかしいのはここでそんなことを書いてるお前.. 16
誰もが1度は椅子をはずす、メルローゼンさん! 14
4 あと3年ってことはリリースから8年かソシャゲ.. 7
5 未来人さんこんにちは!億万長者になりたいの.. 5
6 ストーリー上がってなさそうなので以下に載せ.. 5
もっと見る
最近の更新

2時間まえ

12時間まえ

15時間まえ

17時間まえ

20時間まえ

2020/01/22 (水) 00:17

2020/01/21 (火) 17:37

2020/01/21 (火) 02:05

2020/01/21 (火) 01:11

2020/01/21 (火) 00:40

2020/01/20 (月) 21:47

2020/01/20 (月) 21:23

2020/01/20 (月) 21:21

2020/01/20 (月) 21:20

2020/01/20 (月) 19:53

2020/01/20 (月) 19:48

新規作成

2020/01/16 (木) 00:44

2020/01/16 (木) 00:41

2020/01/16 (木) 00:36

2020/01/16 (木) 00:30

2020/01/13 (月) 14:05

2020/01/13 (月) 13:56

2020/01/13 (月) 13:50

2020/01/13 (月) 13:41

2020/01/13 (月) 13:29

2020/01/13 (月) 13:20

注目記事
【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング ポケモン剣盾攻略wiki
【アークナイツ】最新リセマラ当たりランキング アークナイツ攻略wiki
【メダロットS】最新リセマラ当たりランキング メダロットS攻略まとめ
【ドカバト】5周年イベントの最新情報 ドッカンバトル攻略wiki
【パワプロ】アンドロメダ学園の野手デッキ編成 パワプロアプリ攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 19