「心奪なる真実」アーティス

(22)  
最終更新日時:

「心奪なる真実」アーティス

出身 王国

年齢 15歳

性別 女

レアリティ ★4

属性 風

成長タイプ 平均

武器 ステッキ

武器種別 魔法

同時攻撃数 3体

攻撃段数 3段


初期体力 1,640

最大体力 3,280

覚醒体力 5,305

移動速度 42

リーチ 170

DPS 2,080

覚醒DPS 3,395

初期攻撃力 3,620

最大攻撃力 7,240

覚醒攻撃力 11,815

攻撃間隔 3.48

タフネス 40

総合DPS 6,241

覚醒総合DPS 10,185


追加日 2017.10.31
11月新ユニット追加フェス2017


属性補正
炎属性
  58%
水属性
  175%
風属性
  100%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
アーティス「あたし~はもう~、こども~じゃないのよ~♪あなたのこと~ペットにしてあげる~♪」
「15歳の少女、アーティス。エス系アイドルと呼ばれる彼女の朝は早い。」
アーティス「……、」
「日が昇るとともに起きて、ダンスと歌の練習だ。もちろん柔軟運動も欠かさない。体が資本であることを心に刻んでいるのだという。」
アーティス「ちょっと。」
「ちなみにマネージャーはすやすやと寝ている。俺に取材を頼んで早起きさせておきながら、なんて仕打ちだろうか。」
アーティス「ちょっと、主人公?」
主人公「うわっ!」
アーティス「影からこそこそして、なにやってるの?んふふ、もしかしてあたしのペットになりたくなっちゃった?」
主人公「そういうキャラ付けはいいから!」
主人公「実はマネージャーさんからアーティスの活動記録をとって欲しいって言われてさ。こっそり見てて悪かったよ。」
アーティス「主人公だし、それはいいけど……、活動記録?」
主人公「商業都市にいる新聞記者に記事にしてもらうんだって言ってたぞ。」
アーティス「ふうん……。」
アーティス「まあ、いいわ。それもアイドルの仕事ってやつよね。記録するならきっちりやってよ?」
主人公「わかってるって。俺も引き受けたらからにはな。」
アーティス「んふふ、よろしい。でも主人公を選ぶなんてさすがマネージャーね。」
主人公「いや、手頃だったからだと思うけど……。」
アーティス「そうかしら?だってあたし、主人公にならイロイロ見せてあげてもいいなって思ってるのよ?」
主人公「常にキャラ付けを忘れない。これが彼女のエス系アイドルとしての誇りである。」
アーティス「もぉー!キャラ付けって言うのやめてよね。」
アーティス「本当に主人公たちには、その、お世話になったし……、」
主人公「彼女はエスなだけではない。必要な時にデレも発揮することができる。これこそが彼女を人気アイドルたらしめ……、」
主人公「あだっ!」
アーティス「インタビュアーなら、取材対象が気持ちよく話せるようにすること!あんたが楽しんでどうするのよ。」
主人公「はい、ごめんなさい……。」

(場面転換・室内)

マネージャー「次のスケジュールはこういう感じよ。」
アーティス「わかったわ。それじゃあ、この日は……、」
「朝の練習を終えたら、打ち合わせに入る。ちなみにマネージャーさんが紹介所の誰かによく似ている気がするが気のせいだろう。」
マネージャー「アーちゃん、あれは……?」
アーティス「気にしないでいいわよ。ああいう取材方法が楽しいらしいわ。」
マネージャー「うふふ、そうなの。じゃあ、私は次の予定の準備をしてくるわね。後で現場にきてちょうだい。」
アーティス「うん、わかったわ。……いつもありがとう。」
マネージャー「こちらこそ。アーちゃんと一緒に夢を追えてうれしいわ。」
「マネージャーとは、ただのビジネスパートナーではなく、友人関係でもあるという。」
アーティス「……、まあね。」
アーティス「彼女には感謝してるわ。マネージャーがいなければ、あたしがアイドルになることもなかったもの。」
アーティス「あたしの初めての友達になってくれて、あたしの素性を知っても、手を握ってくれて、一緒にアイドルをやろうって言ってくれた。」
アーティス「マネージャーのおかげで、あたしはこの世界を……、にいちゃたち以外の世界を好きになれたのよ。」
主人公「そうか……。」
主人公「ところで友だちなら、どうして名前で呼ばないんだ?」
アーティス「え?」
主人公「え?」
アーティス「マネージャーっていうのが彼女の名前よ?」
主人公「……。」
「この世にはいろんな名前がある。それを知った密着取材だった。」
アーティス「ちょっと、あたしの取材でしょ!?」

(場面転換・夕方の街)

アーティス「今日はありがとー!これからもあたしのペットでいてね!可愛がってあげるから!」
ファン「うおお、アーティスたん!」
ファン「ふおお、アーティスたん!」
「彼女はどんな小さなライブでも手を抜かない。そしてファンも彼女を盛り上げるために全力で声を出し、タオルとウチワを振る。」
主人公「……でも、ペットって言われて喜ぶって、ファン層はみんな、エム的な人なのか……?」
ファン「いやあ、今回のライブもよかったのう。あのアーティスたんも、アイドルになってもう1年か。」
ファン「初めはぎこちなかった決め台詞もあんなに自信たっぷりに言えるようになって……。」
ファン「ふおお!これからもペットとして見守っていくぞい!」
ファン「うおお!俺たちはアーティスたんの成長を見守り隊だ!」
主人公「……。」
「ペットはペットでも、子どもの成長を見守るほうのペットのようだ。」

(場面転換・夕方の紹介所)

アーティス「それで、取材はちゃんとできたのかしら?」
主人公「ああ。アーティスが振付の先生に間違えて、にいちゃ、って言いそうになったこともちゃんと記録して……、」
アーティス「にょああああ!」
主人公「えっ、ダメだったのか?」
アーティス「あたしのキャラが崩れるでしょ!」
主人公「もう崩れてる気がするけどな……。」
主人公「でも、改めて、アーティスはすごいと思ったよ。仕事でも疲れた顔ひとつしないし、ファンの前ではアイドルを演じきってるしさ。」
アーティス「当然でしょ、あたしはアイドルだもの。歌やダンスでみんなに元気や希望を与える者。疲れた顔や泣き顔なんて見せられないわ。」
主人公「……、そうか。ファンの人たちもそんなアーティスのひたむきさがちゃんとわかってるから、応援したいんだろうな。」
アーティス「……。」
アーティス「主人公、たまにはまたこうして密着取材をしてくれる?」
主人公「え?」
アーティス「あたし、絶対にファンを後悔させないアイドルになるわ。」
アーティス「だからこれから先も、あたしがその想いを貫けてるかどうか、たまに取材しにきて、あたしを見定めてよ。」
アーティス「んふふ、その過程で、主人公のこともきっと、あたしのペットにして見せるわ。」
主人公「……、」
主人公「もうなってるよ。」
アーティス「えっ。」
主人公「いや、成長を見守る的な意味でな!?」

備考
かつて「隠瑕の剣士」ローエルに養われていた
「啓世の騎候補 」シェスディが応援しているアイドル

【ユニット検索】
新着ユニット一覧 / ユニット表情まとめ
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(22)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.101469898 2017/11/05 (日) 13:08 通報
    ストーリーです
    返信数 (15)
    2
    • × さすらいの癒術師さん No.101470411 2017/11/05 (日) 14:27 通報
      アーティス「あたし~はもう~、こども~じゃないのよ~♪あなたのこと~ペットにしてあげる~♪」
      __「15歳の少女、アーティス。エス系アイドルと呼ばれる彼女の朝は早い。」
      アーティス「......、」
      __「日が昇るとともに起きて、ダンスと歌の練習だ。もちろん柔軟運動も欠かさない。体が資本であることを心に刻んでいるのだという。」
      アーティス「ちょっと。」
      __「ちなみにマネージャーはすやすやと寝ている。俺に取材を頼んで早起きさせておきながら、なんて仕打ちだろうか。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470415 2017/11/05 (日) 14:27 通報
      アーティス「ちょっと、主人公?」
      主人公「うわっ!」
      アーティス「影からこそこそして、なにやってるの?んふふ、もしかしてあたしのペットになりたくなっちゃった?」
      主人公「そういうキャラ付けはいいから!」
      主人公「実はマネージャーさんからアーティスの活動記録をとって欲しいって言われてさ。こっそり見てて悪かったよ。」
      アーティス「主人公だし、それはいいけど......、活動記録?」
      主人公「商業都市にいる新聞記者に記事にしてもらうんだって言ってたぞ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470421 2017/11/05 (日) 14:28 通報
      アーティス「ふうん......。」
      アーティス「まあ、いいわ。それもアイドルの仕事ってやつよね。記録するならきっちりやってよ?」
      主人公「わかってるって。俺も引き受けたらからにはな。」
      アーティス「んふふ、よろしい。でも主人公を選ぶなんてさすがマネージャーね。」
      主人公「いや、手頃だったからだと思うけど......。」
      アーティス「そうかしら?だってあたし、主人公にならイロイロ見せてあげてもいいなって思ってるのよ?」
      主人公「常にキャラ付けを忘れない。これが彼女のエス系アイドルとしての誇りである。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470436 2017/11/05 (日) 14:30 通報
      アーティス「もぉー!キャラ付けって言うのやめてよね。」
      アーティス「本当に主人公たちには、その、お世話になったし......、」
      主人公「彼女はエスなだけではない。必要な時にデレも発揮することができる。これこそが彼女を人気アイドルたらしめ......、」
      主人公「あだっ!」
      アーティス「インタビュアーなら、取材対象が気持ちよく話せるようにすること!あんたが楽しんでどうするのよ。」
      主人公「はい、ごめんなさい......。」
      ー場面転換ー
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470441 2017/11/05 (日) 14:31 通報
      マネージャー「次のスケジュールはこういう感じよ。」
      アーティス「わかったわ。それじゃあ、この日は......、」
      __「朝の練習を終えたら、打ち合わせに入る。ちなみにマネージャーさんが紹介所の誰かによく似ている気がするが気のせいだろう。」
      マネージャー「アーちゃん、あれは......?」
      アーティス「気にしないでいいわよ。ああいう取材方法が楽しいらしいわ。」
      マネージャー「うふふ、そうなの。じゃあ、私は次の予定の準備をしてくるわね。後で現場にきてちょうだい。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470456 2017/11/05 (日) 14:34 通報
      アーティス「うん、わかったわ。......いつもありがとう。」
      マネージャー「こちらこそ。アーちゃんと一緒に夢を追えてうれしいわ。」
      __「マネージャーとは、ただのビジネスパートナーではなく、友人関係でもあるという。」
      アーティス「......、まあね。」
      アーティス「彼女には感謝してるわ。マネージャーがいなければ、あたしがアイドルになることもなかったもの。」
      アーティス「あたしの初めての友達になってくれて、あたしの素性を知っても、手を握ってくれて、一緒にアイドルをやろうって言ってくれた。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470461 2017/11/05 (日) 14:35 通報
      アーティス「マネージャーのおかげで、あたしはこの世界を......、にいちゃたち以外の世界を好きになれたのよ。」
      主人公「そうか.......。」
      主人公「ところで友だちなら、どうして名前で呼ばないんだ?」
      アーティス「え?」
      主人公「え?」
      アーティス「マネージャーっていうのが彼女の名前よ?]
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470466 2017/11/05 (日) 14:35 通報
      主人公「......。」
      __「この世にはいろんな名前がある。それを知った密着取材だった。」
      アーティス「ちょっと、あたしの取材でしょ!?」
      ー場面転換ー
      アーティス「今日はありがとー!これからもあたしのペットでいてね!可愛がってあげるから!」
      ファン「うおお、アーティスたん!」
      ファン「ふおお、アーティスたん!
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.101470483 2017/11/05 (日) 14:37 通報
        最後 」 抜けてます...すみません
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470473 2017/11/05 (日) 14:36 通報
      __「彼女はどんな小さなライブでも手を抜かない。そしてファンも彼女はを盛り上げるために全力で声を出し、タオルとウチワを振る。」
      主人公「......でも、ペットって言われて喜ぶって、ファン層はみんな、エム的な人なのか......?」
      ファン「いやあ、今回のライブもよかったのう。あのアーティスたんも、アイドルになってもう1年か。」
      ファン「初めはぎこちなかった決め台詞もあんなに自信たっぷりに言えるようになって......。」
      ファン「ふおお!これからもペットとして見守っていくぞい!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470489 2017/11/05 (日) 14:38 通報
      ファン「うおお!俺たちはアーティスたんの成長を見守り隊だ!」
      主人公「......。」
      __「ペットはペットでも、子どもの成長を見守るほうのペットのようだ。」
      ー場面転換ー
      アーティス「それで、取材はちゃんとできたのかしら?」
      主人公「ああ。アーティスが振付の先生に間違えて、にいちゃ、って言いそうになったこともちゃんと記録して......、」
      アーティス「にょああああ!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470492 2017/11/05 (日) 14:39 通報
      主人公「えっ、ダメだったのか?」
      アーティス「あたしのキャラが崩れるでしょ!」
      主人公「もう崩れてる気がするけどな......。」
      主人公「でも、改めて、アーティスはすごいと思ったよ。仕事でも疲れた顔ひとつしないし、ファンの前ではアイドルを演じきってるしさ。」
      アーティス「当然でしょ、あたしはあいどるだもの。歌やダンスでみんなに元気や希望を与える者。疲れた顔や泣き顔なんて見せられないわ。」
      主人公「......、そうか。ファンの人たちもそんなアーティスのひたむきさがちゃんとわかってるから、応援したいんだろうな。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470498 2017/11/05 (日) 14:40 通報
      アーティス「......。」
      アーティス「主人公、たまにはまたこうして密着取材をしてくれる?」
      主人公「え?」
      アーティス「あたし、絶対にファンを後悔させないアイドルになるわ。」
      アーティス「だからこれから先も、あたしがその想いを貫けてるかどうか、たまに取材しにきて、あたしを見定めてよ。」
      アーティス「んふふ、その過程で、主人公のこともきっと、あたしのペットにして見せるわ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470502 2017/11/05 (日) 14:40 通報
      主人公「......、」
      主人公「もうなってるよ。」
      アーティス「えっ。」
      主人公「いや、成長を見守る的な意味でな!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101470711 2017/11/05 (日) 15:16 通報
      ご提供ありがとうございます。反映いたしました。
      0
  • さすらいの癒術師さん No.101440972 2017/11/01 (水) 15:22 通報
    あれ?
    昔名前でたときは小悪魔系アイドルじゃなかったっけ?
    返信数 (1)
    2
    • × さすらいの癒術師さん No.101488540 2017/11/07 (火) 15:18 通報
      そもそも昔に名前出てましたっけ!?
      いかん!見落としてしまってる!
      0
  • さすらいの癒術師さん No.101434759 2017/10/31 (火) 16:13 通報
    ありがとうございます!
    1
  • 滄海水月 No.101434678 2017/10/31 (火) 16:05 通報
    1
    返信数 (2)
    0
    • × 滄海水月 No.101434681 2017/10/31 (火) 16:05 通報
      2
      0
      • × 滄海水月 No.101434687 2017/10/31 (火) 16:05 通報
        3
        0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wikiまとめ

イベント最新情報


▼過去のイベント

よく見られる記事


初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ランキング

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別 ※相関図はこちら (9)
出身一覧

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6)

クエスト攻略

ストーリークエスト 裏ステージ 歴代イベント(2周目) 歴代イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトルについて

その他攻略記事・読み物

要望・連絡

編集者向け

ページ編集講座 編集テンプレート

公式・Lobiリンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
パーティー相談 掲示板
4 ★5
5 おすすめリセマラランキング
6 新着ユニット一覧
7 「究愛の覇拏嫁」プリテリオナ
8 ゾンビ化可能ユニット一覧
9 メルスト リセマラ手順とおすすめユニット
10 ロード・トゥ・グローリー2018.01.11
goodランキング
つまり15時頃から掃除を始めて終わったら風呂.. 52
いいですよ(*´꒳`*) 31
メラルーパー可愛すぎてませんか?なにアレマ.. 29
4 ・獅子族の幼馴染み→テッドかな?・ロロ仕立.. 23
5 クエ選ぶ前にヘルプ置いてレンジ設定を教えて.. 12
6 ユニットストーリーなら、マギナアリスが言っ.. 12
7 スキル順で並べると、ジュグラギ、メラルーパ.. 12
8 新しく追加されたタァトハァト、イラスト描い.. 11
9 冷戦、傭兵、蓋を開けたら降臨寄生ギルドの出.. 10
10 スラロのボスは単段ばかりなので、ゾンビでの.. 10
もっと見る
最近の更新

43分まえ

52分まえ

1時間まえ

2時間まえ

6時間まえ

8時間まえ

新規作成

8時間まえ

9時間まえ

10時間まえ

2018/01/11 (木) 15:27

2018/01/10 (水) 16:13

2018/01/10 (水) 16:12

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
4 DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
5 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
6 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
7 パワプロアプリ攻略Wikiまとめ
8 消滅都市2 攻略まとめWiki
9 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
10 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
注目記事
デレステ 新春!プラチナ宝くじ 結果 アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
モンハンワールド 1/19開催 ネルギガンテ討伐 モンハンワールド
オデスト リセマラランキング オーディナルストラータ
妖怪ウォッチ 国盗りウォーズ リセマラランキング 妖怪三国志 国盗りウォーズ
とうらぶ 3周年イラストまとめ 刀剣乱舞
白猫 2017正月神気解放キャラ 評価 白猫プロジェクト
ドッカンバトル 最強ランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
パワプロアプリ 支良州水産高校 育成論 パワプロアプリ
アズレン おすすめ装備ランキング アズールレーン
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
ページ編集 トップへ