「恋の演技者」ロベルタ

(13コメント)  
最終更新日時:

「恋の演技者」ロベルタ

出身 エレキの国

年齢 30歳

性別 女

レアリティ ★3

属性 闇

成長タイプ 平均

武器 連弓

武器種別 弓矢

同時攻撃数 4体

攻撃段数 


初期体力 1,280

最大体力 2,560

覚醒体力 4,510

移動速度 62

リーチ 160

DPS 1,452

覚醒DPS 2,574

初期攻撃力 2,120

最大攻撃力 4,240

覚醒攻撃力 7,465

攻撃間隔 2.92

タフネス 32

総合DPS 5,808

覚醒総合DPS 10,297


追加日 2019.10.01
10月新ユニット追加フェス2019


属性補正
炎属性
  91%
水属性
  91%
風属性
  91%
光属性
  135%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
<紹介所・昼>
主人公「ロベルタさん、仲間になってくれてありがとうございます。」
メルク「これから、よろしくお願いするのですよ!」
ロベルタ「ふふっ、こちらこそ。休暇中の短い間だけになるかもしれないけど、よろしくお願いするわね。」
主人公&メルク「……。」
ロベルタ「あら? どうかしたかしら?」
主人公「い、いえ、その……、紹介所のお姉さんから聞いてはいたんですが、いざこうして話してみると……、」
メルク「落ち着いた大人のお姉さんで、見た目とのギャップがすごいのですよ……。」
ロベルタ「ああ、なるほど。聞いてたならそうなるのかもね。」
主人公「す、すみません。すぐに慣れるとは思うんですけど……。」
ロベルタ「気にしなくていいのよ。嫌だと思ってるわけでもないんだから。」
ロベルタ「見た目で子供に思われて、困ることも確かにあるけど……、」
ロベルタ「この見た目だからできる仕事もあって、私も楽しんでるからね。」
メルク「お仕事というのは、一体どんなことをされているのです?」
ロベルタ「偽恋屋で働いてるわ。」
主人公「偽恋屋……、ってなんですか?」
ロベルタ「ああ、そういえば、あれはエレキの国にしかないんだったわね。」
ロベルタ「刺激の少ないエレキの国では、刺激を提供するサービスが色々あるんだけど、偽恋屋もその一つよ。」
ロベルタ「簡単に言えば、依頼人の要望に合わせた、運命的な恋を演出するの。」
ロベルタ「私はそこで、依頼人の要望に沿った恋人を演じてるのよ。」
主人公「そ、そんな職業があるんですね……。」
メルク「本当の恋ではなく、あくまで演出された恋だから、偽恋屋なのです?」
ロベルタ「そういうこと。場合によっては、依頼人と恋人役が本気になることもあるけれどね。」
メルク「仕事が本気に……!それはとってもステキなのですよ!」
ロベルタ「ふふっ、そうね。私もいつかそんな風にならないかなって、ちょっぴり期待もしてるのよ。」
メルク「みゅふふ~、乙女なら誰しも、そう思うものなのです!」
ロベルタ「ありがと。とはいえ、私が演じるのは、見た目にあわせて学生や子供がほとんどだから本気になって結婚とは、簡単にいかないんだけれどね。」
ロベルタ「それに、仕事で恋人を演じる以上、プロとして、気持ちは抑えないといけないもの。」
主人公「おぉ、すごいプロ意識……!」
メルク「でも、それではロベルタさんの恋は……、」
ロベルタ「私はいいのよ。学生や子供を演じてるのは好きだし、たとえ本物じゃなくても……、」
ロベルタ「色々な恋を経験できるのもすごく新鮮で楽しいのよ。似たような依頼で、同じような学生を演じたとしても、一つとして同じ恋は無いんだもの。」
ロベルタ「それに、運命的な恋なら、私が仕事に徹していようと、抗いようもなく、突然始まるかもしれないでしょ?」
メルク「みゅわぁ、考え方もすごく大人なのです!ロベルタさんから、大人の恋愛講座を受けたい気分なのですよ~!」
主人公「なんだよそれ……。」
ロベルタ「メルクちゃんの気持ちは嬉しいけれど、残念ながら、私の経験は看板通りに偽物の恋。本物の恋については、語れるほどじゃないかな。」
主人公「うーん、それにしても、偽恋屋かぁ。なんとなくは分かったけど、具体的には全く想像がつかない……。」
ロベルタ「そうねぇ、依頼者は要望を伝えたら、後は普通に過ごしていれば、どこかのタイミングで恋人役の相手と出会うことになるわ。」
主人公「えっ、それって、もしかして恋人役の人が誰かとかは知らない状態なんですか?」
ロベルタ「当然よ。分かってたら、どんな運命的な演出だってつまらないものになってしまうでしょ。」
ロベルタ「長い時なら何年もの時間をかけて、依頼者と恋人役の運命的な出会いを演出したりもするわよ。」
主人公「す、すごいですね……。けど、聞いたらもっと分からなくなりました……。」
ロベルタエレキの国では、本当に退屈している人が多いのよ。ユウくんのように、外の人からしたら、理解しにくい感覚なのかもしれないわね。」
ロベルタ「……。」
メルク「ロベルタさん、どうかしたのです?」
ロベルタ「ああ、いえ、なんでもないわ。ちょっと、ね。」
紹介所のお姉さん「(主人公) くーん、ごめんなさい。今日紹介する予定だった人なんだけど、どうしても外せない用事ができて、明日になるんだって。」
主人公「……えっ!?ちょっと待ってください。じゃあこの人は……?」
紹介所のお姉さん「あら、どなた?」
ロベルタ「……ごめんなさいっ!」(大文字)
ロベルタ「たまたまあなたたちの話を聞いていて、利用してしまったの……。」
主人公「ええっ!?一体どうしてそんなことを……。」
ロベルタ「私、どうしてもここを離れて、遠くへ逃げなくちゃダメで、そのために、あなたたちを利用しようと……。」
ロベルタ「だましてしまって、本当にごめんなさいっ!」
主人公「い、いや、驚きはしましたけど、そんなに謝らないでください。」
主人公「それより、逃げるっていうのは、どうしてなんですか?」
ロベルタ「それは……、言えないわ。」
ロベルタ「でも、逃げないといけないのは誓って本当よ!そうしないと、私は……ぐすん。」
主人公「ロベルタさん……。」
ロベルタ「……、だましておいて、 厚かましいお願いなのは分かってる。でも、今の私にはもうあなたに頼るしかないの……!」
ロベルタ「(主人公)さん、お願いっ!私を連れて一緒に逃げてっ。この世界の果ての、どこまでも……!」
主人公「……、分かりました。理由はもう聞きません。とにかく、一緒に行きましょう。」
主人公「それで、少し遠くまで行って落ち着いたら、改めてその先どうするか、ゆっくり考え……、」
ロベルタ「……、ふふっ。」
主人公「……?ロベルタさん?」
ロベルタ「……みたいな感じで、運命的な恋を演出するの。」
主人公「……へっ?と、いうことは……、ん? んん?」
ロベルタ「もちろん、今のは演技よ。偽恋屋のことは、体験してもらった方が説明がはやいと思って……、」
ロベルタ「紹介所のお姉さんには事前に説明してお願いしておいたの。」
紹介所のお姉さん「ふふっ、楽しそうだったから、ノリノリでオッケーしちゃった!」
紹介所のお姉さん「どう? 演技自然だったかしら?」
ロベルタ「ええ。おかげで助かったわ。」
ロベルタ「といっても、(主人公)くんは恋というより、本当に私のことを、心配してくれてた感じだったけどね。」
主人公「び、びっくりしたぁ……。てっきり、ロベルタさんが本当に大変な状況なのかと思った……。」
メルク「私なんて、急展開につい見入ってしまい、口をはさむのも忘れていたのですよ……。」
メルク「ですが、それはロベルタさんの演技が、すごかったからに他ならないなのです!」
ロベルタ「ふふっ、そう言ってもらえるだけで、仕込んでおいたかいがあったわ。」
主人公「本当にすごかったです。偽恋屋がどういうものなのかも、身をもって体験できましたし。」
メルク「なのです!あれなら、今のようなシチュエーションが好きな人は、ハートを撃ち抜かれること間違いなしなのですよ!」
ロベルタ「ありがと。よかったら、今度はメルクちゃんが依頼人として体験してみる?」
メルク「みゅわわ、わ、私がなのです?」
ロベルタ「ええ。たとえ依頼人が瓶に入った可愛らしい女の子でも、私は最高の演出にしてみせるわよ?」
メルク「みゅわわわわ……。」
ロベルタ「あらあら、困らせちゃったかしら?」
ロベルタ「ふふっ、心配はいらないわよ。私の恋はあくまで演出。」
ロベルタ「だからこそ、依頼が終わる時だって、悲しい気持ちにさせず、笑顔のお別れにしてみせるから。」

備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(13)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.104548123 2020/01/04 (土) 00:44 通報
    ユニストです
    返信数 (12)
    4
    • × さすらいの癒術師さん No.104548129 2020/01/04 (土) 00:46 通報
      <紹介所・昼>
      主人公「ロベルタさん、仲間になってくれてありがとうございます。」
      メルク「これから、よろしくお願いするのですよ!」
      ロベルタ「ふふっ、こちらこそ。休暇中の短い間だけになるかもしれないけど、よろしくお願いするわね。」
      主人公&メルク「……。」
      ロベルタ「あら? どうかしたかしら?」
      主人公「い、いえ、その……、紹介所のお姉さんから聞いてはいたんですが、いざこうして話してみると……、」
      メルク「落ち着いた大人のお姉さんで、見た目とのギャップがすごいのですよ……。」
      ロベルタ「ああ、なるほど。聞いてたならそうなるのかもね。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548132 2020/01/04 (土) 00:46 通報
      主人公「す、すみません。すぐに慣れるとは思うんですけど……。」
      ロベルタ「気にしなくていいのよ。嫌だと思ってるわけでもないんだから。」
      ロベルタ「見た目で子供に思われて、困ることも確かにあるけど……、」
      ロベルタ「この見た目だからできる仕事もあって、私も楽しんでるからね。」
      メルク「お仕事というのは、一体どんなことをされているのです?」
      ロベルタ「偽恋屋で働いてるわ。」
      主人公「偽恋屋……、ってなんですか?」
      ロベルタ「ああ、そういえば、あれはエレキの国にしかないんだったわね。」
      ロベルタ「刺激の少ないエレキの国では、刺激を提供するサービスが色々あるんだけど、偽恋屋もその一つよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548134 2020/01/04 (土) 00:47 通報
      ロベルタ「簡単に言えば、依頼人の要望に合わせた、運命的な恋を演出するの。」
      ロベルタ「私はそこで、依頼人の要望に沿った恋人を演じてるのよ。」
      主人公「そ、そんな職業があるんですね……。」
      メルク「本当の恋ではなく、あくまで演出された恋だから、偽恋屋なのです?」
      ロベルタ「そういうこと。場合によっては、依頼人と恋人役が本気になることもあるけれどね。」
      メルク「仕事が本気に……!それはとってもステキなのですよ!」
      ロベルタ「ふふっ、そうね。私もいつかそんな風にならないかなって、ちょっぴり期待もしてるのよ。」
      メルク「みゅふふ~、乙女なら誰しも、そう思うものなのです!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548136 2020/01/04 (土) 00:47 通報
      ロベルタ「ありがと。とはいえ、私が演じるのは、見た目にあわせて学生や子供がほとんどだから本気になって結婚とは、簡単にいかないんだけれどね。」
      ロベルタ「それに、仕事で恋人を演じる以上、プロとして、気持ちは抑えないといけないもの。」
      主人公「おぉ、すごいプロ意識……!」
      メルク「でも、それではロベルタさんの恋は……、」
      ロベルタ「私はいいのよ。学生や子供を演じてるのは好きだし、たとえ本物じゃなくても……、」
      ロベルタ「色々な恋を経験できるのもすごく新鮮で楽しいのよ。似たような依頼で、同じような学生を演じたとしても、一つとして同じ恋は無いんだもの。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548137 2020/01/04 (土) 00:47 通報
      ロベルタ「それに、運命的な恋なら、私が仕事に徹していようと、抗いようもなく、突然始まるかもしれないでしょ?」
      メルク「みゅわぁ、考え方もすごく大人なのです!ロベルタさんから、大人の恋愛講座を受けたい気分なのですよ~!」
      主人公「なんだよそれ……。」
      ロベルタ「メルクちゃんの気持ちは嬉しいけれど、残念ながら、私の経験は看板通りに偽物の恋。本物の恋については、語れるほどじゃないかな。」
      主人公「うーん、それにしても、偽恋屋かぁ。なんとなくは分かったけど、具体的には全く想像がつかない……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548142 2020/01/04 (土) 00:48 通報
      ロベルタ「そうねぇ、依頼者は要望を伝えたら、後は普通に過ごしていれば、どこかのタイミングで恋人役の相手と出会うことになるわ。」
      主人公「えっ、それって、もしかして恋人役の人が誰かとかは知らない状態なんですか?」
      ロベルタ「当然よ。分かってたら、どんな運命的な演出だってつまらないものになってしまうでしょ。」
      ロベルタ「長い時なら何年もの時間をかけて、依頼者と恋人役の運命的な出会いを演出したりもするわよ。」
      主人公「す、すごいですね……。けど、聞いたらもっと分からなくなりました……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548146 2020/01/04 (土) 00:48 通報
      ロベルタ「エレキの国では、本当に退屈している人が多いのよ。ユウくんのように、外の人からしたら、理解しにくい感覚なのかもしれないわね。」
      ロベルタ「……。」
      メルク「ロベルタさん、どうかしたのです?」
      ロベルタ「ああ、いえ、なんでもないわ。ちょっと、ね。」
      紹介所のお姉さん「(主人公) くーん、ごめんなさい。今日紹介する予定だった人なんだけど、どうしても外せない用事ができて、明日になるんだって。」
      主人公「……えっ!?ちょっと待ってください。じゃあこの人は……?」
      紹介所のお姉さん「あら、どなた?」
      ロベルタ「……ごめんなさいっ!」(大文字)
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548151 2020/01/04 (土) 00:49 通報
      ロベルタ「たまたまあなたたちの話を聞いていて、利用してしまったの……。」
      主人公「ええっ!?一体どうしてそんなことを……。」
      ロベルタ「私、どうしてもここを離れて、遠くへ逃げなくちゃダメで、そのために、あなたたちを利用しようと……。」
      ロベルタ「だましてしまって、本当にごめんなさいっ!」
      主人公「い、いや、驚きはしましたけど、そんなに謝らないでください。」
      主人公「それより、逃げるっていうのは、どうしてなんですか?」
      ロベルタ「それは……、言えないわ。」
      ロベルタ「でも、逃げないといけないのは誓って本当よ!そうしないと、私は……ぐすん。」
      主人公「ロベルタさん……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548153 2020/01/04 (土) 00:49 通報
      ロベルタ「……、だましておいて、 厚かましいお願いなのは分かってる。でも、今の私にはもうあなたに頼るしかないの……!」
      ロベルタ「(主人公)さん、お願いっ!私を連れて一緒に逃げてっ。この世界の果ての、どこまでも……!」
      主人公「……、分かりました。理由はもう聞きません。とにかく、一緒に行きましょう。」
      主人公「それで、少し遠くまで行って落ち着いたら、改めてその先どうするか、ゆっくり考え……、」
      ロベルタ「……、ふふっ。」
      主人公「……?ロベルタさん?」
      ロベルタ「……みたいな感じで、運命的な恋を演出するの。」
      主人公「……へっ?と、いうことは……、ん? んん?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548155 2020/01/04 (土) 00:49 通報
      ロベルタ「もちろん、今のは演技よ。偽恋屋のことは、体験してもらった方が説明がはやいと思って……、」
      ロベルタ「紹介所のお姉さんには事前に説明してお願いしておいたの。」
      紹介所のお姉さん「ふふっ、楽しそうだったから、ノリノリでオッケーしちゃった!」
      紹介所のお姉さん「どう? 演技自然だったかしら?」
      ロベルタ「ええ。おかげで助かったわ。」
      ロベルタ「といっても、(主人公)くんは恋というより、本当に私のことを、心配してくれてた感じだったけどね。」
      主人公「び、びっくりしたぁ……。てっきり、ロベルタさんが本当に大変な状況なのかと思った……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548156 2020/01/04 (土) 00:50 通報
      メルク「私なんて、急展開につい見入ってしまい、口をはさむのも忘れていたのですよ……。」
      メルク「ですが、それはロベルタさんの演技が、すごかったからに他ならないなのです!」
      ロベルタ「ふふっ、そう言ってもらえるだけで、仕込んでおいたかいがあったわ。」
      主人公「本当にすごかったです。偽恋屋がどういうものなのかも、身をもって体験できましたし。」
      メルク「なのです!あれなら、今のようなシチュエーションが好きな人は、ハートを撃ち抜かれること間違いなしなのですよ!」
      ロベルタ「ありがと。よかったら、今度はメルクちゃんが依頼人として体験してみる?」
      メルク「みゅわわ、わ、私がなのです?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104548160 2020/01/04 (土) 00:50 通報
      ロベルタ「ええ。たとえ依頼人が瓶に入った可愛らしい女の子でも、私は最高の演出にしてみせるわよ?」
      メルク「みゅわわわわ……。」
      ロベルタ「あらあら、困らせちゃったかしら?」
      ロベルタ「ふふっ、心配はいらないわよ。私の恋はあくまで演出。」
      ロベルタ「だからこそ、依頼が終わる時だって、悲しい気持ちにさせず、笑顔のお別れにしてみせるから。」
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第二部 メインクエスト第一部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
ボスモンスター一覧
4 おすすめシード
5 パーティー相談 掲示板
6 モンスタースキル一覧
7 斬撃
8 突撃
9 属性ソウル
10 ★5
最近の更新

2時間まえ

20時間まえ

2020/01/25 (土) 13:29

2020/01/25 (土) 12:29

2020/01/25 (土) 11:40

2020/01/25 (土) 10:29

2020/01/25 (土) 10:25

2020/01/25 (土) 10:09

2020/01/25 (土) 09:18

2020/01/24 (金) 22:40

2020/01/24 (金) 22:30

2020/01/24 (金) 20:12

2020/01/24 (金) 14:35

2020/01/24 (金) 11:42

2020/01/24 (金) 11:30

2020/01/24 (金) 00:54

2020/01/23 (木) 22:02

2020/01/23 (木) 22:00

2020/01/23 (木) 20:23

2020/01/23 (木) 17:51

新規作成

2020/01/25 (土) 10:09

2020/01/16 (木) 00:44

2020/01/16 (木) 00:41

2020/01/16 (木) 00:36

2020/01/16 (木) 00:30

2020/01/13 (月) 14:05

2020/01/13 (月) 13:56

2020/01/13 (月) 13:50

2020/01/13 (月) 13:41

2020/01/13 (月) 13:29

注目記事
【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング ポケモン剣盾攻略wiki
【アークナイツ】最新リセマラ当たりランキング アークナイツ攻略wiki
【メダロットS】最新リセマラ当たりランキング メダロットS攻略まとめ
【ドカバト】5周年イベントの最新情報 ドッカンバトル攻略wiki
【パワプロ】アンドロメダ学園の野手デッキ編成 パワプロアプリ攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 13