「慈音の王女」リーハネフ

 
最終更新日時:

「慈音の王女」リーハネフ

出身 砂漠の国

年齢 17歳

性別 女

レアリティ ★4

属性 炎

成長タイプ 早熟

武器 層弓

武器種別 弓矢

同時攻撃数 2体

攻撃段数 2段


初期体力 2,020

最大体力 3,838

覚醒体力 6,088

移動速度 46

リーチ 145

DPS 2,257

覚醒DPS 3,611

初期攻撃力 3,160

最大攻撃力 6,004

覚醒攻撃力 9,604

攻撃間隔 2.66

タフネス 39

総合DPS 4,514

覚醒総合DPS 7,221


追加日 2020.07.17
シャペルルルの魔法絵本2020.07.17


属性補正
炎属性
  100%
水属性
  71%
風属性
  140%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
<紹介所>
リーハネフ「あの……。」
メルク「みゅ? どうしたのですよ?」
リーハネフ「私、道に迷ってしまって……。ここは一体、砂漠の国のどこかしら?」
主人公「ここは王国だけど……。」
リーハネフ王国!?」
リーハネフ「嘘よ!」
主人公「嘘じゃないぞ!?」
リーハネフ「冗談はやめて! 私がお兄様なしで王国なんて遠方に辿り着けるわけないもの!」
リーハネフ「こ……こんなの夢だわ。王宮を出てちょっと一人になりたいって気持ちが私にこんな夢を見せてるのね……!」
リーハネフ「はっ! そうよ、全部夢だったんだわ!」
リーハネフ「カゲキで危険な弟が突然現れたのも、カゲキで不敬な護衛がいるのも、全部……、夢! 目を覚ませば今まで通りの王宮生活!」
リーハネフ「ふふっ、分かってみたらそう慌てることではなかったわ……。突然取り乱してごめんなさい?」
メルク「だ、大丈夫なのですよ……?」
リーハネフ「大丈夫に見える!?」
リーハネフ「私、王女なの! イルハーレお兄様の妹なの!」
リーハネフ「それが、お兄様を連れ戻しに行った先でカゲキな男たちの喧嘩に挟まれて! おまけにお兄様以外みんな不敬だし!」
リーハネフ「ぞんざいよ! 私の扱いが!」
リーハネフ「うう~っ、そうよ! 私はみじめっ! かわいそうっ! あなた、何でこんなみじめなこと言わせるの!?」
リーハネフ「はっ、いいえ違う! 逆よ! 夢なんだから逆に大丈夫なんだわ! あ、危ない……。惑わされるところだった……。」
リーハネフ「あなた、何でそんなややこしいことを聞くの……? もしかして私を弄んでる……?」
リーハネフ「って、私は一体何を!? ダメ、落ち着かないと! 私は今冷静じゃないわ! おちおちおちつかなくちゃ……、すー、はー!」
主人公「ど、どうだ……?」
リーハネフ「お……落ち着いたわ!」
主人公(本当か……?)
リーハネフ「……私、何をやっていたのかしら。本当は知的でおしとやかな王女のはずなのに、取り乱してこんな醜態をさらして……!」
主人公(醜態をさらしている自覚はあったのか……)
リーハネフ「わ、私、本当はこんなじゃないもん。本当は知的でおしとやかだもん……。」
主人公「う、うん。」
リーハネフ「……もうやめましょう。こんな不毛なことを考え続けるのは……。」
主人公「突然もっともなことを言い出した……!」
リーハネフ「あなた、私を殴ってくれない?」
主人公「もっともじゃなかった!」
リーハネフ「ちょっと、どこ行くの!? お願いだから、夢なら夢だってはっきりさせて!」
リーハネフ「い、一回ぺちーんってやるだけでいいのよ!? どうして聞いてくれないの!?」
主人公「さっきから紹介所のお姉さんの視線がものすごく痛いからだよ!」
リーハネフ「そんなぁ!」
主人公「ショックを受けられても!」
リーハネフ「私……、何でこんなことしてるのかしら。王宮では侍女たちが何でも言うことを聞いてくれたのに……、」
リーハネフ「ぐずっ……。お、おねがいだからぁ……。」
メルク「みゅわーっ! お姉さんが騎士団の屯所に!」
主人公「俺はまだ何もやってません!」
リーハネフ「ぐすっ、ぐすっ……。王族のプライドをかなぐり捨てても一人じゃ何にも上手くいかない……。うぇぇ……。」
主人公「負の連鎖が止まらない! それに……、」
主人公(俺の冤罪はともかく、この子をずっと、こんな風に悲しませているのは……)
主人公「……落ち着いて、俺の頼みを聞いてくれないか。」
リーハネフ「頼み……?」
主人公「俺を殴ってくれ。」
メルク「主人公さーん!?」
リーハネフ「あなたを殴るなんて……、ダメよ! どうしてそんな馬鹿なことを!」
主人公「俺は、目の前の人をいたずらに傷つけるくらいなら俺がいたずらに傷つく方を選ぶ!」
メルク「そういえば主人公さんはそれなりに周りに流されやすいタイプ! 場の勢いに乗せられてしまったのですね!?」
リーハネフ「ほ、本当にいいの……?」
主人公「もちろんだ!」
リーハネフ「わ、分かったわ! それじゃあ、それじゃあ……っ!」
リーハネフ「たぁぁあああ!」
「ああああああ!?」
主人公「えぇーっ!?」
メルク「スカートの裾を踏んで転んだのですよ!?」
メルク「き、気合を入れた踏み込みが仇に……! 人を傷つけ慣れていないが故に起こった悲劇……、皮肉なのです。」
主人公「言ってる場合かよ!?」
主人公「だ、大丈夫か!? あっ! 大丈夫じゃなさそう! すっごい膝抱えてるからダメそう!」
リーハネフ「ゆ……、夢じゃ、なかった……。」
主人公「あっ、うん。」
リーハネフ「え……? 何で? 何で私、こんな目に遭ってるの……?」
リーハネフ「お兄様たちと離れ離れになって、外国に流れついて、よその国の民に醜態をさらしておまけに膝も痛いってどんな状況……?」
主人公「ダ、ダメだ! 冷静に自分を振り返るな!」
メルク「まずは手当てをしてゆっくり休むのです! 話はそれからなのですよ~!」

<場面転換>
リーハネフ「どう、分かった!? 私があなたたちと合流するまでに一体どれだけ苦労したのか!」
モルタザ「すげェなお前。何でそんな生き恥しかねえエピソードを包み隠さず話せるんだよ。」
ウリダ「哀れ。」
主人公「リーハネフ、今日は好きなだけ食べてくれ! 日頃の疲れは! 一切忘れて!」
メルク「今日は有志の方のセッションもあるのです! 素敵な音楽に耳を傾けて色んなことを忘れ去るのですよ~!」
メルク「ウリダさん、モルタザさん! リーハネフさんは心身共に疲れ果ててるのですよ! どうして労わってあげないのです!?」
ウリダ「こいつ、いつもこんな感じ。」
メルク「これがニュートラルなのです!?」
ウリダ「パシリ、お前の揚げパンちょうだい。」
リーハネフ「ちょっとウリダ、人のことパシリって呼ぶのは不敬でしょ!」
モルタザ「あいつもいつもこんなん。」
主人公「これもニュートラルなんですか!?」
モルタザ「おい、そこの皿取ってくれよ。」
リーハネフ「あなたも不敬よ! 私は王女なのよ!?」
モルタザ「お前そんな設定あったか?」
リーハネフ「設定じゃないわよ!」
主人公「と言いながら、ウリダの口元を拭きつつお皿をモルタザさんの前に……。」
メルク「涙が出るほどのわけへだてない優しさ! または体に染みついた苦労人根性なのです!」
モルタザ「いやー、オレは王族ってのはどいつもこいつも偉そうな奴ばっかだと思ってたが、お前見てるとそうでもねェんだなって感じるわ。」
ウリダ「こいつ、王族の格を見事なまでに感じさせない。おーさまとも、いなくていい妄想ブラコン王子とも色んな意味で似てない。」
リーハネフ「そ、そんなことないもん! ほら! 滲み出てるでしょ! 王族っぽい……、こう……、あれが!」
ウリダ&モルタザ「……?」
リーハネフ「何で黙るの!?」
ウリダ「特に言うことない。」
モルタザ「オレも。」
リーハネフ「ノーコメント!?」
リーハネフ「うっ……。わ……、分かってるもん。私はどうせ、お兄様ともハーメディとも似てないもん。少しも使い物にならないもん……。」
モルタザ「いや、王サマみてェなやつは一人でいいしあのブラコン王子みてェなのは一人もいなくていいっての。」
ウリダ「勝手にめそめそするな、パシリ。よーしよしよし。」
リーハネフ「優しい! あのウリダが私に優しい!」
ウリダ「うわ。チョロい。」
メルク「リーハネフさん! もっと自分を強く持つのですよ!」
心優しきミュージシャン「あそこの女の子に向けて、この曲でエールを贈ります。」
主人公「リーハネフの苦しみが人を動かした!」
「~♪」
リーハネフ「あら……。素敵な曲。」
心優しきミュージシャン「君の心の慰めになればと思って……。」
リーハネフ「ありがとう! 王宮にいた頃は、私も竪琴を弾いていたのだけど何だか久しぶりに弾きたくなっちゃった。」
心優しきミュージシャン「なら、僕たちのハープを貸そうか? 歌ったり演奏したりするのは、ストレス発散にもなるしね!」
リーハネフ「そ、それじゃあ……。」
リーハネフ「~♪」
主人公「おぉ……。」
メルク「みゅわ~……!」
リーハネフ「……どう? あまり自信がないのだけれど……。」
メルク「そんなことないのですよ! とても上手だったのです!」
リーハネフ「えっ! そ、そんなに?」
主人公「本当だって。俺たちがリーハネフを励まそうとしたのに、何だか俺たちの方が癒してもらった気がするよ。」
メルク「ありがとうございます、なのですよ!」
リーハネフ「えっ……。」
リーハネフ「……わ、私なんかでもあなたたちの支えになれたかしら……?」
主人公「ああ!」
リーハネフ「……。」
リーハネフ(お兄様の理解者にもなれない私でも、もっともっと頑張ればいつかはお兄様のお力に……)
リーハネフ「……そうなら、いいなぁ。」
ウリダ&モルタザ「……。」
ウリダ「あいつ、こういう時だけれっきとした王女に見える。謎。」
モルタザ「マジでもったいねェよなァ。ああして笑ってりゃ、悪いとこなんか一つもねェってのによ。」

備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(0)

コメント

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (7コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第二部 メインクエスト第一部 裏クエスト 国別イベント(特別篇) 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
シャペルルルの魔法絵本2021.04.09
雑談 掲示板
パーティー相談 掲示板
4 おすすめリセマラランキング
5 質問 掲示板
6 終了イベント一覧
7 すすめ方
8 ボスモンスター一覧
9 おすすめシード
10 「冬惹の伝達翅」ウィンテッル
最近の更新

2時間まえ

17時間まえ

18時間まえ

2021/04/15 (木) 17:03

2021/04/15 (木) 12:38

2021/04/15 (木) 01:57

2021/04/15 (木) 00:20

2021/04/15 (木) 00:18

2021/04/14 (水) 23:21

2021/04/14 (水) 21:27

2021/04/14 (水) 21:10

2021/04/14 (水) 20:49

2021/04/14 (水) 00:37

2021/04/13 (火) 23:03

2021/04/13 (火) 22:03

2021/04/13 (火) 21:19

新規作成

2021/04/12 (月) 23:42

2021/04/12 (月) 23:26

2021/04/12 (月) 23:16

2021/04/12 (月) 23:13

2021/04/11 (日) 16:24

2021/04/11 (日) 15:42

2021/04/09 (金) 14:17

2021/04/09 (金) 14:06

2021/04/09 (金) 14:01

2021/04/09 (金) 00:17

注目記事
【ウマ娘】春のG1記念ミッション第1弾の攻略 ウマ娘プリティーダービー攻略Wiki
【ウマ娘】最強サポートカードランキング ウマ娘プリティーダービー攻略Wiki
【モンハンライズ】護石ガチャの当たりとおすすめマカ錬金 モンハンライズ攻略Wiki
【モンハンライズ】最強装備まとめ|クリア後おすすめ武器と防具 モンハンライズ攻略Wiki
【Among us】新マップTheAirship(エアーシップ)の解説 Among Us(アマングアス)攻略Wiki
ページ編集 トップへ
コメント 0