「散り揺る苞片」ブーゲリア_include

 
最終更新日時:
属性補正
炎属性
  100%
水属性
  54%
風属性
  185%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
主人公「おかしい……、この木をさっきも見た気がする。」
メルク「みゅー……、完全に迷ってしまったのです。どうするのですよ、このままだといつまでもこの森から抜け出せないのです。」
主人公「だ、だれか……、だれか通りかかってくれたら……!」
主人公「……なんてそんな都合のいいことはないよな。」
~♪
メルク「みゅ? 主人公さん、なにか聞こえるのです! 人の声みたいなのですよ!」
主人公「……これ、歌か?」
メルク「行ってみるのですよ!」

ブーゲリア「~♪」
メルク「……不思議な歌なのですよ。」
ブーゲリア「……、」
メルク「みゅっ、邪魔をしてしまって申し訳ないのです!」
主人公「あの、俺たちは……、」
ブーゲリア「今のは、緑精の歌です。私は妹弟子に教えてもらっただけなので、この耳で聞いたことはないのですが。」
ブーゲリア「ついてきてください。」
主人公「えっ?」
ブーゲリア「迷っているのでしょう。森の外まで案内します。」

メルク「さっきはブーゲリアさんのおかげで助かったのですよ~!」
主人公「その上、仲間にまでなってくれたし……。ありがたやありがたや。」
ブーゲリア「主人公、あなたは目が悪かったのですか。森で迷っていた理由に得心がいきました。」
主人公「い、いきなりどうしてそんな結論に……。」
ブーゲリア「私は木ではありません。」
主人公「そ、それは見ればわかりますけど……。あと、俺の目は別に悪くないです。」
ブーゲリア「……? それならばなぜ私に感謝を?」
メルク「森から出る案内をしてくれたのと、仲間になってくれたお礼だったのですよ!」
ブーゲリア「ああ、そうでしたか。うっかりしました。」
ブーゲリア「しかし、礼には及びません。王国に詳しい人の手を借りたいと思っていたので、ちょうどよかったのです。」
メルク「そうだったのです?」
ブーゲリア「ええ、この村にもつい昨日ついたばかりですから。」
主人公「えっ! 迷いなく森を歩いてたから、てっきりこのあたりに住んでる人なのかと……。」
ブーゲリア「ヘザーほどではありませんが、私も記憶することには長けているつもりです。幼い頃から祭司になるための修行を受けてきましたから。」
ブーゲリア「ああ、ヘザーというのは私の妹弟子のひとりです。2年ほど前に祭司となりました。」
主人公「祭司?」
メルク「たしか、植物の国にそういう職業の人がいると聞いたことがあるような……。」
メルク「でも詳しくは知らないのです。どういうものなのですよ?」
ブーゲリア「緑精の歌に耳を澄ませ、口ずさみ、力を借りる者のことです。」
メルク「もしかして、あの森で歌っていたのはその歌なのです?」
ブーゲリア「ええ。しかし、私には緑精の存在を感じることしかできませんからヘザーに教えてもらったのです。」
主人公「そういえばそんなことを言ってましたね……。」
メルク「では、ブーゲリアさんが旅に出たのはその祭司になるための修行の一環か何かなのですよ?」
ブーゲリア「いえ、私はもう祭司になるつもりはないのです。もともと自ら望んで修行を始めたわけでもなく、どれだけ修行を積んでもなれないでしょうから。」
メルク「みゅ、そんなになるのが大変なものなのですね……!」
ブーゲリア「祭司になるのはまず、口伝で伝えられてきた幾多の歌を覚えなくてはなりません。すべてを完璧に覚えきるには早くても20年ほどかかります。」
ブーゲリア「そして、それらを覚えられたとしても、祭司になれるとは限りません。私やシルビアのように。」
メルク「シルビアさん?」
ブーゲリア「もう一人の妹弟子です。私には、2人の妹弟子がいるのです。」
メルク「そうなのですね~……。では、なんのために旅をしてるのです?」
ブーゲリア「シルビアを探しているのです。」
主人公「もうひとりの妹弟子っていう……?」
ブーゲリア「ええ。いつのまにか書置きを残して修行の旅に出ていたので、追いかけてきたのです。」
ブーゲリア「祭司になるために熱心な子なのですが、少し心配なところがありますから。」
メルク「そうだったのですね~。森で助けてくれたことといい、ブーゲリアさんはクールな見かけによらず面倒見がよくて優しいのですよ~。」
ブーゲリア「……? 私は熱の通う生き物ですが。」
メルク「そ、それは見ればわかるのです……。」
主人公「ええと、冷たそうな性格に見えるってことです!」
ブーゲリア「ああ、そうでしたか。うっかりしました。でも、私は情熱的な人間ですよ。」
主人公「そ、そうですよね。」
ブーゲリア「だから祭司になれないのです。」
主人公「え?」

ブーゲリア「(……そう、歌を覚えただけでは祭司たりえない)」
ブーゲリア「(シルビア……、あなたがヘザーに執心しているうちは資格を得ることはないでしょう)」
ブーゲリア「(その執心ゆえに祭司となりたいあなたには、酷なことですが)」
ブーゲリア「(……私にはいまだにわかりません)」
ブーゲリア「(12年前、あなたの涙に心揺れて、森に呼ばれたヘザーを引き止めたこと。そして我が師のもとへつれていったこと)」
ブーゲリア「(あの選択が、果たして正しいことだったのかどうか……)」

備考
「空劫の祭司」ヘザー「執心の棘姫」シルビアの兄弟子

レアメダル「昔日のブーゲリア」ver.


コメント(0)
Twitter

コメント

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

ストーリークエスト 裏ステージ 歴代イベント(2周目) 歴代イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
「咲き綻ぶ王花」ファルゥン
4 新着ユニット一覧
5 「激越なる鋸歯」ビアルドル
6 「凛花なる護刃」アーデ
7 ★5
8 すすめ方
9 ダイヤ限定★5&★4スカウトフェス2018.05.18
10 ギルドバトル
goodランキング
ユニット枠を増やして欲しい→グー 80
増やす為に…買ってもいい 45
キアンの進化を見て衝動で作ってしまった 27
4 買うなら1枠あたり…石1個なら買う 21
5 買わない 19
6 さっさと切った方がいい。癌は放置しても百害.. 16
7 石5個でも買う 15
8 こっそり便乗させていただきますミシェーラや.. 14
9 ずるくないですかって初期はそもそも半減期な.. 13
10 トトの呼び鈴をクエスト画面の左上から使える.. 11
もっと見る
最近の更新

1時間まえ

8時間まえ

10時間まえ

11時間まえ

12時間まえ

13時間まえ

14時間まえ

17時間まえ

19時間まえ

新規作成

2018/05/18 (金) 16:01

2018/05/18 (金) 15:43

2018/05/18 (金) 15:39

2018/05/16 (水) 16:12

2018/05/16 (水) 15:36

2018/05/16 (水) 15:32

2018/05/16 (水) 15:29

2018/05/16 (水) 15:25

2018/05/16 (水) 15:21

2018/05/10 (木) 15:21

注目記事
コトダマン リセマラ当たりランキング 共闘ことばRPG コトダマン
Sdorica(スドリカ) リセマラ当たりランキング Sdorica sunset
NEWSに恋して 攻略ルート NEWSに恋して
謀りの姫 リセマラ当たりランキング たばひめ攻略wiki
ドッカンバトル LRバーダックの評価 ドッカンバトル攻略Wiki
ページ編集 トップへ