「昔日を想う者」アスター

(11)  
最終更新日時:
0

「昔日を想う者」アスター

出身 西部の国

レアリティ ★4

属性 光

成長タイプ 早熟

武器 双剣

武器種別 斬撃

同時攻撃数 2体

攻撃段数 


初期体力 2,500

最大体力 4,750

覚醒体力 7,600

移動速度 59

リーチ 20

DPS 2,111

覚醒DPS 3,378

初期攻撃力 2,500

最大攻撃力 4,750

覚醒攻撃力 7,600

攻撃間隔 2.25

タフネス 61

総合DPS 4,222

覚醒総合DPS 6,756


進化 
進化前:「昔日を追う者」アスター


追加日 2016.06.11
6月進化解放2016


属性補正
炎属性
  90%
水属性
  90%
風属性
  90%
光属性
  100%
闇属性
  140%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
主人公「アスターさん、
    ロカの町ではいろいろありましたけど……、
    これからよろしくお願いしますね。」
アスター「ああ、こちらこそ世話になる。」
主人公「あれ?
    なんだかロカの町で会った時と
    ちょっと雰囲気かわりました……?」
主人公「って、
    そんなに話したこともない俺が言うのもなんですけど。」
アスター「いや、よく言われる。
     俺自身ではよくわからないんだが、
     少し柔らかくなったとか、自信がついたとか……。」
アスター「心当たりはあるから……、
     まあ間違ってはいないんだろうな。」
主人公「……ええと、
    聞いていいのかわからないんですけど、
    もしかして、ガルディさん絡みですか?」
アスター「そう……、だな。
     これから共に旅をする相手だからな、
     俺のことをある程度話しておこう。」
アスター「それに……、
     君たちはしばらくの間、
     あの人と旅をしていたそうだから。」
―――――――――時間経過―――――――――
主人公「なるほど……、
    そういういきさつで、
    あの時はガルディさんを追いかけてたんですね。」
アスター「ああ……、今思えば、
     あの人を追いかけて家を出た理由のひとつは、
     やはり妹から逃げたかったからなのかもしれない。」
主人公「それで……、
    ロカの町を出て家に帰ったんですよね。」
アスター「そうだな……、1年ぶりに会ったカルティナは
     思ったよりもずっと成長していて……、
     ますます美しい金の髪が伸びていた。」
アスター「父は1年間もこんなかわいい妹を見なかったなんて
     もったいないことをしたなと笑って……、」
アスター「だが俺が不在の間、あの子がどれだけ俺を心配していたか
     あのペンダントのために旅に出たことに
     どれだけ心を痛めていたかを教えてくれた。」
アスター「そしてそれが本当のことであるということは
     疑いようもなかった。」
アスター「気安い触れ合いにさえも遠慮がちだったあの子が、
     泣きながら俺に抱きついてきた衝撃は、
     たぶん、この先ずっと忘れられないだろう。」
アスター「……その夜、俺たちは、
     互いに言えずにいたたくさんのことを打ち明けあった。」
主人公「……それが、
    アスターさんの雰囲気が変わった原因なんですね。」
アスター「自分では、そう思っている。」
アスター「過程はどうあれ、あの人がペンダントを奪って、
     俺に妹のことを教えてくれなければ、
     今でもどこかぎこちないままだったかもしれない。」
主人公「その、ガルディさんは……、」
アスター「わかっている。
     おそらくあの人は……、本当は金自体はどうでもいいんだ。」
アスター「そうかもしれないとわかったから……、
     俺は、あの人をもう1度追いかけることにした。
     それで、君たちの仲間に入れてもらっということだ。」
主人公「そうだったんですね。
    ……いろいろ込み入ったことまで聞いちゃってすみません。」
アスター「いや、気にするな。
     俺にも少し……、
     誰かに話を聞いてもらいたかったのかもしれない。」
アスター「(だが……、
     家へ帰る途中で偶然見つけた、あの古びた手配書。
     あのことだけは、いまだに誰にも言えないでいる)」
アスター「(10年も前の探し人……、
     その名はカルティナ・コルヴィオ。
     そして、その手配書を出した者の名は……)」
アスター「(どうすればいいのか、いまだに答えはでない。
     真実を知らせることは、真実を突き付けることは、
     今更どうしようもない過去できっと2人を苦しめるだろう)」
アスター「(俺は最低な男だ。
     あの人から妹を奪っておきながら、
     あの人の思いに気づかずにいながら)」
アスター「(それでも……、あの人が
     おそらく望んでいるように放っておくことができない)」
アスター「(会って、どうしればいいのかもわからないのに、
     こうして追いかけている。
     それがひどいことだと知っていながら俺は……)」
アスター「(またあの人を兄と呼びたいのだ。
     あの人に誰かと笑っていてほしいのだ)」
アスター「(剣の稽古でこてんぱんにのされた俺に
     あの人が手を差し伸べてくれたあの頃……、
     カルティナや俺と過ごした、あの昔日のように)」

備考


入手方法


【注目ユニット】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧

【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1

【属性別】
/ / / /

【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復

【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 攻撃段数が空欄になっているものは「1段」です (編集者へ:1段の場合は無記入でお願いします)
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります (特に属性補正値)
※ ストーリー提供等はネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。

コメント(11)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.99373693 2017/01/23 (月) 23:42 通報
    深いなぁ…
    もう3人兄妹でいいよ(。´Д⊂)
    3
  • さすらいの癒術師さん No.96603009 2016/06/14 (火) 11:07 通報
    ストーリーです
    返信数 (9)
    3
    • × さすらいの癒術師さん No.96603013 2016/06/14 (火) 11:07 通報
      主人公「アスターさん、
          ロカの町ではいろいろありましたけど……、
          これからよろしくお願いしますね。」
      アスター「ああ、こちらこそ世話になる。」
      主人公「あれ?
          なんだかロカの町で会った時と
          ちょっと雰囲気かわりました……?」
      主人公「って、
          そんなに話したこともない俺が言うのもなんですけど。」
      アスター「いや、よく言われる。
           俺自身ではよくわからないんだが、
           少し柔らかくなったとか、自信がついたとか……。」
      アスター「心当たりはあるから……、
           まあ間違ってはいないんだろうな。」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.96603018 2016/06/14 (火) 11:08 通報
        主人公「……ええと、
            聞いていいのかわからないんですけど、
            もしかして、ガルディさん絡みですか?」
        アスター「そう……、だな。
             これから共に旅をする相手だからな、
             俺のことをある程度話しておこう。」
        アスター「それに……、
             君たちはしばらくの間、
             あの人と旅をしていたそうだから。」
           時間経過
        主人公「なるほど……、
            そういういきさつで、
            あの時はガルディさんを追いかけてたんですね。」
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.96603020 2016/06/14 (火) 11:08 通報
      アスター「ああ……、今思えば、
           あの人を追いかけて家を出た理由のひとつは、
           やはり妹から逃げたかったからなのかもしれない。」
      主人公「それで……、
          ロカの町を出て家に帰ったんですよね。」
      アスター「そうだな……、1年ぶりに会ったカルティナは
           思ったよりもずっと成長していて……、
           ますます美しい金の髪が伸びていた。」
      アスター「父は1年間もこんなかわいい妹を見なかったなんて
           もったいないことをしたなと笑って……、」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.96603023 2016/06/14 (火) 11:09 通報
        アスター「だが俺が不在の間、あの子がどれだけ俺を心配していたか
             あのペンダントのために旅に出たことに
             どれだけ心を痛めていたかを教えてくれた。」
        アスター「そしてそれが本当のことであるということは
             疑いようもなかった。」
        アスター「気安い触れ合いにさえも遠慮がちだったあの子が、
             泣きながら俺に抱きついてきた衝撃は、
             たぶん、この先ずっと忘れられないだろう。」
        アスター「……その夜、俺たちは、
             互いに言えずにいたたくさんのことを打ち明けあった。」
        主人公「……それが、
            アスターさんの雰囲気が変わった原因なんですね。」
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.96603025 2016/06/14 (火) 11:09 通報
      アスター「自分では、そう思っている。」
      アスター「過程はどうあれ、あの人がペンダントを奪って、
           俺に妹のことを教えてくれなければ、
           今でもどこかぎこちないままだったかもしれない。」
      主人公「その、ガルディさんは……、」
      アスター「わかっている。
           おそらくあの人は……、本当は金自体はどうでもいいんだ。」
      アスター「そうかもしれないとわかったから……、
           俺は、あの人をもう1度追いかけることにした。
           それで、君たちの仲間に入れてもらっということだ。」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.96603027 2016/06/14 (火) 11:09 通報
        主人公「そうだったんですね。
            ……いろいろ込み入ったことまで聞いちゃってすみません。」
        アスター「いや、気にするな。
             俺にも少し……、
             誰かに話を聞いてもらいたかったのかもしれない。」
        アスター「(だが……、
             家へ帰る途中で偶然見つけた、あの古びた手配書。
             あのことだけは、いまだに誰にも言えないでいる)」
        アスター「(10年も前の探し人……、
             その名はカルティナ・コルヴィオ。
             そして、その手配書を出した者の名は……)」
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.96603029 2016/06/14 (火) 11:10 通報
      アスター「(どうすればいいのか、いまだに答えはでない。
           真実を知らせることは、真実を突き付けることは、
           今更どうしようもない過去できっと2人を苦しめるだろう)」
      アスター「(俺は最低な男だ。
           あの人から妹を奪っておきながら、
           あの人の思いに気づかずにいながら)」
      アスター「(それでも……、あの人が
           おそらく望んでいるように放っておくことができない)」
      アスター「(会って、どうしればいいのかもわからないのに、
           こうして追いかけている。
           それがひどいことだと知っていながら俺は……)」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.96603033 2016/06/14 (火) 11:10 通報
        アスター「(またあの人を兄と呼びたいのだ。
             あの人に誰かと笑っていてほしいのだ)」
        アスター「(剣の稽古でこてんぱんにのされた俺に
             あの人が手を差し伸べてくれたあの頃……、
             カルティナや俺と過ごした、あの昔日のように)」
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.96603036 2016/06/14 (火) 11:11 通報
      おしまいです。
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

新着情報

イベント情報


終了イベント一覧

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ランキング・人気投票

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別 ※相関図はこちら (9)
出身一覧

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (5)

クエスト攻略

ストーリークエスト 裏ステージ 歴代イベント(2周目) 歴代イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他TIPS

要望・連絡

編集者向け

ページ編集講座 編集テンプレート

外部リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
メルスト リセマラ手順とおすすめユニット
4 ★5
5 新着ユニット一覧
6 パーティー相談 掲示板
7 「彗星の光跡」アイザック
8 リセマラ相談専用掲示板
9 トップページ
10 ★4
goodランキング
初心者に優しくする ↓序盤でやめるユーザー.. 54
1.25%舐めてる? 36
Sレートと上位の人達で歴然とした力の差があ.. 32
4 一番上の枝のID:7F13CE129Fの人、下の木のハ.. 29
5 いや、600連して星5ゼロだったら確率的に自分.. 29
6 上から目線の鼻息荒いのがたくさんいるなぁ 28
7 なんか…「中学の数学って方程式も証明もあっ.. 25
8 進化応援イベント結構しょっちゅうあるんです.. 20
9 ほんと。別に強いからって偉いとかではないの.. 19
10 今日ウィークと降臨前が重なって祈りが凄いこ.. 19
もっと見る
最近の更新

1時間まえ

4時間まえ

6時間まえ

8時間まえ

11時間まえ

13時間まえ

14時間まえ

15時間まえ

17時間まえ

18時間まえ

19時間まえ

新規作成

2017/07/21 (金) 15:18

2017/07/19 (水) 12:50

2017/07/19 (水) 12:35

2017/07/18 (火) 16:33

2017/07/18 (火) 15:42

2017/07/18 (火) 15:26

2017/07/18 (火) 15:18

2017/07/12 (水) 15:33

2017/07/11 (火) 16:13

2017/07/07 (金) 15:25

Wikiランキング
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
4 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
5 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
6 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
7 DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
8 ハンターハンター バトルオールスターズ攻略まとめWiki【HHBAS】
9 消滅都市2 攻略まとめWiki
10 CHUNITHM【チュウニズム】攻略wiki
注目記事
白猫 3周年 まとめ 白猫プロジェクト
マギレコ 配信日情報 マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 
スママジ リセマラ スマッシュ&マジック
パワプロ 浴衣八尺巫女子 評価 パワプロアプリ
ミリシタ お仕事 パフェコミュ選択肢 アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
デレステ イベント Kawaii make MY day! アイマス シンデレラガールズ スターライトステージ
オレコレクション リセマラランキング 週刊少年ジャンプ オレコレクション!
ドッカンバトル 2億DLリーク情報 ドラゴンボールZドッカンバトル
ミラクルニキ ミラクルナイト ミラクルニキ
モンスト LINE掲示板 モンスト
『カムライトライブ』事前登録受付中! 神式一閃 カムライトライブ
ページ編集 トップへ