「暗夜の琥珀姫」ファジュル

(5)  
最終更新日時:

「暗夜の琥珀姫」ファジュル

出身 砂漠の国

年齢 19歳

性別 女

レアリティ ★5

属性 闇

成長タイプ 早熟

武器 2丁拳銃

武器種別 銃弾

同時攻撃数 2体

攻撃段数 3段


初期体力 2,312

最大体力 4,392

覚醒体力 6,642

移動速度 56

リーチ 170

DPS 3,175

覚醒DPS 4,803

初期攻撃力 4,312

最大攻撃力 8,192

覚醒攻撃力 12,392

攻撃間隔 2.58

タフネス 39

総合DPS 6,350

覚醒総合DPS 9,606


追加日 2017.10.07
ダイヤ限定★5&★4スカウトフェス2017.10.7


属性補正
炎属性
  90%
水属性
  90%
風属性
  90%
光属性
  145%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
ファジュル「ねえ、きみ。さっきから、そんなところでなにをしているの。」
ファジュル「おいでよ。ほら、暗がりに隠れていないで。」
主人公「気づいていたのか、ファジュル。べつに隠れてるつもりはなかったんだけどさ、踊りに集中してるみたいだったから、声をかけづらくて。」
ファジュル「ああ、そうだったの。どうやら、わたしの配慮が足りなかったようだ。」
ファジュル「もしかして、興味でもあるの?せっかくだから、わたしが指導してあげようか。」
主人公「えっ、いや、踊りたいわけじゃなくて……。ただ、ファジュルの舞踊が新鮮だったから。いつも目にするのは戦うところばかりだったし。」
ファジュル「わたしの住んでいたところでは、舞い踊ることで婚礼の儀や豊穣を祝う習慣がある。」
主人公「そうなのか。大胆不敵に戦っているすがたとは打って変わって、踊っているときは、なんというか、艶やかだよな。」
主人公「身のこなしはしなやかだし、月明かりを浴びて輝く宝石の飾りも琥珀色の瞳も、つい目を奪われるような光景だった。」
ファジュル「母上に教わったおかげだな。母上は女性の美を表現する力だとも言っていた。しかし見てのとおり、やや扇情的なところがあるだろ。」
ファジュル「だからわたしは、ときおりこうして、ひとけのないところでひっそり踊っているの。」
ファジュル「ああ、そうだ。きみも踊ってみない?」
主人公「えっ?」
ファジュル「舞踊は肉体の軸となる体幹を鍛えられる。体幹が安定していれば、動作も自然と効率的になる。」
ファジュル「きみも鍛えておいて損はないだろ。ほら、逃げだすときとか。」
主人公「な、なるほど……?」
主人公「いや、事実とはいえその前提は釈然としないんだけど!?」
ファジュル「男性の踊り手も珍しくはない。遠慮していないで、こちらにおいでよ。」
主人公「わっ!?お、おいっ、いきなり引っ張るなって!?」
ファジュル「恥ずかしがらないで。呼吸が乱れていると、筋肉も張りつめてしまうから。」
主人公「そうは言っても、踊りなんてろくにやったことないし。ファジュルみたいにうまくできるはずないだろっ。」
ファジュル「わたしの口ずさむ旋律に合わせて、ほら。こわばりをほぐすように、ゆっくりと踊ろう。転びそうになったら、わたしが支えてあげる。」

(暗転)

ファジュル「さっきよりも動きに無駄がなくなってきた。そうやって、ひとつひとつ体で覚えていけばいい。」
ファジュル「それにしても、やっぱりきみは男性なんだね。こうして触れていると、わたしとはまるでべつもの。」
ファジュル「数年後は、どうなっているだろう。こんどはわたしがエスコートされる立場かもしれない。」
ファジュル「ファジュルにはいつも頼りっぱなしだからな。正直なところ、あんまり想像がつかないというか。」
ファジュル「そんなことはない。この肉体はもう女性としての成熟を待つばかりだけれど、きみは年を経るごとに精悍なものへと成長していくはず。」
ファジュル「わたしも男児として生まれていたら、そんなふうに成長することができていたんだろうね。」
主人公「……。」
ファジュル「ああ、女性であることに抵抗はないよ。ただやっぱり制約はついてまわるから。」
ファジュル「ねえ、知っている?王位継承権は男児にのみ与えられるの。わたしの国では、王女が王位に就くことは適わない。」
主人公「話には聞いたことがあるけど……。その、ファジュルは王さまになりたかったのか?」
ファジュル「王位に興味はないよ。ただ、わたしの父上は違ったみたい。」
ファジュル「父上は若いころに王位を巡って争い、そして敗れ去った。王の温情により継承権は剥奪されなかったというけれど。」
ファジュル「もしも、わたしが男性だったなら、父上の代わりに夢を叶えることもできたのかなって。」
ファジュル「さっき、女性であることに抵抗はないと言ったけど、そこは、わたしのなかでうまく整理できなくて。わたしにも、その資格があることを実力で示そうとした。」
ファジュル「知恵と人徳には、それなりの自信があった。だから、鍛錬を重ねて武芸に磨きをかけた。大の男を片手で組みふせられるほどの力を手に入れられた。」
ファジュル「その力とこの瞳があれば、どれほど暗い夜のとばりに遮られようとも、わたしに撃ち抜けない獲物はいなかった。」
ファジュル「けれど、いくら王としての器量を示したところで、継承権が与えられるわけでもない。」
ファジュル「そのうえ体はどんどん女性らしくなっていくものだから。幼子が親を追うかのどとく、叶わぬ夢に奔走した日々の果てに気づけばこうして、中身だけは男勝りな王女になっていた。」
主人公「ファジュル……。」
ファジュル「ほら、きみもわかるだろ?どれだけ鍛えようとわたしの体はどこか丸く、柔らかい。」
ファジュル「わたしは、ただ夢だけを瞳に映すことで、そうした本当のことから目をそらしてきた。」
ファジュル「そして、それができなくなった瞬間に、追いかけてきた夢は砂のように散り消え、わたしの目的が蜃気楼でしかなかったことに気づいたんだ。」
主人公「……。」
ファジュル「主人公。わたしがきみと旅をしようと思ったのは、その砂をまた集めたかったからだよ。」
主人公「夢の欠片を?」
ファジュル「そう。でもこんどは追いかけるためじゃない。自分を見つめなおしたかったんだ。」
ファジュル「わたしのこれまで生きた軌跡の意味、砕け散った砂粒でなにを作ることができるのか。夢の跡から旅立てば、それもわかると思った。」
主人公「そうか……。」
ファジュル「おっと、足が止まっているよ。」
主人公「あ、ああ、ごめん。」
ファジュル「大丈夫。わたしがちゃんと手を引いていてあげるから。」
主人公「……。」
主人公「そのさ、もし俺がいつか、ファジュルみたいにエスコートできるようになったとして。それはファジュルがこうして教えてくれたからだ。」
主人公「俺がこうして踊りを楽しむことができるのも、ファジュルがいつも戦って守ってくれてるからだ。」
主人公「だからその……、」
主人公「うまく言えないけど、俺たちの仲間になってくれてありがとう。」
ファジュル「……。」
主人公「俺になにが返せるかわからないけど、ファジュルが新しい目的を見つける手助けを、なにかできたらいいなって思って……、」
主人公「うわっ!?」
ファジュル「っと、大丈夫?」
主人公「わ、悪い。話すのに気を取られて、つい足がもつれたみたいだ。エスコートできる日が来るのはかなり先だな……。」
ファジュル「ああ。きみにはまだまだ、助けが必要そうだ。体のことでは。」
ファジュル「でも、中身のことでは。すでにわたしより頼れる存在になっていたのかもしれないな。」
ファジュル「きみはきっと、砂を固める雨粒。こんなふうに自分のことを素直に話せたのは、相手がきみだからだ。」

備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(5)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.101343595 2017/10/11 (水) 18:56 通報
    絵がなぁ…もうちょい振り切って欲しかった
    ユニストに忠実に描こうとして制約多すぎたか
    3
  • さすらいの癒術師さん No.101326901 2017/10/08 (日) 11:33 通報
    早熟であまり評価されてない?
    返信数 (3)
    1
    • × さすらいの癒術師さん No.101327232 2017/10/08 (日) 13:06 通報
      闇ならティーゼやヴェロニカが既に居るから、銃パ使いのニーズ的な需要はあんまりないよ。強いことは確かだけど
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.101327530 2017/10/08 (日) 14:24 通報
      今時成長タイプ気にしてる人いるの?
      3
    • × さすらいの癒術師さん No.101328201 2017/10/08 (日) 17:17 通報
      エアプ乙
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wikiまとめ

イベント最新情報



▼過去のイベント

よく見られる記事


初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別 ※相関図はこちら (11)
出身一覧

ユニットランキング

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6)

クエスト攻略

ストーリークエスト 裏ステージ 歴代イベント(2周目) 歴代イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトルについて

その他攻略記事・読み物

要望・連絡

編集者向け

ページ編集講座 編集テンプレート

公式・Lobiリンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
★5
4 おすすめシード
5 おすすめリセマラランキング
6 新着ユニット一覧
7 ゾンビ化可能ユニット一覧
8 「彩恋狩る投擲」レウェナ
9 メルスト リセマラ手順とおすすめユニット
10 暴走モンスターイベント攻略
goodランキング
すいませんお見苦しい所をどこから抜け出して.. 45
レイド段階踏まず一気に神修正でワロタ 35
神修正があったばかりだというのに、もう次が.. 22
4 逆にそこまでやったら面白みがなくなるからこ.. 21
5 こういう受け身じゃなくて、「こうすれば面白.. 16
6 残念だけどメルストを楽しめる才能が無いのか.. 14
7 お前らが冷戦繰り返して売り上げ上がらないか.. 14
8 _人人人人人人人_> ニャージー < ̄Y^Y^.. 10
9 ヨルノロンドのぬいぐるみ感が好きです。 10
10 ヴォイシアです。ストーリーを読んでいて、初.. 8
もっと見る
最近の更新

41分まえ

43分まえ

50分まえ

58分まえ

59分まえ

1時間まえ

2時間まえ

新規作成

7時間まえ

8時間まえ

2018/02/17 (土) 20:52

2018/02/16 (金) 15:38

2018/02/16 (金) 15:37

2018/02/16 (金) 15:33

2018/02/16 (金) 15:27

2018/02/16 (金) 15:21

2018/02/16 (金) 15:10

注目記事
モンハンワールド 上位装備 モンスターハンターワールド
ドッカンバトル 覚醒メダル ドラゴンボールZドッカンバトル
プリコネ リセマラ プリコネリダイブ
魔界ウォーズ リセマラ 魔界ウォーズ
白猫 クラスチェンジ 白猫プロジェクト
ページ編集 トップへ