「溢れる純楽」ジャルキィ

(19コメント)  
最終更新日時:

「溢れる純楽」ジャルキィ

出身 雪の国

年齢 25歳

性別 女

レアリティ ★4

属性 炎

成長タイプ 平均

武器 改造二輪

武器種別 突撃

同時攻撃数 3体

攻撃段数 


初期体力 2,380

最大体力 4,760

覚醒体力 7,760

移動速度 74

リーチ 25

DPS 

覚醒DPS 2,797

初期攻撃力 2,360

最大攻撃力 4,720

覚醒攻撃力 7,720

攻撃間隔 2.76

タフネス 42

総合DPS 

覚醒総合DPS 8,391


追加日 2019.06.30
7月新ユニット追加フェス2019


属性補正
炎属性
  100%
水属性
  69%
風属性
  145%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
ジャルキィ「ユキユキユ~キ、ユッキユキ~♪」
ニックス「ユッキユキ~♪」
ジャルキィ「リージュ。そこのドライバー取ってくれ。」
リージュ「はいはーいっと。」
ニックス「リージュさんもやらない? 楽しいよ!」
リージュ「絶対にお断り。」
主人公「あ、ここにいたんですね。ホイールを引っ張り出して、何を……、」
ニックス&ジャルキィ「ん?」
主人公「うわっ、真っ黒!」
メルク「な、何をしていたのです?」
ジャルキィ「なーんだ。」
主人公「あれ、なぞなぞ!?」
ニックス「はいはーい! ぼくわかったよ!」
リージュ「そりゃわかるでしょうよ……。」
ジャルキィ「よし、言ってみろ!」
ニックス「ズバリ、ホイールの整備!」
ジャルキィ「大正解だ! 景品に抱えてグルグルしてやろう! 来い!」
ニックス「わあーい!」
主人公「……また置いて行かれた。」
リージュ「ついていける人のほうが少ないから安心しなって。あ、メルク。この雑誌の香水店って知ってる?」
メルク「みゅ。何度か通り過ぎたことがあるのですよ。」
リージュ「マジ!? じゃあ今度案内してよ!」
主人公「自由だなー、3番隊……。」
主人公「と、というか、ホイールって勝手にいじっていいものなんですか? ちゃんとした知識がないと危ないんじゃ……、」
ジャルキィ「ふっ、甘いな、主人公。今の私はすでに簡単な整備ぐらいは行えるのだ。いうなればそう……ホイール博士。」
リージュ「博士のハードル低いな。」
主人公「へぇ! 勉強したんですか?」
ジャルキィ「ああ! ノンちゃんが私のために特別に書いてくれた……、『超解説! これで君もホイール博士!』でな!」
主人公「ええ!? あの『超解説! これで君もホイール博士!』を……!?」
メルク「……知っているのです?」
主人公「初耳だ。」
リージュ「主人公って、結構ノリいいよね。いい子だわー。」
ジャルキィ「そうだな。私は一緒に遊んでくれる人が大大の大好きっ子だぞ。」
ニックス「ぼくは!?」
ジャルキィ「もちろん好きだ! バカなことを聞くな!」
ニックス「わーい、ぼくも好きだよ!」
ジャルキィ「また告られてしまったか……。悪いなバルトロメイ、差は開くばかりだ。」
リージュ「ニックスのをカウントしてたら誰も勝てないでしょうが……。そもそも、あの人の言っている告白とは別物だし。」
主人公「は、はははぁ……。」
主人公(それにしても、汚れも気にせずホイールの整備とは……)
メルク(ますますお嬢様という経歴が、信じがたくなってきてしまったのですよ……)
ジャルキィ「そういえば、私たちに何か用事か? それで来たんだろう。」
主人公「あ、そうです。実は、紹介所のお姉さんからいいものを貰ったんで、一緒にどうかなと思って。」
ジャルキィ「ボールとか、縄跳びとかか?」
メルク「そ、そういうのではないのですよ。貰ったのは……、」
場面転換
ジャルキィ「ほほう、紅茶の茶葉か。」
リージュ&ニックス「紅茶!」
主人公「オススメだって、わけてくれたんです。たしか、種類は……、」
ジャルキィ「この香りからして、アッサムだな。」
主人公「え、わかるんですか?」
ジャルキィ「お母様が紅茶好きでな。その影響で私まで詳しくなってしまった。……ふむ、紹介所のお姉さんはセンスがいいな。」
ジャルキィ「ありがとう、遠慮なくいただくことにしよう。」
主人公「き、気に入ってもらえてよかったです。」
メルク(意外なところでお嬢様感が出てきたのです……)
ニックス「ねえねえ、ジャルキィさん! 紅茶淹れてよ、紅茶!」
ジャルキィ「ん、今か?」
リージュ「久しぶりに隊長が淹れたやつを飲みたいの! ね、ね、お茶菓子買ってくるから! お願い!」
主人公「ジャルキィさんが紅茶を……?」
リージュ「そう! 隊長の紅茶はマジですごいから! ほら、主人公たちにも飲ませてあげようよ!」
ジャルキィ「ん~……、まぁいいか。淹れてやろう。」
リージュ&ニックス「やった!」
ニックス「こうしちゃいられないよ、リージュさん! お茶菓子を買いにダッシュだ! ダーッシュ!」
リージュ「あ、こら走るな! じゃあ、あとよろしくね~!」
主人公「は、はい。」
ジャルキィ「さてと……。キッチンは向こうだったな。」
メルク「なのです。……本当にジャルキィさんが紅茶を淹れるのですね。」
ジャルキィ「意外だろう?」
メルク「みゅ! みゅわわ……、」
メルク「……は、はいなのです。」
主人公「じ、実は俺も……。」
ジャルキィ「気にするな。みんな、最初はそんな反応だ。」
ジャルキィ「だがな、知ってるかは知らんが、私はお嬢様なんだぞ? 紅茶のひとつやふたつ、当然たしなんでいる!」
ジャルキィ「ついでに言うと、社交ダンスに乗馬、雪かき、チェスにポエム、ついでにサムズアップ! スカートをちょっとつまんでお辞儀するやつもできる!」
ジャルキィ「お嬢様だからな!」
主人公「お嬢様ってすげー!」
メルク「お嬢様が関係ないものが混じっていた気がするのに、この圧倒的な自信の前では、些細な問題な気がするのですよー!」
ジャルキィ「『万能であれ、多彩であれ』が我が家の家訓だからな。とにかく色んなことを学ばせてもらった。」
ジャルキィ「絵とか音楽みたいな芸術関連はまるでダメだったのは、内緒な!」
主人公(ほ、本当に内緒にしたいことなんだろうか……)
メルク(堂々としすぎていて判断がしづらいのです……)
メルク「それにしても、どうしてまた『万能であれ、多彩であれ』が家訓なのです?」
ジャルキィ「なんでもうちの家系は、雪の国建国よりもっと前の時代では、王族に仕える戦士だったとかなんとか……、」
ジャルキィ「ん? 枢機卿だったか? いや、私たちこそが王族だったっけ……。どうだったかな……。」
ジャルキィ「ま、何はともあれ国的には重要なポジションだったわけだ。」
主人公(そこはすごく大事なことなんじゃ……)
ジャルキィ「その時の流れを汲んでいるらしくてな。あらゆる方面で国を支えることこそが、先祖代々受け継いだ我が家の使命なんだ。」
ジャルキィ「……ふふっ、使命ってかっこいいだろ?」
メルク「なるほどなのですよ。それで『万能であれ、多彩であれ』なのです。」
主人公「ジャルキィさんは辺境調査隊で、国を支えようとしているんですね。」
ジャルキィ「ああ。両親や二人の姉は、政治や貿易関連に進んだからな。私は体を動かすのが好きだし、調査隊は適任だ。」
ジャルキィ「それに今では、調査隊以外で私の使命を果たすことはありえないとも思っている。」
メルク「やっぱり、性に合っているのです?」
ジャルキィ「それもある。だがそれ以上に、私に重要なことを教えてくれたというのが大きいな。」
ジャルキィ「……調査隊とその隊員たちが、教えてくれたんだ。どれほど過酷な環境と対峙したとしても、使命に誇りをもっていれば進めるということを。」
ジャルキィ「どんな使命を背負っていたとしても、日々を喜んで、笑っていいってことをな。」
主人公「ジャルキィさん……。」
ジャルキィ「調査隊に入って、私はようやく自分の使命を理解できた。」
ジャルキィ「こういう奴らに笑っていて欲しいから、お父様もお母様も、お姉様たちも頑張っている……。そして、私もやってやろうって思えるんだってな。」
主人公&メルク「……。」
ジャルキィ「ま、今の私は自分の隊を守るのに精一杯だ。両親のようになれるのはまだまだ先のことだな。」
メルク「ジャルキィさんならきっとなれるのですよ!」
ジャルキィ「当然! 私もそのつもりだ! 見ていろ。もっといろんな技術を身に着けて、ウルトラギガントビクトリー隊員になってやる!」
メルク「さ、最終形態の予想がつかないのですが、応援しているのですよ!」
主人公「お、大きそうでいいと思います!」
ジャルキィ「ふっふっふ、でかいのはロマンだって、ノンちゃんも言ってたからな。」
ニックス「たっだいまあ! ジャルキィさん、紅茶できてる?」
主人公「あ、もう帰ってきたのか! ごめん、俺たちが話しかけちゃって、まだ……、」
ジャルキィ「できてるぞ。」
主人公「あれ、いつの間に!?」
ジャルキィ「ふっ、お嬢様はおしとやかだから、隠密作業も得意なのですわよ。」
リージュ「何言ってるの、この人……。」
主人公「に、忍者みたいなお嬢様ですね……。」
リージュ「ま、紅茶が飲めるならなんでもいいや! いっただきまー……、」
ジャルキィ「ちなみに、この紅茶の中の一つは、私特製のスパイス入りの激辛紅茶だ。」
リージュ「はぁあああ!?」
ジャルキィ「ユーキユキユキ、これぞ科学の国の技術を学び成長した私のいたずらテクニック!」
ニックス「すごーい!」
メルク「みゅ、みゅ~……、これも大きくなるための成長……なのですよ?」
リージュ「余計な成長をー!」
ジャルキィ「さぁお前たち、楽しいティータイムにするぞ! いっせーので……!」
ジャルキィ「かっらぁーい!」

備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(19)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.104617771 2020/02/08 (土) 13:10 通報
    ユニスト
    返信数 (15)
    2
    • × さすらいの癒術師さん No.104617836 2020/02/08 (土) 13:48 通報
      ジャルキィ「ユキユキユ〜キ、ユッキユキ〜♪」
      ニックス「ユッキユキ〜♪」
      ジャルキィ「リージュ。そこのドライバー取ってくれ。」
      リージュ「はいはーいっと。」
      ニックス「リージュさんもやらない?楽しいよ!」
      リージュ「絶対にお断り。」
      主人公「あ、ここにいたんですね。ホイールを引っ張り出して、何を……、」
      ニックス&ジャルキィ「ん?」
      主人公「うわっ、真っ黒!」
      メルク「な、何をしていたのです?」
      ジャルキィ「なーんだ。」
      主人公「あれ、なぞなぞ!?」
      ニックス「はいはーい!ぼくわかったよ!」
      リージュ「そりゃわかるでしょうよ……。」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.104617844 2020/02/08 (土) 13:53 通報
        ジャルキィ「よし、言ってみろ!」
        ニックス「ズバリ、ホイールの整備!」
        ジャルキィ「大正解だ!景品に抱えてグルグルしてやろう!来い!」
        ニックス「わあーい!」
        主人公「……また置いて行かれた。」
        リージュ「ついていける人のほうが少ないから安心しなって。あ、メルク。この雑誌の香水店って知ってる?」
        メルク「みゅ。何度か通り過ぎたことがあるのですよ。」
        リージュ「マジ!?じゃあ今度案内してよ!」
        主人公「自由だなー、3番隊……。」
        主人公「と、というか、ホイールって勝手にいじっていいものなんですか?ちゃんとした知識がないと危ないんじゃ……、」
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617854 2020/02/08 (土) 13:59 通報
      ジャルキィ「ふっ、甘いな、主人公。今の私はすでに簡単な整備ぐらいは行えるのだ。いうなればそう……ホイール博士。」
      リージュ「博士のハードル低いな。」
      主人公「へぇ!勉強したんですか?」
      ジャルキィ「ああ!ノンちゃんが私のために特別に書いてくれた……、『超解説!これで君もホイール博士!』でな!」
      主人公「ええ!?あの『超解説!これで君もホイール博士!』を……!?」
      メルク「……知っているのです?」
      主人公「初耳だ。」
      リージュ「主人公って、結構ノリいいよね。いい子だわー。」
      ジャルキィ「そうだな。私は一緒に遊んでくれる人が大大の大好きっ子だぞ。」
      ニックス「ぼくは!?」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.104617863 2020/02/08 (土) 14:07 通報
        ジャルキィ「もちろん好きだ!バカなことを聞くな!」
        ニックス「わーい、ぼくも好きだよ!」
        ジャルキィ「また告られてしまったか……。悪いなバルトロメイ、差は開くばかりだ。」
        リージュ「ニックスのをカウントしてたら誰も勝てないでしょうが……。そもそも、あの人の言っている告白とは別物だし。」
        主人公「は、はははぁ……。」
        主人公(それにしても、汚れも気にせずホイールの整備とは……)
        メルク(ますますお嬢様という経歴が、信じがたくなってきてしまったのですよ……)
        ジャルキィ「そういえば、私たちに何か用事か?それで来たんだろう。」
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617880 2020/02/08 (土) 14:16 通報
      主人公「あ、そうです。実は、紹介所のお姉さんからいいものを貰ったんで、一緒にどうかなと思って。」
      ジャルキィ「ボールとか、縄跳びとかか?」
      メルク「そ、そういうのではないのですよ。貰ったのは……、」
      場面転換
      ジャルキィ「ほほう、紅茶の茶葉か。」
      リージュ&ニックス「紅茶!」
      主人公「オススメだって、わけてくれたんです。たしか、種類は……、」
      ジャルキィ「この香りからして、アッサムだな。」
      主人公「え、わかるんですか?」
      ジャルキィ「お母様が紅茶好きでな。その影響で私まで詳しくなってしまった。……ふむ、紹介所のお姉さんはセンスがいいな。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617892 2020/02/08 (土) 14:22 通報
      ジャルキィ「ありがとう、遠慮なくいただくことにしよう。」
      主人公「き、気に入ってもらえてよかったです。」
      メルク(意外なところでお嬢様感が出てきたのです……)
      ニックス「ねえねえ、ジャルキィさん!紅茶淹れてよ、紅茶!」
      ジャルキィ「ん、今か?」
      リージュ「久しぶりに隊長が淹れたやつを飲みたいの!ね、ね、お茶菓子買ってくるから!お願い!」
      主人公「ジャルキィさんが紅茶を……?」
      リージュ「そう!隊長の紅茶はマジですごいから!ほら、主人公たちにも飲ませてあげようよ!」
      ジャルキィ「ん〜……、まぁいいか。淹れてやろう。」
      リージュ&ニックス「やった!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617915 2020/02/08 (土) 14:38 通報
      ニックス「こうしちゃいられないよ、リージュさん!お茶菓子を買いにダッシュだ!ダーッシュ!」
      リージュ「あ、こら走るな!じゃあ、あとよろしくね〜!」
      主人公「は、はい。」
      ジャルキィ「さてと……。キッチンは向こうだったな。」
      メルク「なのです。……本当にジャルキィさんが紅茶を淹れるのですね。」
      ジャルキィ「意外だろう?」
      メルク「みゅ!みゅわわ……、」
      メルク「……は、はいなのです。」
      主人公「じ、実は俺も……。」
      ジャルキィ「気にするな。みんな、最初はそんな反応だ。」
      ジャルキィ「だがな、知ってるかは知らんが、私はお嬢様なんだぞ?紅茶のひとつやふたつ、当然たしなんでいる!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617930 2020/02/08 (土) 14:47 通報
      ジャルキィ「ついでに言うと、社交ダンスに乗馬、雪かき、チェスにポエム、ついでにサムズアップ!スカートをちょっとつまんでお辞儀するやつもできる!」
      ジャルキィ「お嬢様だからな!」
      主人公「お嬢様ってすげー!」
      メルク「お嬢様が関係ないものが混じっていた気がするのに、この圧倒的な自信の前では、些細な問題な気がするのですよー!」
      ジャルキィ「『万能であれ、多彩であれ』が我が家の家訓だからな。とにかく色んなことを学ばせてもらった。」
      ジャルキィ「絵とか音楽みたいな芸術関連はまるでダメだったのは、内緒な!」
      主人公(ほ、本当に内緒にしたいことなんだろうか……)
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617945 2020/02/08 (土) 14:58 通報
      メルク(堂々としすぎていて判断がしづらいのです……)
      メルク「それにしても、どうしてまた『万能であれ、多彩であれ』が家訓なのです?」
      ジャルキィ「なんでもうちの家系は、雪の国建国よりもっと前の時代では、王族に仕える戦士だったとかなんとか……、」
      ジャルキィ「ん?枢機卿だったか?いや、私たちこそが王族だったっけ……。どうだったかな……。」
      ジャルキィ「ま、何はともあれ国的には重要なポジションだったわけだ。」
      主人公(そこはすごく大事なことなんじゃ……)
      ジャルキィ「その時の流れを汲んでいるらしくてな。あらゆる方面で国を支えることこそが、先祖代々受け継いだ我が家の使命なんだ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617947 2020/02/08 (土) 14:59 通報
      ジャルキィ「……ふふっ、使命ってかっこいいだろ?」
      メルク「なるほどなのですよ。それで『万能であれ、多彩であれ』なのです。」
      主人公「ジャルキィさんは辺境調査隊で、国を支えようとしているんですね。」
      ジャルキィ「ああ。両親や二人の姉は、政治や貿易関連に進んだからな。私は体を動かすのが好きだし、調査隊は適任だ。」
      ジャルキィ「それに今では、調査隊以外で私の使命を果たすことはありえないとも思っている。」
      メルク「やっぱり、性に合っているのです?」
      ジャルキィ「それもある。だがそれ以上に、私に重要なことを教えてくれたというのが大きいな。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617960 2020/02/08 (土) 15:05 通報
      ジャルキィ「……調査隊とその隊員たちが、教えてくれたんだ。どれほど過酷な環境と対峙したとしても、使命に誇りをもっていれば進めるということを。」
      ジャルキィ「どんな使命を背負っていたとしても、日々を喜んで、笑っていいってことをな。」
      主人公「ジャルキィさん……。」
      ジャルキィ「調査隊に入って、私はようやく自分の使命を理解できた。」
      ジャルキィ「こういう奴らに笑っていて欲しいから、お父様もお母様も、お姉様たちも頑張っている……。そして、私もやってやろうって思えるんだってな。」
      主人公&メルク「……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617965 2020/02/08 (土) 15:12 通報
      ジャルキィ「ま、今の私は自分の隊を守るのに精一杯だ。両親のようになれるのはまだまだ先のことだな。」
      メルク「ジャルキィさんならきっとなれるのですよ!」
      ジャルキィ「当然!私もそのつもりだ!見ていろ。もっといろんな技術を身に着けて、ウルトラギガントビクトリー隊員になってやる!」
      メルク「さ、最終形態の予想がつかないのですが、応援しているのですよ!」
      主人公「お、大きそうでいいと思います!」
      ジャルキィ「ふっふっふ、でかいのはロマンだって、ノンちゃんも言ってたからな。」
      ニックス「たっだいまあ!ジャルキィさん、紅茶できてる?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617976 2020/02/08 (土) 15:20 通報
      主人公「あ、もう帰ってきたのか!ごめん、俺たちが話しかけちゃって、まだ……、」
      ジャルキィ「できてるぞ。」
      主人公「あれ、いつの間に!?」
      ジャルキィ「ふっ、お嬢様はおしとやかだから、隠密作業も得意なのですわよ。」
      リージュ「何言ってるの、この人……。」
      主人公「に、忍者みたいなお嬢様ですね……。」
      リージュ「ま、紅茶が飲めるならなんでもいいや!いっただきまー……、」
      ジャルキィ「ちなみに、この紅茶の中の一つは、私特製のスパイス入りの激辛紅茶だ。」
      リージュ「はぁあああ!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.104617977 2020/02/08 (土) 15:21 通報
      ジャルキィ「ユーキユキユキ、これぞ科学の国の技術を学び成長した私のいたずらテクニック!」
      ニックス「すごーい!」
      メルク「みゅ、みゅ〜……、これも大きくなるための成長……なのですよ?」
      リージュ「余計な成長をー!」
      ジャルキィ「さぁお前たち、楽しいティータイムにするぞ!いっせーので……!」
      ジャルキィ「かっらぁーい!」
      2
    • × さすらいの癒術師さん No.104672171 2020/03/07 (土) 20:23 通報
      ユニストのご提供ありがとうございました。反映させていただきました。
      0
  • さすらいの癒術師さん No.104029134 2019/06/30 (日) 19:44 通報
    GIFどうぞ~
    返信数 (2)
    1
    • × さすらいの癒術師さん No.104029135 2019/06/30 (日) 19:44 通報
      「溢れる純楽」ジャルキィ
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.104029150 2019/06/30 (日) 19:48 通報
        おまけ
        4

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第二部 メインクエスト第一部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
ボスモンスター一覧
4 新着ユニット一覧
5 パーティー相談 掲示板
6 新着モンスター一覧
7 終了イベント一覧
8 ★5
9 おすすめシード
10 おすすめリセマラランキング
goodランキング
国イベも暴走も既存スキルの強化ばかりなので.. 7
もっと見る
最近の更新

1時間まえ

5時間まえ

23時間まえ

2020/07/02 (木) 22:01

2020/07/02 (木) 22:00

2020/07/02 (木) 21:56

2020/07/02 (木) 21:50

2020/07/02 (木) 21:46

2020/07/02 (木) 21:42

2020/07/02 (木) 21:38

2020/07/02 (木) 21:01

2020/07/02 (木) 19:41

2020/07/02 (木) 16:09

新規作成

1時間まえ

23時間まえ

2020/07/02 (木) 22:00

2020/07/02 (木) 21:56

2020/07/02 (木) 21:50

2020/07/02 (木) 21:46

2020/07/02 (木) 21:42

2020/07/02 (木) 21:38

注目記事
【あつ森】ラコスケの出現条件と入手できるもの あつまれどうぶつの森(あつ森)攻略wiki
【AFKアリーナ】リセマラ当たりランキング AFKアリーナ攻略wiki
【ポケモン剣盾】ウーラオスはどっちの進化がおすすめ? ポケモン剣盾(ソード&シールド)攻略wiki
【ドッカンバトル】ポルンガドラゴンボールの入手条件と願い事 ドッカンバトル攻略Wiki
【PS5】プレステ5の発売日はいつ?互換性などスペックや価格の最新情報まとめ PS5情報まとめwiki
ページ編集 トップへ
コメント 19