「破星の因果律」リンネン

(23コメント)  
最終更新日時:

「破星の因果律」リンネン

出身 少数民族の国

年齢 19歳

性別 女

レアリティ ★5

属性 風

成長タイプ 晩成

武器 風竹叉銃

武器種別 銃弾

同時攻撃数 3体

攻撃段数 3段


初期体力 1,780

最大体力 3,738

覚醒体力 5,838

移動速度 50

リーチ 170

DPS 2,740

覚醒DPS 4,283

初期攻撃力 3,680

最大攻撃力 7,728

覚醒攻撃力 12,078

攻撃間隔 2.82

タフネス 30

総合DPS 8,221

覚醒総合DPS 12,849


追加日 2018.07.31
ダイヤ限定★5&★4スカウトフェス2018.07.31


属性補正
炎属性
  67%
水属性
  150%
風属性
  100%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
<森の中・夜>
主人公「どうしよう……、すっかり迷ったな。」
メルク「みゅ~、仲間になってくれたリンネンさんを待たせているのです。はやく紹介所に戻りたいのですよ……。」
主人公「……ん?」
メルク「みゅ? どうしたのです、主人公さん。」
主人公「なんだか今、ガサッって音がしたような……、」
ノーズホーン「グルァアアア!」
主人公「わっ!? ノーズホーン!?」
メルク「みゅわあぁああ!? いきなりのピンチなのです!」
ノーズホーン×2「「グルルルルッ!」」
主人公「しまった、前を完全に塞がれた!」
「この場は私に任せてください、主人公、メルク。」
主人公&メルク「「え?」」
リンネン「よっ、と。」
主人公「リンネンさん!?」
リンネン「話はあとで。」
主人公「は、はい!」
ノーズホーン×2「「グルルルッ!」」
メルク「まずいのです! ノーズホーンがこっちに向かってきそうなのですよ!」
リンネン「はっ……!」
(明るくなる画面)
主人公「な、なんだ? リンネンさんの目の色が青くなって、手から魔法陣みたいなのが出てきた……!?」
リンネン「あ、ああ、これですか。こ、これは、そうですね、目の力で発動させた魔法陣で……、」
主人公「目の色が青くなって……?」
メルク「力を発動させて……?」
リンネン「えっと。」
主人公&メルク「「もしかして、リンネンさんって星読み……?」」
メルク「なのですよ?」
リンネン「うっ。まさか主人公とメルクが星読みのことを知っているなんて……、」
リンネン「はあ……、迂闊でした。隠すつもりでしたが、やはり嘘はつけません……。」
リンネン「そうです。私は星読みの一族の末裔。」
メルク「やっぱりなのですよ!」
リンネン「……詳しいことは、後でお話しします。今はこのノーズホーンたちを癒すことが先決。」
リンネン「……、なるほど。わかりました。」
リンネン「2体のうち1体が右から回り込んで背後をとるつもりなのですね。」
リンネン「それならば。」
リンネン「はっ!」
(明るくなる画面)
ノーズホーン×2「「グルル!?」」
リンネン「あなたたちの動きは全て把握しました。」
リンネン「右。」
ノーズホーン「グルゥ!?」
リンネン「正面。」
ノーズホーン「グルル……!?」
メルク「す、すごいのです! これは……、ノーズホーンの動きを予測しているのです!?」
メルク「全部の銃弾ノーズホーンのツノの先に命中しているのですよ!」
主人公「あ、ああ。しかもリンネンさん、迷うことなく、すぐに引き金を引いてるぞ。すごいな……。」
ノーズホーン「グルァアアアアアアアア!」
リンネン「無駄です。次で、最後ですから。」
リンネン「左。」
ノーズホーン「グ、グルゥ……。」
主人公「すごい。ノーズホーンを完全に足止めした……!」
リンネン「……くっ。」
主人公「リンネンさん!? 大丈夫ですか!?」
リンネン「……大丈夫です。力を使った反動がきただけですから。それより主人公、癒術を。」
主人公「で、でもリンネンさんが……、」
リンネン「……私のことはいいですから、はやく!」
主人公「わ、わかりました!」
<紹介所>
主人公「助けてくれて、本当にありがとうございました。」
メルク「リンネンさんのおかげで、ノーズホーンを無事に癒せたのですよ~!」
メルク「でも、体調は本当に大丈夫なのです?」
主人公「そうですよ。ふらついてたし……。」
リンネン「問題ありません。私の星読みの力の反動が、ちょっと強すぎるだけですから。」
主人公「えっと、確認なんですけど……、星読みって、人に宿るっていう星を読み取って未来を予言する一族のこと……、ですよね。」
リンネン「ええ、そうです。ただ、予言だけでなく、工夫によっては、戦闘にも星読みの力は使うことができるんです。」
主人公「あっ、だから俺たちが襲われることがわかっただけじゃなくて、ノーズホーンともあんな風に戦えたんですね。」
メルク「みゅ~! 星読みの力というのはすごいのですね~。」
リンネン「いえ……、私が特殊なだけです。」
リンネン「戦闘に使えるといっても、ほとんどの星読みたちの力はもう弱まってきています。様々な民族と血が混じって力が薄まってきているんです。」
リンネン「この世界から星読みたちが消えていくのも時間の問題。」
リンネン「でも、なぜか私の星読みの力は特別強くて。」
メルク「みゅ! もしかして、力が強いということは、かなり先の未来も視えるのです?」
リンネン「そう、ですね。視たことはあります。でも、ごめんなさい。この行く末に、何が起きるのか。それは私の口からは言えません。」
リンネン「私が未来のことを口にしてしまうことで、何か悪いことが起きてしまうかもしれない。」
リンネン「だから私は、できるかぎり未来を変えたくないと思っています。」
リンネン「この力も、普段は使わないようにしているんです。なるべく星読みだとばれないようにして、生きてきました。」
リンネン「だけど、困っている人がいたら、力を使わずにはいられなくて……。」
リンネン「私が人を助けることで未来が変わるということは、わかっているのに。」
リンネン「さっきもつい、力を使ってしまって。」
主人公「それは……。」
リンネン「でも、主人公とメルクを、助けられてよかった。私、そのことは、まったく後悔していないです。」
主人公「リンネンさん……。」
メルク「みゅ~。星読みの力が強いというのも、難しい問題なのですよ。」
リンネン「ええ。それに私は……、」
リンネン「幼い頃、1度、取り返しのつかない、大きな過ちをおかしてしまった。」
主人公「過ち、ですか?」
リンネン「ええ。良かれと思って見通した未来を、政を為す人々の前で口にしてしまったんです。」
リンネン「私が予言を為政者たちの前で告げたことで、昨今、私の故郷では、國(くに)という存在が勢力を広げようとしているのです。」
リンネン「國の動きは、数多の村のあり方を変えつつあります。そしてそのことが、人々に混乱を招いています。」
リンネン「これは、全部、予言を口にしてしまった、私のせいなのです。」
メルク「リンネンさん……。」
リンネン「未来を変えるのは恐ろしいことなのです。さらに悪い未来にしてしまうかもしれないから。」
リンネン「ごめんなさい。」
リンネン「主人公たちを助けたことも、もしかしたら私が介入したことで、もっと悪い未来になってしまっているかもしれません……。」
主人公「……。」
主人公「あ、あの……。」
リンネン「なんでしょう、主人公。」
主人公「えっと、未来が変わるなら、それをさらに変えればいいんじゃないかって思ったんですけど……。」
リンネン「え?」
主人公「確かに、未来が悪い方向になったら怖いっていう気持ちもわかります。でも。」
主人公「それなら、未来を良い方向にさらに上書きしていけばいいんじゃないかって思ったんです。」
リンネン「……。」
主人公「えっと、リンネンさん……?」
主人公「あ、俺、やっぱり間違ったこと言って……、」
リンネン「……、懐かしい。」
主人公「えっと……?」
リンネン「懐かしいです。昔、似たような言葉を、言われたことがありました。」
主人公「似たようなこと?」
リンネン「昔、私が國に招かれ、予言を口にした時……、私の予言に対して『己の望む未来に変えてみせましょう』と言った方がいました。」
リンネン「その時、私は、なんと勇気のある方なのだろうと思ったのです。」
リンネン「私にはできないことを『必ず為してみせます』とおっしゃったその方は、私とそう歳の変わらない、お姫様でした。」
主人公「お姫様、ですか。」
リンネン「ええ。その方の名はファルゥン。今の國主(くにぬし)です。」
リンネン「主人公のおかげで、気づけました。因果は、幾重にも重なっている。」
リンネン「だからこそ、良い方向に未来を変えていける。そんな可能性がある。」
主人公&メルク「「……。」」
リンネン「主人公、メルク。あなたたちとの邂逅。これは私にとって吉兆のようです。」
リンネン「これからの旅で、どうか私に、星々の因果が変わる様を、見届けさせてほしいです。」
メルク「もちろんなのです。それに私、リンネンさんと色々なものを見て、色々なことをしたいのです!」
主人公「はい、俺もメルクと同じ意見です。」
リンネン「……、ありがとうございます。」
リンネン「(ファルゥン様。花の王と名づけられた國主。風の噂で、あなた様が先代や先先代とは異なる政策を取り始めたと聞きました)」
リンネン「(花の王。あなた様は、あの時言った通り、私の予言に抗い始めたのですね)」
リンネン「(我らの故郷が、いずれ消えゆく運命にあるという、私の予言に抗うために)」
リンネン「(たとえそれが、茨の道だとわかっていても。あなた様は、進むのですね。私が、恐れ、歩めなかった道を)」
リンネン「(悪い未来になることを危惧し、私はずっと立ち止まっていました。未来を変える勇気から息を潜め、逃げていたのです)」
リンネン「(でも今は、心の奥底で、私の予言に抗おうとするあなた様を応援したいと思っている自分がいます)」
リンネン「(だから私は、星々の因果を再びこの瞳に映し、変わりゆく表舞台に立ち見届けましょう)」
リンネン「(ファルゥン様が歩む道を、瞳に映る星明かりで照らしましょう)」
リンネン「(この世界の、遠き行く末を予言できる、おそらく、最後の星読みとして)」

備考

【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(23)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.103047691 2018/09/16 (日) 22:47 通報
    ガーターベルトがセクシー
    1
  • さすらいの癒術師さん No.102948365 2018/08/21 (火) 14:02 通報
    情報提供ありがとうございます。
    ストーリー反映いたしました。
    1
  • さすらいの癒術師さん No.102947942 2018/08/21 (火) 11:14 通報
    ユニストです。
    返信数 (16)
    2
    • × さすらいの癒術師さん No.102947944 2018/08/21 (火) 11:15 通報
      <森の中・夜>
      主人公「どうしよう……、すっかり迷ったな。」
      メルク「みゅ~、仲間になってくれたリンネンさんを待たせているのです。はやく紹介所に戻りたいのですよ……。」
      主人公「……ん?」
      メルク「みゅ? どうしたのです、主人公さん。」
      主人公「なんだか今、ガサッって音がしたような……、」
      ノーズホーン「グルァアアア!」
      主人公「わっ!? ノーズホーン!?」
      メルク「みゅわあぁああ!? いきなりのピンチなのです!」
      ノーズホーン×2「「グルルルルッ!」」
      主人公「しまった、前を完全に塞がれた!」
      ?「この場は私に任せてください、主人公、メルク。」
      主人公&メルク「「え?」」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947945 2018/08/21 (火) 11:16 通報
      リンネン「よっ、と。」
      主人公「リンネンさん!?」
      リンネン「話はあとで。」
      主人公「は、はい!」
      ノーズホーン×2「「グルルルッ!」」
      メルク「まずいのです! ノーズホーンがこっちに向かってきそうなのですよ!」
      リンネン「はっ……!」
      (明るくなる画面)
      主人公「な、なんだ? リンネンさんの目の色が青くなって、手から魔法陣みたいなのが出てきた……!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947947 2018/08/21 (火) 11:16 通報
      リンネン「あ、ああ、これですか。こ、これは、そうですね、目の力で発動させた魔法陣で……、」
      主人公「目の色が青くなって……?」
      メルク「力を発動させて……?」
      リンネン「えっと。」
      主人公&メルク「「もしかして、リンネンさんって星読み……?」」
      メルク「なのですよ?」
      リンネン「うっ。まさか主人公とメルクが星読みのことを知っているなんて……、」
      リンネン「はあ……、迂闊でした。隠すつもりでしたが、やはり嘘はつけません……。」
      リンネン「そうです。私は星読みの一族の末裔。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947949 2018/08/21 (火) 11:16 通報
      メルク「やっぱりなのですよ!」
      リンネン「……詳しいことは、後でお話しします。今はこのノーズホーンたちを癒すことが先決。」
      リンネン「……、なるほど。わかりました。」
      リンネン「2体のうち1体が右から回り込んで背後をとるつもりなのですね。」
      リンネン「それならば。」
      リンネン「はっ!」
      (明るくなる画面)
      ノーズホーン×2「「グルル!?」」
      リンネン「あなたたちの動きは全て把握しました。」
      リンネン「右。」
      ノーズホーン「グルゥ!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947950 2018/08/21 (火) 11:17 通報
      リンネン「正面。」
      ノーズホーン「グルル……!?」
      メルク「す、すごいのです! これは……、ノーズホーンの動きを予測しているのです!?」
      メルク「全部の銃弾がノーズホーンのツノの先に命中しているのですよ!」
      主人公「あ、ああ。しかもリンネンさん、迷うことなく、すぐに引き金を引いてるぞ。すごいな……。」
      ノーズホーン「グルァアアアアアアアア!」
      リンネン「無駄です。次で、最後ですから。」
      リンネン「左。」
      ノーズホーン「グ、グルゥ……。」
      主人公「すごい。ノーズホーンを完全に足止めした……!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947953 2018/08/21 (火) 11:17 通報
      リンネン「……くっ。」
      主人公「リンネンさん!? 大丈夫ですか!?」
      リンネン「……大丈夫です。力を使った反動がきただけですから。それより主人公、癒術を。」
      主人公「で、でもリンネンさんが……、」
      リンネン「……私のことはいいですから、はやく!」
      主人公「わ、わかりました!」
      <紹介所>
      主人公「助けてくれて、本当にありがとうございました。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947956 2018/08/21 (火) 11:18 通報
      メルク「リンネンさんのおかげで、ノーズホーンを無事に癒せたのですよ~!」
      メルク「でも、体調は本当に大丈夫なのです?」
      主人公「そうですよ。ふらついてたし……。」
      リンネン「問題ありません。私の星読みの力の反動が、ちょっと強すぎるだけですから。」
      主人公「えっと、確認なんですけど……、星読みって、人に宿るっていう星を読み取って未来を予言する一族のこと……、ですよね。」
      リンネン「ええ、そうです。ただ、予言だけでなく、工夫によっては、戦闘にも星読みの力は使うことができるんです。」
      主人公「あっ、だから俺たちが襲われることがわかっただけじゃなくて、ノーズホーンともあんな風に戦えたんですね。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947959 2018/08/21 (火) 11:18 通報
      メルク「みゅ~! 星読みの力というのはすごいのですね~。」
      リンネン「いえ……、私が特殊なだけです。」
      リンネン「戦闘に使えるといっても、ほとんどの星読みたちの力はもう弱まってきています。様々な民族と血が混じって力が薄まってきているんです。」
      リンネン「この世界から星読みたちが消えていくのも時間の問題。」
      リンネン「でも、なぜか私の星読みの力は特別強くて。」
      メルク「みゅ! もしかして、力が強いということは、かなり先の未来も視えるのです?」
      リンネン「そう、ですね。視たことはあります。でも、ごめんなさい。この行く末に、何が起きるのか。それは私の口からは言えません。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947961 2018/08/21 (火) 11:19 通報
      リンネン「私が未来のことを口にしてしまうことで、何か悪いことが起きてしまうかもしれない。」
      リンネン「だから私は、できるかぎり未来を変えたくないと思っています。」
      リンネン「この力も、普段は使わないようにしているんです。なるべく星読みだとばれないようにして、生きてきました。」
      リンネン「だけど、困っている人がいたら、力を使わずにはいられなくて……。」
      リンネン「私が人を助けることで未来が変わるということは、わかっているのに。」
      リンネン「さっきもつい、力を使ってしまって。」
      主人公「それは……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947964 2018/08/21 (火) 11:20 通報
      リンネン「でも、主人公とメルクを、助けられてよかった。私、そのことは、まったく後悔していないです。」
      主人公「リンネンさん……。」
      メルク「みゅ~。星読みの力が強いというのも、難しい問題なのですよ。」
      リンネン「ええ。それに私は……、」
      リンネン「幼い頃、1度、取り返しのつかない、大きな過ちをおかしてしまった。」
      主人公「過ち、ですか?」
      リンネン「ええ。良かれと思って見通した未来を、政を為す人々の前で口にしてしまったんです。」
      リンネン「私が予言を為政者たちの前で告げたことで、昨今、私の故郷では、國(くに)という存在が勢力を広げようとしているのです。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947965 2018/08/21 (火) 11:20 通報
      リンネン「國の動きは、数多の村のあり方を変えつつあります。そしてそのことが、人々に混乱を招いています。」
      リンネン「これは、全部、予言を口にしてしまった、私のせいなのです。」
      メルク「リンネンさん……。」
      リンネン「未来を変えるのは恐ろしいことなのです。さらに悪い未来にしてしまうかもしれないから。」
      リンネン「ごめんなさい。」
      リンネン「主人公たちを助けたことも、もしかしたら私が介入したことで、もっと悪い未来になってしまっているかもしれません……。」
      主人公「……。」
      主人公「あ、あの……。」
      リンネン「なんでしょう、主人公。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947967 2018/08/21 (火) 11:21 通報
      主人公「えっと、未来が変わるなら、それをさらに変えればいいんじゃないかって思ったんですけど……。」
      リンネン「え?」
      主人公「確かに、未来が悪い方向になったら怖いっていう気持ちもわかります。でも。」
      主人公「それなら、未来を良い方向にさらに上書きしていけばいいんじゃないかって思ったんです。」
      リンネン「……。」
      主人公「えっと、リンネンさん……?」
      主人公「あ、俺、やっぱり間違ったこと言って……、」
      リンネン「……、懐かしい。」
      主人公「えっと……?」
      リンネン「懐かしいです。昔、似たような言葉を、言われたことがありました。」
      主人公「似たようなこと?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947969 2018/08/21 (火) 11:21 通報
      リンネン「昔、私が國に招かれ、予言を口にした時……、私の予言に対して『己の望む未来に変えてみせましょう』と言った方がいました。」
      リンネン「その時、私は、なんと勇気のある方なのだろうと思ったのです。」
      リンネン「私にはできないことを『必ず為してみせます』とおっしゃったその方は、私とそう歳の変わらない、お姫様でした。」
      主人公「お姫様、ですか。」
      リンネン「ええ。その方の名はファルゥン。今の國主(くにぬし)です。」
      リンネン「主人公のおかげで、気づけました。因果は、幾重にも重なっている。」
      リンネン「だからこそ、良い方向に未来を変えていける。そんな可能性がある。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947971 2018/08/21 (火) 11:22 通報
      主人公&メルク「「……。」」
      リンネン「主人公、メルク。あなたたちとの邂逅。これは私にとって吉兆のようです。」
      リンネン「これからの旅で、どうか私に、星々の因果が変わる様を、見届けさせてほしいです。」
      メルク「もちろんなのです。それに私、リンネンさんと色々なものを見て、色々なことをしたいのです!」
      主人公「はい、俺もメルクと同じ意見です。」
      リンネン「……、ありがとうございます。」
      リンネン「(ファルゥン様。花の王と名づけられた國主。風の噂で、あなた様が先代や先先代とは異なる政策を取り始めたと聞きました)」
      リンネン「(花の王。あなた様は、あの時言った通り、私の予言に抗い始めたのですね)」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947974 2018/08/21 (火) 11:22 通報
      リンネン「(我らの故郷が、いずれ消えゆく運命にあるという、私の予言に抗うために)」
      リンネン「(たとえそれが、茨の道だとわかっていても。あなた様は、進むのですね。私が、恐れ、歩めなかった道を)」
      リンネン「(悪い未来になることを危惧し、私はずっと立ち止まっていました。未来を変える勇気から息を潜め、逃げていたのです)」
      リンネン「(でも今は、心の奥底で、私の予言に抗おうとするあなた様を応援したいと思っている自分がいます)」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102947976 2018/08/21 (火) 11:23 通報
      リンネン「(だから私は、星々の因果を再びこの瞳に映し、変わりゆく表舞台に立ち見届けましょう)」
      リンネン「(ファルゥン様が歩む道を、瞳に映る星明かりで照らしましょう)」
      リンネン「(この世界の、遠き行く末を予言できる、おそらく、最後の星読みとして)」
      0
  • さすらいの癒術師さん No.102907809 2018/08/11 (土) 02:25 通報
    SDグラだと銃が妙に近代的なシルエットに見えるので、
    服がカーキ色なのもあいまって、山岳民族の傭兵とか
    特殊部隊兵士とかそんな感じに見える…
    0
  • さすらいの癒術師さん No.102857108 2018/08/01 (水) 17:37 通報
    風の3体銃とかみんな欲しいに決まってるのに、ダイヤバック終わった直後のタイミングで出してくるの最高に性格悪い
    返信数 (2)
    6
    • × さすらいの癒術師さん No.102859728 2018/08/01 (水) 23:48 通報
      そのかわり出やすくなって個人的には有難い
      16
    • × さすらいの癒術師さん No.102860940 2018/08/02 (木) 08:01 通報
      事前準備とかの諸々を考えるとぶっちゃけ現環境の方がメダル的にもダイヤ的にもお得な気がする
      10

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント 

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第一部 メインクエスト第二部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
「泥傀儡の花姫」ニュンプゥ
4 ★5
5 パーティー相談 掲示板
6 メダル交換ユニット
7 新着ユニット一覧
8 「寵豹の快風」イスティント
9 ボスモンスター一覧
10 ★4
goodランキング
正月ガチャのために石をとっておいた人たちを.. 24
鳴らせ!飲み干せ!砕け砕け砕け! 17
ウィークゴルドリッチ土日フィーバーしゅごい.. 15
4 あんまりマイナスのこと言いたくないけど1話.. 15
5 あまり面白くなかった、かな。妖精の国と同じ.. 13
6 話変えてまで無理して動物2やるんだったらエ.. 12
7 土日の曜日クエストが本番 12
8 ゲームとアニメで大まかな内容は同じでも見せ.. 8
9 今回の無料スカウトで最後まで星5が出ない確.. 6
10 放映直後に「イマイチでした」とか書き込むKY.. 6
もっと見る
最近の更新

32分まえ

42分まえ

1時間まえ

3時間まえ

4時間まえ

5時間まえ

6時間まえ

7時間まえ

11時間まえ

12時間まえ

15時間まえ

19時間まえ

21時間まえ

22時間まえ

新規作成

2018/12/07 (金) 15:28

2018/12/07 (金) 15:27

2018/12/05 (水) 22:24

2018/11/30 (金) 21:37

2018/11/24 (土) 15:14

2018/11/24 (土) 15:07

2018/11/23 (金) 15:19

2018/11/23 (金) 15:15

2018/11/18 (日) 17:05

2018/11/18 (日) 16:50

注目記事
【スマブラSP】キャラ解放条件一覧 スマブラSP攻略Wiki【大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル】
リセマラ当たりランキング ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)攻略wiki
リセマラ方法&当たりキャラランキング ハンターハンター グリードアドベンチャー攻略まとめWiki
リセマラ当たりランキング ホップステップジャンパーズ攻略wiki
モンストコラボガチャ当たりランキング 白猫プロジェクト攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 23