「窮の秘想魔宝」ルタリスク

(19コメント)  
最終更新日時:

「窮の秘想魔宝」ルタリスク

出身 魔法の国

年齢 20歳

性別 女

レアリティ ★5

属性 水

成長タイプ 晩成

武器 魔宝石

武器種別 突撃

同時攻撃数 5体

攻撃段数 2段


初期体力 2,688

最大体力 5,644

覚醒体力 8,794

移動速度 49

リーチ 105

DPS 1,796

覚醒DPS 2,808

初期攻撃力 2,788

最大攻撃力 5,854

覚醒攻撃力 9,154

攻撃間隔 3.26

タフネス 40

総合DPS 8,980

覚醒総合DPS 14,040


追加日 2019.08.31
9月新ユニット追加フェス2019


属性補正
炎属性
  160%
水属性
  100%
風属性
  63%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
ルタリスク「『集え。固まれ。輝きを増せ。』……こんなもんか。」
主人公「あっ、ここにいた。」
メルク「ルタリスクさん。頼まれていたお料理の本を買ってきて……、って、なんなのです。この大量の魔宝石は!?」
ルタリスク「魔力をかき集めるのには苦労したわ。土地の違いって大きいわね。ちょうどよかったわ。これ全部、箱に詰め込まないといけないから手伝ってよ。」
主人公「それは構いませんけど……。どこかに送るんですか?」
メルク「もしかして、テオになのです?」
主人公「それなら、俺たちが直接渡して……、」
ルタリスク「この量を?」
主人公「……ガンバリマス。」
ルタリスク「アホか。精神論でどうにかなる量じゃないわよ。大体、そんなことをしなくて済むように『第1のルビラマンダ』をあの子に持たせたんでしょうが。これは魔法の国に送る分。あぁ、色ごとに分けて入れなさいよ。」
主人公「は、はい。」
メルク「それでは、今まで通り魔法の国のための魔宝石作りを続けているのです?」
ルタリスク「そうよ。なんか文句あるわけ?」
メルク「そ、そんなことないのですよ!むしろ、ルタリスクさんが魔法の国のことを少しは好きになったみたいで嬉しいのです。」
ルタリスク「おい、待て。誰があんな国のことを好きになったって?」
メルク「みゅ?で、でも、テオがいなくなっても、これだけの魔宝石を魔法の国に提供しているのですよ?」
主人公「元々、テオに不自由な生活をさせないために、始めたことなんですよね?」
メルク「なのです!それを今も続けているということは、魔法の国に対する愛情が芽生えたと……!」
ルタリスク「こぼすぞ瓶詰め。」
メルク「勘弁してほしいのですよ!」
ルタリスク「はっ、相変わらずおめでたい思考回路してるわね。確かに、テオを救うために手を貸してくれたことに関して、私はあの国に感謝している。だからルール違反のケジメもつけるつもりよ。でも、それとこれとは話が別。一度優しくされたぐらいで許すとでも思ってんの?人間の感情、舐めすぎじゃない?」
メルク「す、すみませんなのです……。」
ルタリスク「私がこうやって今でも魔宝石を作っているのは、そのケジメの一環に他ならないわ。国の手を煩わせたこと、それと……正直、腹を抱えて笑ってやりたいけど、ベルクベルク家に迷惑をかけたことのね。」
主人公「わ、笑ってやりたいんですね……。」
ルタリスク「正直、ざまぁみろという気持ちは隠せない。」
主人公「正直だなぁ……。」
メルク「議会員の資格を剥奪されたと聞いたのですよ。かけた迷惑とは、そのことなのです?」
ルタリスク「ええ。建国の御三家は、一つの家を除いて絶対に最高議会に籍を置く必要があるの。だから私が資格を剥奪されたことで、隠居してた親父が引っ張り出されてきたってわけ。ざまぁ……ちょっと悪いことしたわ。」
メルク「どっちが本音なのかは、あえて聞かないのですよ……。」
ルタリスク「ま、私の勝手で迷惑をかけたのは事実。それに対して一生ネチネチ言われるのも鬱陶しいから、こうしてご機嫌取りをしてるってわけよ。」
主人公「な、なるほど……。」
メルク「で、でも、そのおかげでテオのような子が救われるのです!気持ちはどうあれ、良いことだと私は思うのですよ!」
主人公「そ、そうです!みんな、きっと感謝してますよ!」
ルタリスク「どうだか。誰が作ってるのか、興味も持ってないわよ。」
主人公「あっ……そうか。ベルクベルクの魔宝石は、全部……、」
メルク「みゅ?でも待ってほしいのです。この前、プライアルさんが市場に出回ってる魔宝石の6割がルタリスクさん製だと言っていたのです。」
ルタリスク「あぁ、それね。私も気になったから調べてみたんだけど……、親父の仕業だったわ。」
メルク「お父さんが?」
ルタリスク「どういう心変わりか知らないけど、この一年ぐらいは、仲介業者に求められた場合のみ、名前を公表するようにしてるらしいわ。」
主人公「それってもしかして、ルタリスクさんのことがあったから……?」
ルタリスク「ありえない。」
主人公「ありえませんか……。」
ルタリスク「あの堅物が、娘一人いなくなったところで考えを改めるわけないから。あいつにとって大切なのはベルクベルクの名だけよ。今回のも、どうせその辺の企みがあったんでしょうよ。じゃなきゃ絶対にありえない。」
主人公「……。」
ルタリスク「ちょっと、そういう顔するのはやめなさいよ。私は別に、それが辛いだなんて思ってない。癪だけど、私だって理解はしているわ。ベルクベルクが『そういう連中』じゃなければ、あの国は今よりもっと荒んだ国になってたことぐらい。」
ルタリスク「……それを理解してもなお、私はベルクベルクのやり方に納得ができなかった。だから、あの魔宝石を作って、親父と喧嘩別れして……、テオに、出会えた。この結末に辿り着けただけで、私の人生はお釣りが出るぐらいに幸せなのよ。」
メルク・主人公「……。」
ルタリスク「ま、あんた達に理解しきれるとは思わないけどね。ほら、手が止まってる!今日中に出さなきゃいけないんだから、急いで!」
メルク・主人公「は、はい!」

ルタリスク「ん、手続き終了。」
主人公「よ、よかった!」
メルク「間に合ったのですよ~!」
ルタリスク「はい、ごくろうさん。そのうちお金が送られてくるから、その時にお礼するわ。」
主人公「ただ詰め込むのを手伝っただけですから。」
ルタリスク「借りを作りっぱなしにしたくないだけよ。何に利用されるかわかったもんじゃないし。」
メルク「しないのですよ、そんなこと……。」
ルタリスク「はいはい、そうね。あぁ~、疲れた。」
メルク「みゅ~!信じてほしいのですよ!」
ルタリスク「そのうちね。ほら、さっさと行くわよ。もうお腹空いちゃって……、」
町のお兄さん「あっ、間に合った!そこのお姉さん、ちょっと待ってくれー!」
ルタリスク「あん?何よ。」
町のお兄さん「いやぁ、荷物の中に手紙が紛れ込んでてね。悪いけど、手紙はうちの管轄外なんだ。隣に頼んでもらっていいかな?」
主人公「手紙?」
ルタリスク「……そう、わかったわ。」
町のお兄さん「じゃ、渡したからね。」
ルタリスク「……はぁ。ねぇ、これ出しちゃっていい?」
メルク「勿論構わないのですが……テオ宛なら、私たちで渡しておくのですよ?」
ルタリスク「バーカ、なんでもテオに結びつけるな。……親父宛よ。」
メルク「みゅ……!」
ルタリスク「……今回のこと、尻拭いさせて悪いとは思ってんのよ。ただまぁ、面と向かうと絶対喧嘩になるから。」
主人公「なるほど……。」
メルク「なのですよ~……。」
ルタリスク「……チッ。ほら、ニヤニヤしてないでさっさと行くわよ。ったく、何を期待してんだか。……変わんないわよ、これぐらいじゃ何にも。」
メルク「みゅふふ、そういうことじゃないのです!ルタリスクさんがお父さんにお手紙を出すというのが、なんだかとっても嬉しいだけなのです!」
ルタリスク「……ふん。テオみたいなこと、言うんじゃないわよ。まったく……意味がわからないんだから。」

備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(19)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.104606547 2020/01/31 (金) 19:04 通報
    普段針の山みたいな人だけど所々に優しさや暖かみが滲み出てて最高にエモい
    テオとの関係性とか究極に尊い
    4
  • さすらいの癒術士さん No.104362112 2019/10/29 (火) 22:14 通報
    いつもお世話になっているのでストーリー投下します
    返信数 (15)
    3
    • × さすらいの癒術師さん No.104362351 2019/10/29 (火) 22:46 通報
      ルタリスク「『集え。固まれ。輝きを増せ。』……こんなもんか。」
      主人公「あっ、ここにいた。」
      メルク「ルタリスクさん。頼まれていたお料理の本を買ってきて……、って、なんなのです。この大量の魔宝石は!?」
      ルタリスク「魔力をかき集めるのには苦労したわ。土地の違いって大きいわね。ちょうどよかったわ。これ全部、箱に詰め込まないといけないから手伝ってよ。」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.104362363 2019/10/29 (火) 22:47 通報
        主人公「それは構いませんけど……。どこかに送るんですか?」
        メルク「もしかして、テオになのです?」
        主人公「それなら、俺たちが直接渡して……、」
        ルタリスク「この量を?」
        主人公「……ガンバリマス。」
        ルタリスク「アホか。精神論でどうにかなる量じゃないわよ。大体、そんなことをしなくて済むように『第1のルビラマンダ』をあの子に持たせたんでしょうが。これは魔法の国に送る分。あぁ、色ごとに分けて入れなさいよ。」
        主人公「は、はい。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366290 2019/10/30 (水) 19:52 通報
        主人公「それは構いませんけど……。どこかに送るんですか?」
        メルク「もしかして、テオになのです?」
        主人公「それなら、俺たちが直接渡して……、」
        ルタリスク「この量を?」
        主人公「……ガンバリマス。」
        ルタリスク「アホか。精神論でどうにかなる量じゃないわよ。大体、そんなことをしなくて済むように『第1のルビラマンダ』をあの子に持たせたんでしょうが。これは魔法の国に送る分。あぁ、色ごとに分けて入れなさいよ。」
        主人公「は、はい。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366294 2019/10/30 (水) 19:53 通報
        メルク「それでは、今まで通り魔法の国のための魔宝石作りを続けているのです?」
        ルタリスク「そうよ。なんか文句あるわけ?」
        メルク「そ、そんなことないのですよ!むしろ、ルタリスクさんが魔法の国のことを少しは好きになったみたいで嬉しいのです。」
        ルタリスク「おい、待て。誰があんな国のことを好きになったって?」
        メルク「みゅ?で、でも、テオがいなくなっても、これだけの魔宝石を魔法の国に提供しているのですよ?」
        主人公「元々、テオに不自由な生活をさせないために、始めたことなんですよね?」
        メルク「なのです!それを今も続けているということは、魔法の国に対する愛情が芽生えたと……!」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366295 2019/10/30 (水) 19:54 通報
        ルタリスク「こぼすぞ瓶詰め。」
        メルク「勘弁してほしいのですよ!」
        ルタリスク「はっ、相変わらずおめでたい思考回路してるわね。確かに、テオを救うために手を貸してくれたことに関して、私はあの国に感謝している。だからルール違反のケジメもつけるつもりよ。でも、それとこれとは話が別。一度優しくされたぐらいで許すとでも思ってんの?人間の感情、舐めすぎじゃない?」
        メルク「す、すみませんなのです……。」
        ルタリスク「私がこうやって今でも魔宝石を作っているのは、そのケジメの一環に他ならないわ。国の手を煩わせたこと、それと……正直、腹を抱えて笑ってやりたいけど、ベルクベルク家に迷惑をかけたことのね。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366297 2019/10/30 (水) 19:54 通報
        主人公「わ、笑ってやりたいんですね……。」
        ルタリスク「正直、ざまぁみろという気持ちは隠せない。」
        主人公「正直だなぁ……。」
        メルク「議会員の資格を剥奪されたと聞いたのですよ。かけた迷惑とは、そのことなのです?」
        ルタリスク「ええ。建国の御三家は、一つの家を除いて絶対に最高議会に籍を置く必要があるの。だから私が資格を剥奪されたことで、隠居してた親父が引っ張り出されてきたってわけ。ざまぁ……ちょっと悪いことしたわ。」
        メルク「どっちが本音なのかは、あえて聞かないのですよ……。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366303 2019/10/30 (水) 19:55 通報
        ルタリスク「ま、私の勝手で迷惑をかけたのは事実。それに対して一生ネチネチ言われるのも鬱陶しいから、こうしてご機嫌取りをしてるってわけよ。」
        主人公「な、なるほど……。」
        メルク「で、でも、そのおかげでテオのような子が救われるのです!気持ちはどうあれ、良いことだと私は思うのですよ!」
        主人公「そ、そうです!みんな、きっと感謝してますよ!」
        ルタリスク「どうだか。誰が作ってるのか、興味も持ってないわよ。」
        主人公「あっ……そうか。ベルクベルクの魔宝石は、全部……、」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366309 2019/10/30 (水) 19:56 通報
        メルク「みゅ?でも待ってほしいのです。この前、プライアルさんが市場に出回ってる魔宝石の6割がルタリスクさん製だと言っていたのです。」
        ルタリスク「あぁ、それね。私も気になったから調べてみたんだけど……、親父の仕業だったわ。」
        メルク「お父さんが?」
        ルタリスク「どういう心変わりか知らないけど、この一年ぐらいは、仲介業者に求められた場合のみ、名前を公表するようにしてるらしいわ。」
        主人公「それってもしかして、ルタリスクさんのことがあったから……?」
        ルタリスク「ありえない。」
        主人公「ありえませんか……。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366311 2019/10/30 (水) 19:56 通報
        ルタリスク「あの堅物が、娘一人いなくなったところで考えを改めるわけないから。あいつにとって大切なのはベルクベルクの名だけよ。今回のも、どうせその辺の企みがあったんでしょうよ。じゃなきゃ絶対にありえない。」
        主人公「……。」
        ルタリスク「ちょっと、そういう顔するのはやめなさいよ。私は別に、それが辛いだなんて思ってない。癪だけど、私だって理解はしているわ。ベルクベルクが『そういう連中』じゃなければ、あの国は今よりもっと荒んだ国になってたことぐらい。
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366317 2019/10/30 (水) 19:57 通報
        ルタリスク「……それを理解してもなお、私はベルクベルクのやり方に納得ができなかった。だから、あの魔宝石を作って、親父と喧嘩別れして……、テオに、出会えた。この結末に辿り着けただけで、私の人生はお釣りが出るぐらいに幸せなのよ。」
        メルク・主人公「……。」
        ルタリスク「ま、あんた達に理解しきれるとは思わないけどね。ほら、手が止まってる!今日中に出さなきゃいけないんだから、急いで!」
        メルク・主人公「は、はい!」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366320 2019/10/30 (水) 19:58 通報
        ――場面切り替わり――
        ルタリスク「ん、手続き終了。」
        主人公「よ、よかった!」
        メルク「間に合ったのですよ~!」
        ルタリスク「はい、ごくろうさん。そのうちお金が送られてくるから、その時にお礼するわ。」
        主人公「ただ詰め込むのを手伝っただけですから。」
        ルタリスク「借りを作りっぱなしにしたくないだけよ。何に利用されるかわかったもんじゃないし。」
        メルク「しないのですよ、そんなこと……。」
        ルタリスク「はいはい、そうね。あぁ~、疲れた。」
        メルク「みゅ~!信じてほしいのですよ!」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366328 2019/10/30 (水) 19:58 通報
        ルタリスク「そのうちね。ほら、さっさと行くわよ。もうお腹空いちゃって……、」
        町のお兄さん「あっ、間に合った!そこのお姉さん、ちょっと待ってくれー!」
        ルタリスク「あん?何よ。」
        町のお兄さん「いやぁ、荷物の中に手紙が紛れ込んでてね。悪いけど、手紙はうちの管轄外なんだ。隣に頼んでもらっていいかな?」
        主人公「手紙?」
        ルタリスク「……そう、わかったわ。」
        町のお兄さん「じゃ、渡したからね。」
        ルタリスク「……はぁ。ねぇ、これ出しちゃっていい?」
        メルク「勿論構わないのですが……テオ宛なら、私たちで渡しておくのですよ?」
        ルタリスク「バーカ、なんでもテオに結びつけるな。……親父宛よ。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366330 2019/10/30 (水) 19:59 通報
        メルク「みゅ……!」
        ルタリスク「……今回のこと、尻拭いさせて悪いとは思ってんのよ。ただまぁ、面と向かうと絶対喧嘩になるから。」
        主人公「なるほど……。」
        メルク「なのですよ~……。」
        ルタリスク「……チッ。ほら、ニヤニヤしてないでさっさと行くわよ。ったく、何を期待してんだか。……変わんないわよ、これぐらいじゃ何にも。」
        メルク「みゅふふ、そういうことじゃないのです!ルタリスクさんがお父さんにお手紙を出すというのが、なんだかとっても嬉しいだけなのです!」
        ルタリスク「……ふん。テオみたいなこと、言うんじゃないわよ。まったく……意味がわからないんだから。」
        0
      • × さすらいの癒術師さん No.104366339 2019/10/30 (水) 20:00 通報
        以上です。途中被ってしまい申し訳ありません。
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.104367442 2019/10/30 (水) 22:52 通報
      ご提供ありがとうございます。ページに反映しました。
      0
  • さすらいの癒術師さん No.104196350 2019/09/07 (土) 17:48 通報
    GIFどうぞ~
    返信数 (1)
    0
    • × さすらいの癒術師さん No.104196351 2019/09/07 (土) 17:48 通報
      「窮の秘想魔宝」ルタリスク
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第二部 メインクエスト第一部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
ボスモンスター一覧
4 パーティー相談 掲示板
5 新着ユニット一覧
6 終了イベント一覧
7 ★5
8 ゾンビ化可能ユニット一覧
9 リセマラ相談専用掲示板
10 ★4
最近の更新

10時間まえ

23時間まえ

2020/07/15 (水) 08:49

2020/07/14 (火) 23:54

2020/07/14 (火) 23:41

2020/07/14 (火) 00:47

2020/07/13 (月) 14:28

2020/07/12 (日) 10:23

2020/07/12 (日) 08:57

2020/07/12 (日) 02:18

新規作成

23時間まえ

2020/07/03 (金) 21:32

2020/07/02 (木) 23:20

2020/07/02 (木) 23:13

2020/07/02 (木) 23:06

2020/07/02 (木) 22:00

2020/07/02 (木) 21:56

2020/07/02 (木) 21:50

2020/07/02 (木) 21:46

注目記事
【テイクレ】リセマラの効率的なやり方(最新版) テイクレ攻略wiki【テイルズ オブ クレストリア】
【AFKアリーナ】リセマラ当たりランキング AFKアリーナ攻略wiki
【DQタクト】リセマラ当たりランキング最新版 ドラクエタクト攻略wiki
【プラエデ】リセマラ当たりランキング最新版 プラエデ(レッド:プライドオブエデン)攻略wiki
【パワプロ2020】栄冠ナインで効率よく強豪校にする方 パワプロ2020攻略Wiki
ページ編集 トップへ
コメント 19