「翠愛の花冠」エルリィネ

(18コメント)  
最終更新日時:

「翠愛の花冠」エルリィネ

出身 死者の国

年齢 13歳

性別 女

レアリティ ★4

属性 風

成長タイプ 早熟

武器 花冠

武器種別 魔法

同時攻撃数 3体

攻撃段数 


初期体力 1,520

最大体力 2,888

覚醒体力 4,613

移動速度 53

リーチ 175

DPS 1,900

覚醒DPS 3,041

初期攻撃力 3,220

最大攻撃力 6,118

覚醒攻撃力 9,793

攻撃間隔 3.22

タフネス 28

総合DPS 5,700

覚醒総合DPS 9,123


追加日 2018.10.11
シャペルルルの魔法絵本2018.10.11


属性補正
炎属性
  58%
水属性
  175%
風属性
  100%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
〈明るい森の中〉
エルリィネ「メルクちゃん。」
メルク「どうしたのです、エルリィネさん。」
エルリィネ「はい、これ。よかったらもらってください。」
エルリィネ「主人公くんから、メルクちゃんは指輪を集めていると聞いて……、さっき摘んだ花で、指輪を作ってみました。」
メルク「みゅわぁ~! ありがとうなのです! とっても可愛いのですよ~。」
エルリィネ「それならよかったです。メルクちゃんが今よりもっと幸せになれますようにって祈りを込めて作ったかいがありました。」
メルク「それは嬉しいのです。大事にするのですよ~!」
エルリィネ「あと、花冠も作ったので、これもメルクちゃんに……、あっ。」
メルク「みゅ!? エルリィネさん、大丈夫なのです!?」
エルリィネ「えへへ……。平気です。わたし、なんでか知らないけど、何もないところで転んじゃうんです。」
メルク「そ、それは大変なのです……。」
エルリィネ「でも、最近は良い感じに受身が取れるようになりました!」
メルク「それは確かに良いことなのですが! エルリィネさんが怪我をしないか心配なのですよ……。」
エルリィネ「そうですね……。確かにルス兄や、ルクアちゃんからも、あと妹や弟からもよく心配されます……。」
メルク「みゅ? ルス兄にルクアさん、なのですよ?」
エルリィネ「あ、伝えていませんでしたね。わたし、5人きょうだいの真ん中なんです。」
エルリィネ「ルスフェンドって兄とルクアっていう姉と……、あと妹と弟がいます。」
メルク「そうなのですね。なんだか楽しそうなのです!」
エルリィネ「はい、楽しいですよ。ルス兄もルクアちゃんも優しいですし……、妹や弟は、とっても可愛いんです。」
メルク「きょうだい仲が良いのですね。5人全員が仲良しというのは素敵なことなのですよ。」
エルリィネ「ええ。でも……、」
メルク「みゅ?」
エルリィネ「わたしたち5人は、血が繋がっていなくて。みんな、孤児院で出会った他人なんです。」
メルク「そうだったのですよ……。」
エルリィネ「でも。ルス兄はわたしたち5人のことを『家族』って呼んで分け隔てなく接してくれます。」
エルリィネ「ルクアちゃんも、あまり丈夫でないわたしの体をよく気遣ってくれて……。」
エルリィネ「お風呂から上がった時は、いつもルクアちゃんに髪を梳いてもらっていて。その時間が、わたしにとっての密かな楽しみなんです。」
メルク「なるほどなのです。血が繋がっていなくても、エルリィネさんたち5人には、確かな結びつきがあるのですね。」
エルリィネ「ええ。ルス兄はよく『エルリィネとルクアは、そそっかしいところがそっくりだな』って笑ってくれます。」
エルリィネ「本当は、直すべきところなんでしょうけど……、大好きなきょうだいと、そういう共通点があるのは嬉しくて。」
エルリィネ「でも、ルクアちゃんは多分、ルス兄のことを違う意味で好きで……、」
メルク「みゅ? どういうことなのです?」
エルリィネ「あ、ごめんなさい! なんでもないです。」
エルリィネ「だいぶ話題が飛んじゃいましたね。」
エルリィネ「あ、そうだ。わたし、主人公くんや紹介所のお姉さんにも花でアクセサリーを作りたくて……、」
エルリィネ「材料にする花を探してきます!」
メルク「了解なのです! いってらっしゃいなのですよ~!」
エルリィネ「はい! わたしが戻ったら、メルクちゃんも一緒に作りましょう。いってきます!」
エルリィネ「あっ。」
メルク「エルリィネさーん!」
〈夕方の紹介所〉
エルリィネ「ふぅ……、綺麗な花をたくさん摘むことができました。」
エルリィネ「よしっ。それじゃあ、主人公くんや紹介所のお姉さんに花の指輪とネックレスを編みましょうか。」
メルク「はいなのです!」
メルク「そういえば、エルリィネさんがいつも持っている花冠も、自分で作ったのです?」
エルリィネ「え? あっ、はい! そうです。」
メルク「ずいぶん保ちがいいのですね~。エルリィネさんが仲間になってくれた時から、ずっと花が満開のままなのです。」
メルク「花冠を作るときに、花を枯れにくくする方法があるのです?」
エルリィネ「あ、えっと、これは……、その……。」
メルク「みゅみゅ!? もしかして聞いてはいけなかったことなのですよ?」
メルク「ごめんなさいなのです! 無理に言わなくていいのですよ。」
エルリィネ「いいえ。気を遣わせてしまってごめんなさい。メルクちゃんに、どう伝えようか迷っていただけです。」
エルリィネ「……えっと、この花冠は特別な花、ラスローシアという花でできてるんです。」
メルク「ラスローシアの花、なのですよ?」
エルリィネ「はい。先代の孤児院長が知り合いの方から譲り受けたものらしくて……、」
エルリィネ「どうやらこの花は、魔法の国で改良された、魔力を宿す花のようなんです。」
メルク「魔力を宿す花……。」
メルク「みゅ! だからエルリィネさんの花冠は枯れないのですよ?」
エルリィネ「はい、その通りです。この花は、生えている時は普通の花と何も変わらないのですが……、」
エルリィネ「摘み取った瞬間に硬化して、枯れなくなるんです。」
メルク「そんなことがあるのですね。普通の生花にしか見えなかったのですよ……!」
エルリィネ「ええ、確かにそうですよね。」
エルリィネ「ラスローシアの花は、死者の国ではわたしの住む孤児院の裏庭だけでしか咲いてないらしいんです。」
エルリィネ「摘み取った瞬間に硬化するラスローシアの花はアクセサリーにしやすくて。」
エルリィネ「ルス兄には指輪、ルクアちゃんには髪飾りにラスローシアの花を加工してプレゼントしています。」
エルリィネ「もちろん、妹や弟たちにも。お守り代わりになればいいなって思って。」
メルク「なるほどなのです。エルリィネさんは本当にきょうだい想いなのですね。」
エルリィネ「みんなが優しいから、その気持ちにできるだけ応えたいって思ってるだけです。わたしはただでさえ人より病弱だから……、」
エルリィネ「他の4人の足を引っ張ってるんじゃないかなって考えちゃって。」
エルリィネ「だったらせめて、わたしにできることを少しずつやろうって思ったんです。」
メルク「エルリィネさん……。」
エルリィネ「もちろん、ルス兄やルクアちゃんは、わたしがいてくれて助かるって言ってくれます。」
エルリィネ「わたしの諦めかけていた夢も応援してくれていますし……。」
メルク「エルリィネさんは、なにか目指しているものがあるのです?」
エルリィネ「ええ、そうなんです。実はわたし……、神仕になりたいんです。」
メルク「神仕……。確か、神社というのは、死者の国の教会で仕える人たちのことだと聞いたことがあるのですよ。」
エルリィネ「はい、その通りです。神の前ではすべてが平等。この教典の教えが、わたしはすごく好きで……、」
エルリィネ「神に仕え、救えるかぎり、困っている人たちを等しく救っていきたい。小さな頃からずっと、そう思ってきたんです。」
エルリィネ「でも、神仕を目指す多くの人は、13歳くらいまでに神学校に入ることが一般的で……、」
エルリィネ「そのあと、本気で神仕になりたいと思ったら、神学校の上にある、神学院に入る必要があるんです。」
エルリィネ「特例はいくつかあるみたいですけど、タイムリミットが迫ってきています。」
エルリィネ「わたしはまだ、学校に行けるほど体調が安定していなくて……。」
メルク「それで、夢を諦めかけていたのですね。」
エルリィネ「ええ。」
エルリィネ「でも、ルス兄やルクアちゃんは『絶対にエルリィネの夢を一緒に叶えてみせるから』と言ってくれました。」
エルリィネ「妹や弟も『がんばって』と言ってくれて……。」
エルリィネ「だからわたしは、前を向くことにしたんです。」
メルク「……やっぱり、エルリィネさんのきょうだいは、素敵な方たちなのですよ。」
エルリィネ「はい! 自慢のきょうだいです。」
エルリィネ「わたし……、」
エルリィネ「ルス兄とルクアちゃんの妹でいられて、弟や妹の姉でいられて、本当によかったです。」

備考

【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(18)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.103270940 2018/11/02 (金) 17:51 通報
    情報提供ありがとうございます。遅くなりましてすみません、ストーリー反映いたしました。
    0
  • さすらいの癒術師さん No.103236702 2018/10/30 (火) 12:47 通報
    ユニストです(長めです)
    返信数 (14)
    3
    • × さすらいの癒術師さん No.103236703 2018/10/30 (火) 12:48 通報
      --明るい森の中--
      エルリィネ「メルクちゃん。」
      メルク「どうしたので、エルリィネさん。」
      エルリィネ「はい、これ。よかったらもらってください。」
      エルリィネ「主人公くんから、メルクちゃんは指輪を集めていると聞いて……、さっき摘んだ花で、指輪を作ってみました。」
      メルク「みゅわぁ~! ありがとうなのです! とっても可愛いのですよ~。」
      エルリィネ「それならよかったです。」メルクちゃんが今よりもっと幸せになれますようにって祈りを込めて作ったかいがありました。」
      メルク「それは嬉しいのです。大事にするのですよ~!」
      エルリィネ「あと、花冠も作ったので、これもメルクちゃんに……、あっ。」
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.103239273 2018/10/30 (火) 19:38 通報
        すみません、脱字訂正おねがいします><
        3行目:
        メルク「どうしたのです、エルリィネさん。」
        7行目:
        エルリィネ「それならよかったです。メルクちゃんが今よりもっと幸せになれますようにって祈りを込めて作ったかいがありました。」
        0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236707 2018/10/30 (火) 12:49 通報
      メルク「みゅ!? エルリィネさん、大丈夫なのです!?」
      エルリィネ「えへへ……。平気です。わたし、なんでか知らないけど、何もないところで転んじゃうんです。」
      メルク「そ、それは大変なのです……。」
      エルリィネ「でも、最近は良い感じに受身が取れるようになりました!」
      メルク「それは確かに良いことなのですが! エルリィネさんが怪我をしないか心配なのですよ……。」
      エルリィネ「そうですね……。確かにルス兄や、ルクアちゃんからも、あと妹や弟からもよく心配されます……。」
      メルク「みゅ? ルス兄にルクアさん、なのですよ?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236709 2018/10/30 (火) 12:49 通報
      エルリィネ「あ、伝えていませんでしたね。わたし、5人きょうだいの真ん中なんです。」
      エルリィネ「ルスフェンドって兄とルクアっていう姉と……、あと妹と弟がいます。」
      メルク「そうなのですね。なんだか楽しそうなのです!」
      エルリィネ「はい、楽しいですよ。ルス兄もルクアちゃんも優しいですし……、妹や弟は、とっても可愛いんです。」
      メルク「きょうだい仲が良いのですね。5人全員が仲良しというのは素敵なことなのですよ。」
      エルリィネ「ええ。でも……、」
      メルク「みゅ?」
      エルリィネ「わたしたち5人は、血が繋がっていなくて。みんな、孤児院で出会った他人なんです。」
      メルク「そうだったのですよ……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236712 2018/10/30 (火) 12:50 通報
      エルリィネ「でも。ルス兄はわたしたち5人のことを『家族』って呼んで分け隔てなく接してくれます。」
      エルリィネ「ルクアちゃんも、あまり丈夫でないわたしの体をよく気遣ってくれて……。」
      エルリィネ「お風呂から上がった時は、いつもルクアちゃんに髪を梳いてもらっていて。その時間が、わたしにとっての密かな楽しみなんです。」
      メルク「なるほどなのです。血が繋がっていなくても、エルリィネさんたち5人には、確かな結びつきがあるのですね。」
      エルリィネ「ええ。ルス兄はよく『エルリィネとルクアは、そそっかしいところがそっくりだな』って笑ってくれます。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236717 2018/10/30 (火) 12:50 通報
      エルリィネ「本当は、直すべきところなんでしょうけど……、大好きなきょうだいと、そういう共通点があるのは嬉しくて。」
      エルリィネ「でも、ルクアちゃんは多分、ルス兄のことを違う意味で好きで……、」
      メルク「みゅ? どういうことなのです?」
      エルリィネ「あ、ごめんなさい! なんでもないです。」
      エルリィネ「だいぶ話題が飛んじゃいましたね。」
      エルリィネ「あ、そうだ。わたし、主人公くんや紹介所のお姉さんにも花でアクセサリーを作りたくて……、」
      エルリィネ「材料にする花を探してきます!」
      メルク「了解なのです! いってらっしゃいなのですよ~!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236719 2018/10/30 (火) 12:51 通報
      エルリィネ「はい! わたしが戻ったら、メルクちゃんも一緒に作りましょう。いってきます!」
      エルリィネ「あっ。」
      メルク「エルリィネさーん!」
      --夕方の紹介所--
      エルリィネ「ふぅ……、綺麗な花をたくさん摘むことができました。」
      エルリィネ「よしっ。それじゃあ、主人公くんや紹介所のお姉さんに花の指輪とネックレスを編みましょうか。」
      メルク「はいなのです!」
      メルク「そういえば、エルリィネさんがいつも持っている花冠も、自分で作ったのです?」
      エルリィネ「え? あっ、はい! そうです。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236725 2018/10/30 (火) 12:51 通報
      メルク「ずいぶん保ちがいいのですね~。エルリィネさんが仲間になってくれた時から、ずっと花が満開のままなのです。」
      メルク「花冠を作るときに、花を枯れにくくする方法があるのです?」
      エルリィネ「あ、えっと、これは……、その……。」
      メルク「みゅみゅ!? もしかして聞いてはいけなかったことなのですよ?」
      メルク「ごめんなさいなのです! 無理に言わなくていいのですよ。」
      エルリィネ「いいえ。気を遣わせてしまってごめんなさい。メルクちゃんに、どう伝えようか迷っていただけです。」
      エルリィネ「……えっと、この花冠は特別な花、ラスローシアという花でできてるんです。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236727 2018/10/30 (火) 12:52 通報
      メルク「ラスローシアの花、なのですよ?」
      エルリィネ「はい。先代の孤児院長が知り合いの方から譲り受けたものらしくて……、」
      エルリィネ「どうやらこの花は、魔法の国で改良された、魔力を宿す花のようなんです。」
      メルク「魔力を宿す花……。」
      メルク「みゅ! だからエルリィネさんの花冠は枯れないのですよ?」
      エルリィネ「はい、その通りです。この花は、生えている時は普通の花と何も変わらないのですが……、」
      エルリィネ「摘み取った瞬間に硬化して、枯れなくなるんです。」
      メルク「そんなことがあるのですね。普通の生花にしか見えなかったのですよ……!」
      エルリィネ「ええ、確かにそうですよね。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236734 2018/10/30 (火) 12:52 通報
      エルリィネ「ラスローシアの花は、死者の国ではわたしの住む孤児院の裏庭だけでしか咲いてないらしいんです。」
      エルリィネ「摘み取った瞬間に硬化するラスローシアの花はアクセサリーにしやすくて。」
      エルリィネ「ルス兄には指輪、ルクアちゃんには髪飾りにラスローシアの花を加工してプレゼントしています。」
      エルリィネ「もちろん、妹や弟たちにも。お守り代わりになればいいなって思って。」
      メルク「なるほどなのです。エルリィネさんは本当にきょうだい想いなのですね。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236738 2018/10/30 (火) 12:53 通報
      エルリィネ「みんなが優しいから、その気持ちにできるだけ応えたいって思ってるだけです。わたしはただでさえ人より病弱だから……、」
      エルリィネ「他の4人の足を引っ張ってるんじゃないかなって考えちゃって。」
      エルリィネ「だったらせめて、わたしにできることを少しずつやろうって思ったんです。」
      メルク「エルリィネさん……。」
      エルリィネ「もちろん、ルス兄やルクアちゃんは、わたしがいてくれて助かるって言ってくれます。」
      エルリィネ「わたしの諦めかけていた夢も応援してくれていますし……。」
      メルク「エルリィネさんは、なにか目指しているものがあるのです?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236743 2018/10/30 (火) 12:54 通報
      エルリィネ「ええ、そうなんです。実はわたし……、神仕になりたいんです。」
      メルク「神仕……。確か、神社というのは、死者の国の教会で仕える人たちのことだと聞いたことがあるのですよ。」
      エルリィネ「はい、その通りです。神の前ではすべてが平等。この教典の教えが、わたしはすごく好きで……、」
      エルリィネ「神に仕え、救えるかぎり、困っている人たちを等しく救っていきたい。小さな頃からずっと、そう思ってきたんです。」
      エルリィネ「でも、神仕を目指す多くの人は、13歳くらいまでに神学校に入ることが一般的で……、」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236747 2018/10/30 (火) 12:54 通報
      エルリィネ「そのあと、本気で神仕になりたいと思ったら、神学校の上にある、神学院に入る必要があるんです。」
      エルリィネ「特例はいくつかあるみたいですけど、タイムリミットが迫ってきています。」
      エルリィネ「わたしはまだ、学校に行けるほど体調が安定していなくて……。」
      メルク「それで、夢を諦めかけていたのですね。」
      エルリィネ「ええ。」
      エルリィネ「でも、ルス兄やルクアちゃんは『絶対にエルリィネの夢を一緒に叶えてみせるから』と言ってくれました。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103236750 2018/10/30 (火) 12:54 通報
      エルリィネ「妹や弟も『がんばって』と言ってくれて……。」
      エルリィネ「だからわたしは、前を向くことにしたんです。」
      メルク「……やっぱり、エルリィネさんのきょうだいは、素敵な方たちなのですよ。」
      エルリィネ「はい! 自慢のきょうだいです。」
      エルリィネ「わたし……、」
      エルリィネ「ルス兄とルクアちゃんの妹でいられて、弟や妹の姉でいられて、本当によかったです。」
      0
  • SA No.103125702 2018/10/11 (木) 16:49 通報
    GIF提供
    返信数 (1)
    2
    • × さすらいの癒術師さん No.103125713 2018/10/11 (木) 16:52 通報
      情報提供ありがとうございます。
      反映いたしました。
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント 

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第一部 メインクエスト第二部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
「泥傀儡の花姫」ニュンプゥ
4 ★5
5 パーティー相談 掲示板
6 メダル交換ユニット
7 新着ユニット一覧
8 「寵豹の快風」イスティント
9 ボスモンスター一覧
10 ★4
goodランキング
正月ガチャのために石をとっておいた人たちを.. 24
鳴らせ!飲み干せ!砕け砕け砕け! 17
ウィークゴルドリッチ土日フィーバーしゅごい.. 15
4 あんまりマイナスのこと言いたくないけど1話.. 15
5 あまり面白くなかった、かな。妖精の国と同じ.. 13
6 話変えてまで無理して動物2やるんだったらエ.. 12
7 土日の曜日クエストが本番 12
8 ゲームとアニメで大まかな内容は同じでも見せ.. 8
9 リーゼントで腋が綺麗だから。 6
10 今回の無料スカウトで最後まで星5が出ない確.. 6
もっと見る
最近の更新

2分まえ

1時間まえ

2時間まえ

4時間まえ

5時間まえ

6時間まえ

7時間まえ

12時間まえ

13時間まえ

16時間まえ

19時間まえ

20時間まえ

21時間まえ

新規作成

2018/12/07 (金) 15:28

2018/12/07 (金) 15:27

2018/12/05 (水) 22:24

2018/11/30 (金) 21:37

2018/11/24 (土) 15:14

2018/11/24 (土) 15:07

2018/11/23 (金) 15:19

2018/11/23 (金) 15:15

2018/11/18 (日) 17:05

2018/11/18 (日) 16:50

注目記事
【スマブラSP】キャラ解放条件一覧 スマブラSP攻略Wiki【大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル】
リセマラ当たりランキング ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)攻略wiki
リセマラ方法&当たりキャラランキング ハンターハンター グリードアドベンチャー攻略まとめWiki
リセマラ当たりランキング ホップステップジャンパーズ攻略wiki
モンストコラボガチャ当たりランキング 白猫プロジェクト攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 18