「護判の律弾」オフィシア

(24)  
最終更新日時:

「護判の律弾」オフィシア

出身 科学の国

レアリティ ★4

属性 水

成長タイプ 早熟

武器 2丁銃

武器種別 銃弾

同時攻撃数 2体

攻撃段数 


初期体力 1,770

最大体力 3,363

覚醒体力 5,388

移動速度 47

リーチ 170

DPS 2,602

覚醒DPS 4,158

初期攻撃力 3,300

最大攻撃力 6,270

覚醒攻撃力 10,020

攻撃間隔 2.41

タフネス 41

総合DPS 5,203

覚醒総合DPS 8,315


追加日 2017.03.31
4月新ユニット追加フェス2017


属性補正
炎属性
  135%
水属性
  100%
風属性
  74%
光属性
  100%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
  • さすらいの癒術師さん No.100115370 2017/04/18 (火) 18:49
    ストーリーです
    • × さすらいの癒術師さん No.100115374 2017/04/18 (火) 18:50
      オフィシア「食事にでも誘ってみたら?」
      紹介所のお姉さん「でもまだ気になってるってだけだし……。」
      メルク「みゅ、2人揃ってなんの話をしているのです?」
      オフィシア「あら、メルク。」
      紹介所のお姉さん「実はオフィシアちゃんに相談事をしてたのよ。」
      メルク「もしかしてまた恋の悩みなのです?」
      紹介所のお姉さん「ま、またってなによぉ!」
      紹介所のお姉さん「うう、でもその通りよ。気になる人がいるんだけど、アタックするか迷ってて……。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115380 2017/04/18 (火) 18:50
      オフィシア「気になるからこそ誘ってみるんじゃない。まずは相手を知るところからよ。」
      紹介所のお姉さん「実際に恋人がいると説得力があるわねえ。」
      メルク「そうなのです?では、オフィシアさんがどうやって恋人をゲットしたか聞いてみて、参考にするのはどうなのですよ?」
      紹介所のお姉さん「はっ、それもそうね……!たしかバイト先が同じだったのよね?」
      オフィシア「そうだけど……、これ、すっかり話す流れじゃない。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115385 2017/04/18 (火) 18:51
      メルク「ま、まあまあ!どんな人なのですよ?」
      オフィシア「かわいい人よ。」
      メルク「かわいい……。」
      オフィシア「今はね。第一印象は誰にでも穏やかで優しい人って感じだったわ。」
      オフィシア「でも、ふとした時に翳る瞳に気づいてから、いつのまにか彼のことが気になり始めてたの。それでもっと知りたくなって、食事に誘うようになったわ。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115389 2017/04/18 (火) 18:51
      紹介所のお姉さん「き、気になる相手と2人きりでご飯なんて、私にはちょっとハードルが高すぎるわね……。」
      オフィシア「別に2人きりじゃなくてもいいわよ。大事なのは関わりを持つことだわ。そうしないとどんな人なのかもわからないもの。」
      紹介所のお姉さん「うう、そうね……。」
      紹介所のお姉さん「わかったわ、その後はどうしたの?どうやって彼をオトしたの!?」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115392 2017/04/18 (火) 18:52
      オフィシア「オトしたって……。」
      オフィシア「言っておくけど、私だって同時は私なりに必死だったのよ。彼、私がいくら2人きりでの食事に誘っても一向に私の気持ちに気づかないし。」
      オフィシア「だからもう、賞賛もわからないのに面と向かって告白するはめになったわよ。」
      紹介所のお姉さん「しかしその裏には……?」
      オフィシア「……策がなかったとは言わないけど。」
      紹介所のお姉さん「詳しく。」
      メルク「とうとうメモを取り始めたのですよ。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115395 2017/04/18 (火) 18:52
      オフィシア「彼と何度か食事を重ねて、親しくなるにつれてまあ、わかってると思うけど、彼のことが好きになっていったのよね。」
      オフィシア「気遣いがうまくて、誠実で紳士的だった。だけど、決定的だったのは彼の感情的な姿を見た時かしら。」
      オフィシア「学校で偶然すれ違った時、それまで見たことのないような顔をしてた。苛立ちと悲しみと悔しさと……、」
      オフィシア「いろんなものが混じってた。彼がああも感情を露わにした姿を見たのははじめてだった。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115398 2017/04/18 (火) 18:53
      オフィシア「……彼は私に気づかないぐらい余裕がなかったけど、私はそれ以来、彼から目が離せなくなっていた。」
      オフィシア「いつも穏やかな彼の中には、急き立てられるような熱があるんだと知ってしまったから。」
      紹介所のお姉さん「それでアタックを始めたと。」
      オフィシア「ええ。だけど彼は人のことならよく気がつくのに、自分のことには鈍いのよ。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115402 2017/04/18 (火) 18:53
      オフィシア「これじゃあいつまでたっても何も進展しないし、万が一にも友だちだなんて思われたら、見込みがゼロになると思ったからあえて彼に教えてあげたわ。」
      オフィシア「私があなたを2人きりの食事に誘ってるのは、あなたとどうこうなりたいからだってわかってる?って。」
      メルク「そ、それで!?」
      オフィシア「私を意識してくれるようになった。」
      紹介所のお姉さん「はっ、まさかそれが作戦!?」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115406 2017/04/18 (火) 18:54
      オフィシア「……そうよ。イエス以外の答えは卒業まで聞かないわって言い残して、それまで通りに振る舞った。」
      オフィシア「彼の優しさにつけこんだ、ずるいやり口だけど……、誠実な人だからこそ、そうでもしないと即座に断られるってわかってた。」
      紹介所のお姉さん「な、なるほどぉ……!」
      オフィシア「とはいえ、当時の彼が恋人をつくる気がないのを知ってたから2人きりになることは避けたけど。」
      オフィシア「意志の強い人だから、答えは聞かないって言ってもそのことを伝えようとするだろうと思ったから。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115411 2017/04/18 (火) 18:54
      紹介所のお姉さん「でも、それからどうやって好きになってもらうの?」
      オフィシア「どうもしなくていいのよ。変に取り繕った私を好きになってもらっても複雑だし、いつも通りに過ごして……、」
      オフィシア「まあ、好きな人と目が合ったら笑顔で返しちゃうのも、他の人よりはちょっと特別扱いしちゃうのも仕方ないとしてね。」
      紹介所のお姉さん「さ、策士ねぇ〜……。ねえ、私の恋の参謀にならない?」
      オフィシア「そこまで買いかぶられても困るんだけど……。結局、彼と付き合えたのは作戦あってのことじゃなかったし。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115413 2017/04/18 (火) 18:55
      メルク「そうなのです?」
      オフィシア「ええ、実は授業の関係で2ヶ月の間、隣の町まで研修に行くことになったの。急なことだったから、彼にはなにも伝えられなくて……。」
      オフィシア「……でも、結果的にはそれがよかったのかも。研修の後、初めてのバイトを終わらせて帰ろうとした時、バイト先の前で彼が待ってたのよ。」
      オフィシア「それで、言われたの。気づいたらきみを探してる、きみのことが好きみたい。って。」
      メルク「みゅわー、おめでとうなのですよー!」
      紹介所のお姉さん「で、でも好きみたいってなんなの?みたいって……!」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115416 2017/04/18 (火) 18:55
      オフィシア「それはそうだけど、あの時の彼は自分でも戸惑ってたみたいだからしかたないわね……。それに今は、みたい、じゃないからいいの。」
      紹介所のお姉さん「……どうもごちそうさまです。」
      オフィシア「いやだ、もとはと言えばあなたのために話したんじゃない。」
      メルク「そうだったのですよ!次は紹介所のお姉さんの番なのです!」
      紹介所のお姉さん「う、そ、そうだったわね……。わかったわよ、食事に誘うくらいはできそうな気がしてきたし。」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115420 2017/04/18 (火) 18:56
      〜場面転換〜
      オフィシア「最近、例の彼とうまくいってるみたいね。」
      メルク「何度かご飯にいけてるみたいでよかったのですよ〜!そろそろ次のステップに……、」
      紹介所のお姉さん「……。」
      メルク「ど、どうしたのですよ!?」
      紹介所のお姉さん「彼もニブいタイプだったから私も言ったの。気持ちわかってる?って。」
      オフィシア「その後にすぐ、答えは聞かないわって言えなかったの?」
    • × さすらいの癒術師さん No.100115422 2017/04/18 (火) 18:56
      紹介所のお姉さん「いえ、言ったんだけど……、立ち去る前にすごい勢いで追いかけてきて断られたわ。」
      メルク「そ、そこまで……!ちなみにどんなふうに言ったのですよ?」
      紹介所のお姉さん「仕事を退職するまで答えは聞かないわって。」
      オフィシア&メルク「……。」
      オフィシア「……ちょっと重いわね。」
      メルク「さすがに背負いきれないのですよ……。」

備考
メダル衣装ver
オフィシアのマスク


【注目ユニット】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧

【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1

【属性別】
/ / / /

【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復

【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 攻撃段数が空欄になっているものは「1段」です (編集者へ:1段の場合は無記入でお願いします)
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります (特に属性補正値)
※ ストーリー提供等はネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。

コメント(24)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.100142088 2017/04/22 (土) 14:22 通報
    今回のイベントは感情の開放みたいなものをテーマにしてるように感じたけど、この人の変装が比較的大胆なのもそのあたりを意識したのかな。理知的な通常姿と開放的なマスク姿のギャップがすごく魅力的。
    0
  • さすらいの癒術師さん No.100115370 2017/04/18 (火) 18:49 通報
    ストーリーです
    返信数 (15)
    3
    • × さすらいの癒術師さん No.100115374 2017/04/18 (火) 18:50 通報
      オフィシア「食事にでも誘ってみたら?」
      紹介所のお姉さん「でもまだ気になってるってだけだし……。」
      メルク「みゅ、2人揃ってなんの話をしているのです?」
      オフィシア「あら、メルク。」
      紹介所のお姉さん「実はオフィシアちゃんに相談事をしてたのよ。」
      メルク「もしかしてまた恋の悩みなのです?」
      紹介所のお姉さん「ま、またってなによぉ!」
      紹介所のお姉さん「うう、でもその通りよ。気になる人がいるんだけど、アタックするか迷ってて……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115380 2017/04/18 (火) 18:50 通報
      オフィシア「気になるからこそ誘ってみるんじゃない。まずは相手を知るところからよ。」
      紹介所のお姉さん「実際に恋人がいると説得力があるわねえ。」
      メルク「そうなのです?では、オフィシアさんがどうやって恋人をゲットしたか聞いてみて、参考にするのはどうなのですよ?」
      紹介所のお姉さん「はっ、それもそうね……!たしかバイト先が同じだったのよね?」
      オフィシア「そうだけど……、これ、すっかり話す流れじゃない。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115385 2017/04/18 (火) 18:51 通報
      メルク「ま、まあまあ!どんな人なのですよ?」
      オフィシア「かわいい人よ。」
      メルク「かわいい……。」
      オフィシア「今はね。第一印象は誰にでも穏やかで優しい人って感じだったわ。」
      オフィシア「でも、ふとした時に翳る瞳に気づいてから、いつのまにか彼のことが気になり始めてたの。それでもっと知りたくなって、食事に誘うようになったわ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115389 2017/04/18 (火) 18:51 通報
      紹介所のお姉さん「き、気になる相手と2人きりでご飯なんて、私にはちょっとハードルが高すぎるわね……。」
      オフィシア「別に2人きりじゃなくてもいいわよ。大事なのは関わりを持つことだわ。そうしないとどんな人なのかもわからないもの。」
      紹介所のお姉さん「うう、そうね……。」
      紹介所のお姉さん「わかったわ、その後はどうしたの?どうやって彼をオトしたの!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115392 2017/04/18 (火) 18:52 通報
      オフィシア「オトしたって……。」
      オフィシア「言っておくけど、私だって同時は私なりに必死だったのよ。彼、私がいくら2人きりでの食事に誘っても一向に私の気持ちに気づかないし。」
      オフィシア「だからもう、賞賛もわからないのに面と向かって告白するはめになったわよ。」
      紹介所のお姉さん「しかしその裏には……?」
      オフィシア「……策がなかったとは言わないけど。」
      紹介所のお姉さん「詳しく。」
      メルク「とうとうメモを取り始めたのですよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115395 2017/04/18 (火) 18:52 通報
      オフィシア「彼と何度か食事を重ねて、親しくなるにつれてまあ、わかってると思うけど、彼のことが好きになっていったのよね。」
      オフィシア「気遣いがうまくて、誠実で紳士的だった。だけど、決定的だったのは彼の感情的な姿を見た時かしら。」
      オフィシア「学校で偶然すれ違った時、それまで見たことのないような顔をしてた。苛立ちと悲しみと悔しさと……、」
      オフィシア「いろんなものが混じってた。彼がああも感情を露わにした姿を見たのははじめてだった。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115398 2017/04/18 (火) 18:53 通報
      オフィシア「……彼は私に気づかないぐらい余裕がなかったけど、私はそれ以来、彼から目が離せなくなっていた。」
      オフィシア「いつも穏やかな彼の中には、急き立てられるような熱があるんだと知ってしまったから。」
      紹介所のお姉さん「それでアタックを始めたと。」
      オフィシア「ええ。だけど彼は人のことならよく気がつくのに、自分のことには鈍いのよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115402 2017/04/18 (火) 18:53 通報
      オフィシア「これじゃあいつまでたっても何も進展しないし、万が一にも友だちだなんて思われたら、見込みがゼロになると思ったからあえて彼に教えてあげたわ。」
      オフィシア「私があなたを2人きりの食事に誘ってるのは、あなたとどうこうなりたいからだってわかってる?って。」
      メルク「そ、それで!?」
      オフィシア「私を意識してくれるようになった。」
      紹介所のお姉さん「はっ、まさかそれが作戦!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115406 2017/04/18 (火) 18:54 通報
      オフィシア「……そうよ。イエス以外の答えは卒業まで聞かないわって言い残して、それまで通りに振る舞った。」
      オフィシア「彼の優しさにつけこんだ、ずるいやり口だけど……、誠実な人だからこそ、そうでもしないと即座に断られるってわかってた。」
      紹介所のお姉さん「な、なるほどぉ……!」
      オフィシア「とはいえ、当時の彼が恋人をつくる気がないのを知ってたから2人きりになることは避けたけど。」
      オフィシア「意志の強い人だから、答えは聞かないって言ってもそのことを伝えようとするだろうと思ったから。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115411 2017/04/18 (火) 18:54 通報
      紹介所のお姉さん「でも、それからどうやって好きになってもらうの?」
      オフィシア「どうもしなくていいのよ。変に取り繕った私を好きになってもらっても複雑だし、いつも通りに過ごして……、」
      オフィシア「まあ、好きな人と目が合ったら笑顔で返しちゃうのも、他の人よりはちょっと特別扱いしちゃうのも仕方ないとしてね。」
      紹介所のお姉さん「さ、策士ねぇ〜……。ねえ、私の恋の参謀にならない?」
      オフィシア「そこまで買いかぶられても困るんだけど……。結局、彼と付き合えたのは作戦あってのことじゃなかったし。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115413 2017/04/18 (火) 18:55 通報
      メルク「そうなのです?」
      オフィシア「ええ、実は授業の関係で2ヶ月の間、隣の町まで研修に行くことになったの。急なことだったから、彼にはなにも伝えられなくて……。」
      オフィシア「……でも、結果的にはそれがよかったのかも。研修の後、初めてのバイトを終わらせて帰ろうとした時、バイト先の前で彼が待ってたのよ。」
      オフィシア「それで、言われたの。気づいたらきみを探してる、きみのことが好きみたい。って。」
      メルク「みゅわー、おめでとうなのですよー!」
      紹介所のお姉さん「で、でも好きみたいってなんなの?みたいって……!」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115416 2017/04/18 (火) 18:55 通報
      オフィシア「それはそうだけど、あの時の彼は自分でも戸惑ってたみたいだからしかたないわね……。それに今は、みたい、じゃないからいいの。」
      紹介所のお姉さん「……どうもごちそうさまです。」
      オフィシア「いやだ、もとはと言えばあなたのために話したんじゃない。」
      メルク「そうだったのですよ!次は紹介所のお姉さんの番なのです!」
      紹介所のお姉さん「う、そ、そうだったわね……。わかったわよ、食事に誘うくらいはできそうな気がしてきたし。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115420 2017/04/18 (火) 18:56 通報
      〜場面転換〜
      オフィシア「最近、例の彼とうまくいってるみたいね。」
      メルク「何度かご飯にいけてるみたいでよかったのですよ〜!そろそろ次のステップに……、」
      紹介所のお姉さん「……。」
      メルク「ど、どうしたのですよ!?」
      紹介所のお姉さん「彼もニブいタイプだったから私も言ったの。気持ちわかってる?って。」
      オフィシア「その後にすぐ、答えは聞かないわって言えなかったの?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115422 2017/04/18 (火) 18:56 通報
      紹介所のお姉さん「いえ、言ったんだけど……、立ち去る前にすごい勢いで追いかけてきて断られたわ。」
      メルク「そ、そこまで……!ちなみにどんなふうに言ったのですよ?」
      紹介所のお姉さん「仕事を退職するまで答えは聞かないわって。」
      オフィシア&メルク「……。」
      オフィシア「……ちょっと重いわね。」
      メルク「さすがに背負いきれないのですよ……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.100115430 2017/04/18 (火) 18:57 通報
      以上です。突貫なので誤字脱字あったらすいません
      0
  • さすらいの癒術師さん No.100021645 2017/04/05 (水) 16:33 通報
    いつもお世話になってます。レアメ衣装です~!
    返信数 (1)
    1
    • × さすらいの癒術師さん No.100021667 2017/04/05 (水) 16:36 通報
      [護判の隠弾] オフィシア
      2
  • さすらいの癒術師さん No.99998972 2017/04/02 (日) 17:34 通報
    綺麗…月の涙綺麗…( ;∀;)
    0
  • さすらいの癒術師さん No.99987327 2017/04/01 (土) 09:23 通報
    1
    返信数 (2)
    0
    • × さすらいの癒術師さん No.99987333 2017/04/01 (土) 09:24 通報
      2
      0
      • × さすらいの癒術師さん No.99987338 2017/04/01 (土) 09:25 通報
        3
        0
  • さすらいの癒術師さん No.99987026 2017/04/01 (土) 08:18 通報
    可愛い
    3

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

新着情報

イベント情報


終了イベント一覧

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ランキング・人気投票

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別 ※相関図はこちら (9)
出身一覧

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (5)

クエスト攻略

ストーリークエスト 裏ステージ 歴代イベント(2周目) 歴代イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他TIPS

要望・連絡

編集者向け

ページ編集講座 編集テンプレート

外部リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
メルスト リセマラ手順とおすすめユニット
4 パーティー相談 掲示板
5 ★5
6 リセマラ相談専用掲示板
7 新着ユニット一覧
8 トップページ
9 ★4
10 降臨モンスター アヴェンダム出現!
goodランキング
初心者に優しくする ↓序盤でやめるユーザー.. 62
一番上の枝のID:7F13CE129Fの人、下の木のハ.. 33
Sレートと上位の人達で歴然とした力の差があ.. 33
4 なんか…「中学の数学って方程式も証明もあっ.. 27
5 地味~に男ユニットの中で1番好きなんで、進.. 21
6 自分もリーチ伸びると思っていたのでびっくり.. 19
7 あーあれだな…誰にとってってのが食い違って.. 19
8 木主の発言意図が不明な結果混乱して荒れてる.. 18
9 どんなコンテンツでも言える事だけど、新規が.. 18
10 同意だなあ。文面からの想像でしかないのに鼻.. 18
もっと見る
最近の更新

1時間まえ

5時間まえ

6時間まえ

7時間まえ

8時間まえ

9時間まえ

10時間まえ

新規作成

2017/07/23 (日) 13:37

2017/07/21 (金) 15:18

2017/07/19 (水) 12:50

2017/07/19 (水) 12:35

2017/07/18 (火) 16:33

2017/07/18 (火) 15:42

2017/07/18 (火) 15:26

2017/07/18 (火) 15:18

2017/07/12 (水) 15:33

2017/07/11 (火) 16:13

Wikiランキング
ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
4 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
5 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
6 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
7 消滅都市2 攻略まとめWiki
8 DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
9 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
10 ハンターハンター バトルオールスターズ攻略まとめWiki【HHBAS】
注目記事
ブレソル リセマラランキング BLEACH Brave Souls
スママジ リセマラ スマッシュ&マジック
マギレコ 配信日情報 マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 
白猫 3周年 まとめ 白猫プロジェクト
ミリシタ お仕事 パフェコミュ選択肢 アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
デレステ イベント Kawaii make MY day! アイマス シンデレラガールズ スターライトステージ
オレコレクション リセマラランキング 週刊少年ジャンプ オレコレクション!
ドッカンバトル 2億DLリーク情報 ドラゴンボールZドッカンバトル
ミラクルニキ ミラクルナイト ミラクルニキ
モンスト LINE掲示板 モンスト
『カムライトライブ』事前登録受付中! 神式一閃 カムライトライブ
ページ編集 トップへ