「零流する飢望」ノンレガール

(32コメント)  
最終更新日時:

「零流する飢望」ノンレガール

出身 死者の国

年齢 16歳

性別 男

レアリティ ★5

属性 光

成長タイプ 平均

武器 魔抽金杯

武器種別 回復

同時攻撃数 3体

攻撃段数 2段


初期体力 2,489

最大体力 4,978

覚醒体力 7,678

移動速度 49

リーチ 150

DPS 2,055

覚醒DPS 3,156

初期攻撃力 2,589

最大攻撃力 5,178

覚醒攻撃力 7,953

攻撃間隔 2.52

タフネス 42

総合DPS 6,165

覚醒総合DPS 9,468


追加日 2018.12.14
ダイヤ限定★5&★4スカウトフェス2018.12.14


属性補正
炎属性
  100%
水属性
  100%
風属性
  100%
光属性
  150%
闇属性
  100%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!


備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(32)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.103475788 2018/12/16 (日) 15:40 通報
    ガイやワッフル, パユみたいに呪われてるとやっぱり中衛になるのかな
    返信数 (2)
    6
    • × さすらいの癒術師さん No.103485543 2018/12/19 (水) 00:47 通報
      エルフェッロは呪われていた…?(`・д´・ ;)
      10
      • × さすらいの癒術師さん No.103489144 2018/12/19 (水) 23:56 通報
        永遠にネタにされ続けるそれはそれは恐ろしい呪い
        6
  • さすらいの癒術師さん No.103475509 2018/12/16 (日) 14:26 通報
    いつもお世話になっているので。ストーリーです
    返信数 (23)
    7
    • × さすらいの癒術師さん No.103475514 2018/12/16 (日) 14:27 通報
      ノンレガール「地上は月があるからか、眩しいね。
             これだけ明るいなら、ろうそくはいらなかったな。」
            「ごめんよ、手際が悪くて。
             地上でやるのは初めてだからさ。
             ・・・・・・瓶の中のレディ。」
      メルク「いえ、大丈夫なのですよ!」
      ノンレガール「昼間、ここで突然声をかけて悪かったね。
             驚いただろう?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475520 2018/12/16 (日) 14:28 通報
      メルク「お気遣いなくなのです!
          むしろ、とっても丁寧なお誘いで、
          少しドキドキしてしまったのですよ。」
         「でも、本当に私だけでよかったのです?
          よければ、外で待ってくれている
          主人公さんも一緒に・・・・・・、」
      ノンレガール「いいや、結構。
             ボクが誘いたかったのは君だけだから。」
      メルク「そ、そうなのですね・・・・・・。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475522 2018/12/16 (日) 14:28 通報
      ノンレガール「改めまして、ボクはノンレガール。
             『エピキュリアンの晩餐会』という集まりで、
             会長なんてものに据えられている。」
      メルク「よろしくなのです、ノンレガールさん!
          私はメルクというのですよ。」
      ノンレガール「そう、わかった。」
            「それじゃあしきたり通り、乾杯ではじめようか。
             瓶の中のレディ。」
      メルク「(ス、スルーされたのですよ!)」
      ノンレガール「ようこそ、ボクの晩餐会へ。
             歓迎するよ、瓶の中のレディ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475524 2018/12/16 (日) 14:29 通報
      メルク「お、お招きありがとうなのですよ。」
      ノンレガール「つまらない挨拶は、これぐらいで。
             さぁ、食べて。」
      メルク「みゅう、そのことなのですが・・・・・・。」
      ノンレガール「どうかした?
             嫌いなものでもあったかな?」
      メルク「ごめんなさいなのです。
          私は体質的に食事ができないのですよ。」
      ノンレガール「・・・・・・へぇ、それは知らなかった。
             ごめんよ、事前の調査が足りなかったみたいだ。」
            「それじゃあ君のお皿もグラスも、
             ボクと同じく、空っぽでよかったわけだね。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475528 2018/12/16 (日) 14:29 通報
      メルク「みゅ!
          ノンレガールさんは遠慮なく食事してほしいのです!
          私はノンレガールさんとお話できるだけで充分なのですよ~!」
         「そのお皿にはどんな料理が乗る予定なのです?
          みゅふふ、興味ありなのですよ!」
      ノンレガール「フフッ、乗らないよ。
             目の前に料理があっても意味がないからね。」
      「そういう意味では君と同じさ、瓶の中のレディ。」
      メルク「みゅ・・・・・・?」
      ノンレガール「んん。言ってる傍から。」
      メルク「ノ、ノンレガールさん?
      悶えたように見えたのですが、大丈夫なのです?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475535 2018/12/16 (日) 14:30 通報
      ノンレガール「ああ、心配ない。
      ただ食事をしているだけだから。」
      メルク「しょ、食事なのです?
      でも、ノンレガールさんはただ座ってるだけで・・・・・・。」
      ノンレガール「んん・・・・・・最初はフルーツか。
      ついてないな。スープで始めたい気分だったのに。」
      メルク「(みゅみゅ、どういうことなのです?
      ノンレガールさんは何も口に入れていないはずなのに、
      本当に何かを味わっているように見えるのですよ)」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475546 2018/12/16 (日) 14:32 通報
      ノンレガール「ああだけど・・・・・・、美味しい。美味だ。
             また良い物を見つけたんだね、フルーツさん。」
      メルク「(フルーツさん・・・・・・。
          なんとも、瑞々しい響きの人なのです)」
      ノンレガール「ああ、うん・・・・・・ははは。
             本当に・・・・・・、驚かせてくれるな。」
      メルク「(それにしてもあの表情・・・・・・、
          やっぱり、演技には見えないのですよ)」
      ノンレガール「こうやって食事風景を驚かれるのも、
             ずいぶん久しぶりな気がするよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475551 2018/12/16 (日) 14:33 通報
      メルク「みゅわ!ご、ごめんなさいなのです!」
      ノンレガール「別に怒ってはいないさ。
             少し、懐かしい気持ちになっただけ。」
            「知りたいかい、ボクの秘密を。」
      メルク「教えてもらえるのです?」
      ノンレガール「構わない。
             別に隠すようなことじゃないとボクは思うしね。
             ただまぁ、タネを明かせば単純なものさ。」
            「ボクの一族はね、
             代々呪いをその身に宿す運命なのさ。」
      メルク「の、呪いなのです!?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475561 2018/12/16 (日) 14:34 通報
      ノンレガール「これが変わった呪いでね。
             この呪いを宿した者は、
             自分で自分の空腹を満たせなくなるんだ。」
            「どんな料理も味はせず、触感もない。
             肉体の糧にもならず、魔法のように消滅する。
             それがこの呪いの効果さ。」
      メルク「みゅ、みゅう・・・・・・。
          それは、どういえばいいのか・・・・・・。」
         「で、でも、さっきノンレガールさんは、
          確かに『美味しい』と言っていたのですよ?
          あれはいったい・・・・・・?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475564 2018/12/16 (日) 14:35 通報
      ノンレガール「ああ、呪いには対応策があってね。
             特別な契約を交わした者に食事を代行してもらえれば、
             ボクの空腹も同時に満たされるんだ。」
      メルク「食事の代行、なのです?
          みゅ!もしかしてさっき悶えていたのも・・・・・・!」
      ノンレガール「そう、代行者が食事をしてくれた。
             当然のことだけど、タイミングは示し合わせられないから、
             どうしても最初は驚いてしまってね。」
            「口の中で唐突に味が広がるのは、
             いつまで経っても慣れない感覚だよ。」
      メルク「みゅ~、苦労されているのですね・・・・・・。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475569 2018/12/16 (日) 14:37 通報
      ノンレガール「苦労は・・・・・・どうだろう。
             呪いは生まれた瞬間から宿っていたから、
             ボクにとっては、この状態が当然だった。」
            「代行者たちが食事をやめれば、
             ボクはただ衰弱していくしかない・・・・・・。
             それに、恐怖を抱いたことはあったけど。」
            「でも、それはもう昔の話だ。
             今はもう受け入れることができている。」
            「ボクの人生は、
             始まった瞬間から他人に握られている。
             ボクの命はボクのものではない・・・・・・ってね。」
      メルク「ノンレガールさん・・・・・・。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475573 2018/12/16 (日) 14:38 通報
      ノンレガール「ねえ、君もそうなんだろう。
             瓶の中のレディ?」
      メルク「私が、なのです?」
      ノンレガール「君を初めて見たときに直感したよ。
             あの癒術士に運ばれている君は、間違いない。」
            「君も、人生を彼に握られているんだろう?」
      メルク「みゅ・・・・・・。」
      ノンレガール「彼に運んでもらわないと、君はどこにもいけない。
             たった一歩分でさえ、前に進むことはできない。」
            「君の行く先は、彼に握られている。
             自分で自分を、自由にすることはできない。」
            「似ているんだ、ボクたちは。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475581 2018/12/16 (日) 14:39 通報
      メルク「・・・・・・だから、私を晩餐会に誘ったのです?」
      ノンレガール「ああ。ボクにとっては、
             初めて見つけた興味をひく存在だからね。」
      メルク「そうだったのですね・・・・・・。」
      ノンレガール「さぁ、語ってくれ。
             君は彼に人生を握られて、いったい何を思うんだい?」
      メルク「・・・・・・ごめんなさいなのです。
          その質問にお答えすることはできないのですよ。」
         「だって私は、
          主人公さんに人生を握られているなんて、
          1度もおもったことはないのですよ。」
      ノンレガール「・・・・・・どういう意味かな?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475585 2018/12/16 (日) 14:40 通報
      メルク「たしかに主人公さんに運んでもらわないと、
          私はどこにも行くこともできないのですよ。」
         「でも、主人公さんは
          独断で私の目的地を決めたりしないのです。
          いつも、私がどこに行きたいのか聞いてくれるのですよ。」
         「主人公さんはいつだって
          私を対等に扱ってくれるのですよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475589 2018/12/16 (日) 14:41 通報
      ノンレガール「・・・・・・。」
            「フフッ、そうだったのか。
             ああ、これは失礼。ボクの早とちりだったみたいだ。」
            「フフフ、そうか。
             君はそう思える人なんだね。それじゃあ・・・・・・、」
            「ボクと君は、少しも似ていないね。」
      メルク「・・・・・・。」
      ノンレガール「さて、ボクはそろそろ帰ろうかな。
             話せてよかったよ、瓶の中のレディ。」
      メルク「ノンレガールさん。」
      ノンレガール「なんだい?
             ああ、残った食事は表の彼にでも・・・・・・、」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475595 2018/12/16 (日) 14:42 通報
      メルク「私たちと一緒に旅をしてほしいのですよ!」
      ノンレガール「・・・・・・旅?どうしてボクと?」
      メルク「簡単なことなのです!
          私がもっと、ノンレガールさんと
          話したくなったからなのですよ!」
      ノンレガール「フフフ、話して何になるんだい?
             今の会話でわかっただろう、
             ボクと君は、きっと理解しあうことはできないよ。」
      メルク「・・・・・・かもしれないのです。」
         「でも、ノンレガールさんのことを知った分だけ、
          ノンレガールさんと仲良くなることはできるのですよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475598 2018/12/16 (日) 14:42 通報
      ノンレガール「・・・・・・え?」
      メルク「ノンレガールさん、仲良くなるために、
          相手のすべてを理解する必要はないと思うのですよ。」
         「私だって、主人公さんのことを
          何から何まで理解できているわけではないのです。
          喧嘩することだってあるのですよ。」
         「でも、私と主人公さんは仲良しなのです。
          それは相手の理解できないところだけじゃなくて、
          大好きなところも知っているからなのですよ。」
      ノンレガール「大好きな、ところ・・・・・・?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475599 2018/12/16 (日) 14:43 通報
      メルク「はいなのです。
          私はノンレガールさんのそれを見つけたいのです。」
         「もっとも、私はもういくつか、
          大好きポイントを見つけちゃっているのですよ!
          みゅっふっふ、さすがは名探偵メルクなのです。」
      ノンレガール「・・・・・・。」
      メルク「・・・・・・ノンレガールさんにも、
          私に対して、それを見つけてもらえたら、
          それはとても嬉しいのですよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475603 2018/12/16 (日) 14:44 通報
      ノンレガール「・・・・・・残念だけど、無理だ。
             ボクの人生はいつ、誰に奪われるかわからない。」
            「そんな人生で誰に・・・・・・いいや、人だけじゃない。
             何に興味を持てっていうんだい?」
      メルク「ノンレガールさんならできるのです。
          だってあなたはまだ、
          期待を持つことを諦めてはいないのですよ。」
      ノンレガール「ボクが・・・・・・?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475606 2018/12/16 (日) 14:44 通報
      メルク「例えば主人公さんは
          美味しいものを食べたら、これは何だろうとか、
          また食べられるのかなとか、ウキウキしだすのです。」
         「その時の主人公さんの表情は、
          美味しいものを食べたあとのノンレガールさんと
          そっくりだったのですよ。」
      ノンレガール「・・・・・・だから、ボクも同じだって?」
            「それは飛躍だよ、瓶の中のレディ。
             食べ物と人間は、まるで違ったものだ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475608 2018/12/16 (日) 14:45 通報
      メルク「でも、何にも興味を持てないということはないのですよ!
          何かきっかけがあれば、他のものにだって
          興味をもつことはできると思うのです!」
         「だから・・・・・・、
          希望は絶対にあるのですよ、ノンレガールさん!」
      ノンレガール「・・・・・・。」
            「本当に、ボクと君は似ていないね。
             どう生きてきたら、
             それだけの楽観的な思考になれるんだい?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475610 2018/12/16 (日) 14:46 通報
      メルク「ら、楽観的!?
          そ、それはちょっと異議ありなのですよ!
          私はこれでも真剣に考えて・・・・・・!」
      ノンレガール「・・・・・・でもボクは、
             君のそんなところが・・・・・・、」
      メルク「ノンレガールさん・・・・・・?」
      ノンレガール「・・・・・・。」
            「ねえ、瓶の中のレディ。
             ひとつ、聞いてもいいかな?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.103475612 2018/12/16 (日) 14:46 通報
      メルク「なんでもどうぞなのです!」
      ノンレガール「ありがとう。
             それじゃあ、君の名前を教えてほしいな。」
      メルク「それは勿論、大歓迎なのですよ。
          でも、どうして突然・・・・・・?」
      ノンレガール「うん、だってさ。
             それを知っておかないと・・・・・・、」
            「仲間として君を呼ぶ時に、困るだろうから。」
      0
  • さすらいの癒術師さん No.103469966 2018/12/15 (土) 09:58 通報
    ノンレガールなんていうからどんな女の子なんだろうと思ってたらノンレボーイだった(違
    返信数 (1)
    7
    • × さすらいの癒術師さん No.103470949 2018/12/15 (土) 13:45 通報
      ノンケガール(男)とも呼ばれているとかいないとか
      7
  • さすらいの癒術師さん No.103468271 2018/12/14 (金) 22:23 通報
    背景と合わさってすごく美味しそうなおみ脚
    3
  • さすらいの癒術師さん No.103467655 2018/12/14 (金) 20:54 通報
    武器欄の「魔抽金杯」って何て読むんだ?
    返信数 (1)
    1
    • × さすらいの癒術師さん No.103467838 2018/12/14 (金) 21:28 通報
      「まちゅうきんはい」か「まちゅうきんぱい」だと思います。
      設定を見るに自分の魔力を抽出するのに手のグラスを使っているのでしょうか。それを他者に与えることで回復、ということなんですかね?モーションだと床にダバーってなってますがw
      6

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第一部 メインクエスト第二部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
シャペルルルの魔法絵本2019.03.14
4 パーティー相談 掲示板
5 ★5
6 ゾンビ化可能ユニット一覧
7 ルーン一覧
8 新着ユニット一覧
9 ボスモンスター一覧
10 「溌剌の闇風船」ノンノ
goodランキング
初めてすぐ無課金でメンタル折れるというのは.. 13
金払っても優遇される確率が上がるだけだから.. 10
すみません、、まったく読まずに質問してしま.. 9
4 トライアンドエラーで試行錯誤をしながら強く.. 7
5 「始めたばかり」と言う免罪符があるうちに聞.. 6
もっと見る
最近の更新

22時間まえ

2019/03/19 (火) 20:57

2019/03/19 (火) 20:53

2019/03/19 (火) 17:42

2019/03/19 (火) 04:36

2019/03/19 (火) 00:13

2019/03/18 (月) 22:39

2019/03/18 (月) 21:50

2019/03/18 (月) 19:57

2019/03/18 (月) 19:33

2019/03/18 (月) 15:17

2019/03/18 (月) 13:50

2019/03/18 (月) 13:07

2019/03/18 (月) 10:24

2019/03/18 (月) 09:41

2019/03/18 (月) 08:50

2019/03/18 (月) 07:36

2019/03/18 (月) 07:34

2019/03/18 (月) 00:46

2019/03/18 (月) 00:02

新規作成

2019/03/15 (金) 15:40

2019/03/15 (金) 15:39

2019/03/14 (木) 19:54

2019/03/14 (木) 15:08

2019/03/09 (土) 00:31

2019/03/09 (土) 00:29

2019/03/03 (日) 16:02

2019/03/03 (日) 14:52

2019/03/03 (日) 14:30

注目記事
【パワプロ】世紀末北斗高校のイベントと攻略まとめ パワプロアプリ攻略Wiki
【ディスガイアRPG】リセマラ当たりランキング ディスガイアRPG攻略wiki
【妖怪ウォッチメダルウォーズ】リセマラ当たりランキング 妖怪ウォッチメダルウォーズ攻略wiki
【ロマサガRS】リセマラ当たりランキング ロマンシング サガ リユニバース(ロマサガRS)攻略wiki
【ポケモン剣盾】御三家ポケモンの一覧と最終進化の予想 ソード・シールド(剣盾)攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 32