「香翅の妖精」シャルメ

(13コメント)  
最終更新日時:

「香翅の妖精」シャルメ

出身 妖精の国

年齢 15歳

性別 女

レアリティ ★3

属性 炎

成長タイプ 早熟

武器 花

武器種別 回復

同時攻撃数 2体

攻撃段数 


初期体力 1,240

最大体力 2,356

覚醒体力 4,006

移動速度 56

リーチ 165

DPS 1,576

覚醒DPS 2,704

初期攻撃力 2,040

最大攻撃力 3,876

覚醒攻撃力 6,651

攻撃間隔 2.46

タフネス 29

総合DPS 3,151

覚醒総合DPS 5,407


進化 
進化前:「透翅の術士」シャルメ


追加日 2018.06.14
6月進化解放2018


属性補正
炎属性
  130%
水属性
  110%
風属性
  100%
光属性
  100%
闇属性
  110%

モデル


ストーリー
ネタバレ注意!
メルク「あの……、」
シャルメ「あら、あなた……、もしかして、メルク?」
メルク「みゅ? 私のことを知ってるのですよ?」
シャルメ「ああ、やっぱり! 主人公から聞いていたの。ビンに入った女の子だって。」
メルク「そうだったのですよ!」
メルク「私もあなたのことは主人公さんから聞いていたのです。シャルメさんなのですよ?」
シャルメ「ええ、その通り。ふふ、主人公はきっと今日の集まりで紹介しようと思っていたのでしょうけれど、奇遇にもこんなところで先に出会ってしまったわね。」
メルク「奇遇……、ま、まあ、奇遇といえばそうなのですよ。」
メルク「でもその、どうしてこんな紹介所の片隅にいるのです?」
シャルメ「……。」
シャルメ「そうね、妖精だからかしら。こういうところが落ち着くのよ。」
メルク「そ、そうなのですよ。」
シャルメ「まだ待ち合わせの時間まで少しあるわ。もしよければ、わたしとおしゃべりはいかがかしら?」
メルク「それはいいのですが……、」
シャルメ「あら、わたしではご不満?」
メルク「みゅっ!? ち、違うのです、そんなことはないのですよ!」
シャルメ「ふふ、ごめんなさい。冗談よ。ありがとう、ちょうど退屈していたところだったの。」
メルク「みゅ……、主人公さんから聞いていた通りの人なのですよ。」
シャルメ「まあ、そうなのね。彼が私のことをどんなふうに話したか気になるわ。」
シャルメ「そういえば、あの一件のことは主人公から聞いたのかしら?」
メルク「あの一件というと……、町が狭間に落ちてしまったことなのです?」
シャルメ「ええ。それにまつわる一連のことね。」
メルク「すっかり聞いたのですよ。それから造花やフィーユさんのことも……。」
シャルメ「そう。そうして、彼にとってのあの秋は綴じられたのね。」
メルク「みゅ?」
シャルメ「ふふふ。でも、終わった話に続きを想像するのは自由だわ。ねえ、あなたは探偵小説が好きだそうね。」
メルク「そうなのですが、それがどうしたのです?」
シャルメ「探偵小説をたくさん読んでいるあなたなら、主人公の語った内容から、真実を推理できるのではないかしら?」
メルク「はっ! た、たしかにシチュエーションは安楽椅子探偵モノに似てるような……!」
メルク「とはいえ、なんの真実を推理するのですよ?」
シャルメ「それはもちろん、誰が花を盗んだか、よ。」
メルク「……。」
シャルメ「ふふふ、単なる遊びよ。わたしが遊び好きだって、主人公から聞いていないかしら?」
メルク「……、たしかに、可能性ならたくさんあるのですよ。犯人がシャルメさんだという可能性も。」
シャルメ「そうね。わたしはキーリが扉守の一族であることを知っていた。そして、あの隠し通路のことも。」
シャルメ「もとの生活に戻ることを嫌がるキーリに町を狭間に落とせるほどの力を与えるため、盗んだ花をクッキーに仕込んで渡すこともできた。」
シャルメ「もともとクッキーを作ることはよくあったことだもの。」
メルク「……でも、あくまで可能性でしかないのです。趣味で探偵小説を読んでいる私程度では、なにが真実かはさっぱりわからないのですよ。」
シャルメ「ふふ。それに、たとえ真実をつかんだとしても証拠ももう、なにもないわけだものね。」
メルク「なのですよ。」
メルク「……なにより。たとえ真実がどうであれ……、」
メルク「今、目の前にいるシャルメさんが主人公さんたちを大事な友だちだと思っていることは確かだと思うのです。」
メルク「だから、それでいいような気もするのですよ。」
シャルメ「あら。2人揃って、ずいぶんとお人好しな探偵さんね。」
メルク「不正解なのです?」
シャルメ「いいえ、正解よ。」
メルク「……。」
シャルメ「寄宿学校の日々は、特別だった。キーリたちが元の翅に戻りたくないと思うように、わたしもいつしか、そう思うようになっていた。」
メルク「元の翅、なのです?」
シャルメ「ええ。寄宿学校では素性を隠すしきたりだから、誰も知らないことだったけど……、」
シャルメ「わたしの出身は香り翅の一族なの。」
メルク「香り翅……。どんな一族なのです?」
シャルメ「その名の通り、香る翅を持つのよ。」
シャルメ「それは他者の心を惑わす、特別な香り。ひとりひとり、異なる香りの力を持つけれど、わたしの場合は相手を惹きつける力だった。」
シャルメ「そして……、翅が透明だった間、その力は失われていた。」
メルク「……だから、寄宿学校の日々が特別だったのです?」
メルク「元の翅、なのです?」
シャルメ「ええ。寄宿学校では素性を隠すしきたりだから、誰も知らないことだったけど……、」
シャルメ「わたしの出身は香り翅の一族なの。」
メルク「香り翅……。どんな一族なのです?」
シャルメ「その名の通り、香る翅を持つのよ。」
シャルメ「それは他者の心を惑わす、特別な香り。ひとりひとり、異なる香りの力を持つけれど、わたしの場合は相手を惹きつける力だった。」
シャルメ「そして……、翅が透明だった間、その力は失われていた。」
メルク「……だから、寄宿学校の日々が特別だったのです?」
シャルメ「ええ。はじめは、ゲームの難易度が高くなったことを楽しんだ。でも今となっては……、」
シャルメ「翅の力に関係なく友だちができたあの頃が、とても、かけがえのないものだったと思えるの。」
メルク「そうなのですよ……。」
メルク「……その、寄宿学校を出てから、今日が初めての集まりだと聞いたのです。もしかして、何か関係があるのですよ?」
シャルメ「……、」
シャルメ「そうね。わたしはキーリと……、彼らと会うことを避けていたの。」
メルク「香りの力が、戻ったからなのです……?」
シャルメ「ええ。」
シャルメ「……長らく能力を失っていたせいね。戻ってきた力を制御することが難しくて、誰彼構わず香りを振りまいてしまう。」
シャルメ「この力で、キーリたちの感情を変えたくない。翅の力は関係なく、わたしの友だちであり続けてほしい。」
メルク「シャルメさん……。」
シャルメ「こんなこと、キーリには言えなかった。だって、信じてないってことだもの。勿忘草の誓いで立てた、永遠の友情を。」
シャルメ「……でも。」
シャルメ「いつまでも逃げているわけにはいかないものね。」
メルク「それで、今日の集まりに……?」
シャルメ「ええ。ようやく力のコントロールもできるようになったの。今なら、キーリたちと会えるわ。」
シャルメ「会って、そして……、」
シャルメ「キーリに叱ってもらわなくちゃ。そんなことで避けてたなんてって。」
メルク「……。」
シャルメ「ああ、そろそろ時間ね。行きましょう、名探偵さん?」
メルク「みゅっ、私が名探偵なのですよ?」
シャルメ「ええ。だってわたしと会ったばかりだったのに、さっきは見事に正解を言い当てたもの。」
メルク「それは……、」
シャルメ「ふふ。じゃあ、もう行かなくちゃ。」
メルク「(それは私じゃなくても言い当てられる内容だったのです)」
シャルメ「……行かなくちゃよね。」
メルク「(なぜなら……)」
シャルメ「……。」
シャルメ「ああっ、やっぱりまだ不安!」
シャルメ「こんなことになるなら、寄宿学校でちゃんと魔法の勉強をしてればよかった! そうすれば力のコントロールなんてもっと簡単に……!」
メルク「(こうして物陰でおろおろしてるシャルメさんをかれこれ1時間ほど見ていたからなのですよ)」

備考


【ユニット検索】
新着ユニット一覧
リセマラおすすめユニット一覧
【レアリティ別】
★5 / ★4 / ★3 / ★2 / ★1
【属性別】
/ / / /
【武器種別】
斬撃 / 突撃 / 打撃 / 弓矢 / 魔法 / 銃弾 / 回復
【出身別】
王国 / 妖精の国 / 機械の国 / 和の国 / 空の国 / 西部の国 / エレキの国 / 魔法の国 / 恐竜の国 / 砂漠の国 / 死者の国 / 少数民族の国 / 動物の国 / 常夏の国 / 植物の国 / 科学の国 / お菓子の国 / 雪の国 / コラボユニット

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


コメント(13)
Twitter

コメント

  • さすらいの癒術師さん No.102761292 2018/07/15 (日) 02:51 通報
    ストーリーです。
    返信数 (12)
    0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761294 2018/07/15 (日) 02:52 通報
      メルク「あの……、」
      シャルメ「あら、あなた……、もしかして、メルク?」
      メルク「みゅ? 私のことを知ってるのですよ?」
      シャルメ「ああ、やっぱり! 主人公から聞いていたの。ビンに入った女の子だって。」
      メルク「そうだったのですよ!」
      メルク「私もあなたのことは主人公さんから聞いていたのです。シャルメさんなのですよ?」
      シャルメ「ええ、その通り。ふふ、主人公はきっと今日の集まりで紹介しようと思っていたのでしょうけれど、奇遇にもこんなところで先に出会ってしまったわね。」
      メルク「奇遇……、ま、まあ、奇遇といえばそうなのですよ。」
      メルク「でもその、どうしてこんな紹介所の片隅にいるのです?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761295 2018/07/15 (日) 02:52 通報
      シャルメ「……。」
      シャルメ「そうね、妖精だからかしら。こういうところが落ち着くのよ。」
      メルク「そ、そうなのですよ。」
      シャルメ「まだ待ち合わせの時間まで少しあるわ。もしよければ、わたしとおしゃべりはいかがかしら?」
      メルク「それはいいのですが……、」
      シャルメ「あら、わたしではご不満?」
      メルク「みゅっ!? ち、違うのです、そんなことはないのですよ!」
      シャルメ「ふふ、ごめんなさい。冗談よ。ありがとう、ちょうど退屈していたところだったの。」
      メルク「みゅ……、主人公さんから聞いていた通りの人なのですよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761297 2018/07/15 (日) 02:53 通報
      シャルメ「まあ、そうなのね。彼が私のことをどんなふうに話したか気になるわ。」
      シャルメ「そういえば、あの一件のことは主人公から聞いたのかしら?」
      メルク「あの一件というと……、町が狭間に落ちてしまったことなのです?」
      シャルメ「ええ。それにまつわる一連のことね。」
      メルク「すっかり聞いたのですよ。それから造花やフィーユさんのことも……。」
      シャルメ「そう。そうして、彼にとってのあの秋は綴じられたのね。」
      メルク「みゅ?」
      シャルメ「ふふふ。でも、終わった話に続きを想像するのは自由だわ。ねえ、あなたは探偵小説が好きだそうね。」
      メルク「そうなのですが、それがどうしたのです?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761301 2018/07/15 (日) 02:54 通報
      シャルメ「探偵小説をたくさん読んでいるあなたなら、主人公の語った内容から、真実を推理できるのではないかしら?」
      メルク「はっ! た、たしかにシチュエーションは安楽椅子探偵モノに似てるような……!」
      メルク「とはいえ、なんの真実を推理するのですよ?」
      シャルメ「それはもちろん、誰が花を盗んだか、よ。」
      メルク「……。」
      シャルメ「ふふふ、単なる遊びよ。わたしが遊び好きだって、主人公から聞いていないかしら?」
      メルク「……、たしかに、可能性ならたくさんあるのですよ。犯人がシャルメさんだという可能性も。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761303 2018/07/15 (日) 02:55 通報
      シャルメ「そうね。わたしはキーリが扉守の一族であることを知っていた。そして、あの隠し通路のことも。」
      シャルメ「もとの生活に戻ることを嫌がるキーリに町を狭間に落とせるほどの力を与えるため、盗んだ花をクッキーに仕込んで渡すこともできた。」
      シャルメ「もともとクッキーを作ることはよくあったことだもの。」
      メルク「……でも、あくまで可能性でしかないのです。趣味で探偵小説を読んでいる私程度では、なにが真実かはさっぱりわからないのですよ。」
      シャルメ「ふふ。それに、たとえ真実をつかんだとしても証拠ももう、なにもないわけだものね。」
      メルク「なのですよ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761305 2018/07/15 (日) 02:55 通報
      メルク「……なにより。たとえ真実がどうであれ……、」
      メルク「今、目の前にいるシャルメさんが主人公さんたちを大事な友だちだと思っていることは確かだと思うのです。」
      メルク「だから、それでいいような気もするのですよ。」
      シャルメ「あら。2人揃って、ずいぶんとお人好しな探偵さんね。」
      メルク「不正解なのです?」
      シャルメ「いいえ、正解よ。」
      メルク「……。」
      シャルメ「寄宿学校の日々は、特別だった。キーリたちが元の翅に戻りたくないと思うように、わたしもいつしか、そう思うようになっていた。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761308 2018/07/15 (日) 02:56 通報
      メルク「元の翅、なのです?」
      シャルメ「ええ。寄宿学校では素性を隠すしきたりだから、誰も知らないことだったけど……、」
      シャルメ「わたしの出身は香り翅の一族なの。」
      メルク「香り翅……。どんな一族なのです?」
      シャルメ「その名の通り、香る翅を持つのよ。」
      シャルメ「それは他者の心を惑わす、特別な香り。ひとりひとり、異なる香りの力を持つけれど、わたしの場合は相手を惹きつける力だった。」
      シャルメ「そして……、翅が透明だった間、その力は失われていた。」
      メルク「……だから、寄宿学校の日々が特別だったのです?」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761310 2018/07/15 (日) 02:57 通報
      シャルメ「ええ。はじめは、ゲームの難易度が高くなったことを楽しんだ。でも今となっては……、」
      シャルメ「翅の力に関係なく友だちができたあの頃が、とても、かけがえのないものだったと思えるの。」
      メルク「そうなのですよ……。」
      メルク「……その、寄宿学校を出てから、今日が初めての集まりだと聞いたのです。もしかして、何か関係があるのですよ?」
      シャルメ「……、」
      シャルメ「そうね。わたしはキーリと……、彼らと会うことを避けていたの。」
      メルク「香りの力が、戻ったからなのです……?」
      シャルメ「ええ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761311 2018/07/15 (日) 02:57 通報
      シャルメ「……長らく能力を失っていたせいね。戻ってきた力を制御することが難しくて、誰彼構わず香りを振りまいてしまう。」
      シャルメ「この力で、キーリたちの感情を変えたくない。翅の力は関係なく、わたしの友だちであり続けてほしい。」
      メルク「シャルメさん……。」
      シャルメ「こんなこと、キーリには言えなかった。だって、信じてないってことだもの。勿忘草の誓いで立てた、永遠の友情を。」
      シャルメ「……でも。」
      シャルメ「いつまでも逃げているわけにはいかないものね。」
      メルク「それで、今日の集まりに……?」
      シャルメ「ええ。ようやく力のコントロールもできるようになったの。今なら、キーリたちと会えるわ。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761312 2018/07/15 (日) 02:58 通報
      シャルメ「会って、そして……、」
      シャルメ「キーリに叱ってもらわなくちゃ。そんなことで避けてたなんてって。」
      メルク「……。」
      シャルメ「ああ、そろそろ時間ね。行きましょう、名探偵さん?」
      メルク「みゅっ、私が名探偵なのですよ?」
      シャルメ「ええ。だってわたしと会ったばかりだったのに、さっきは見事に正解を言い当てたもの。」
      メルク「それは……、」
      シャルメ「ふふ。じゃあ、もう行かなくちゃ。」
      メルク「(それは私じゃなくても言い当てられる内容だったのです)」
      シャルメ「……行かなくちゃよね。」
      メルク「(なぜなら……)」
      シャルメ「……。」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102761313 2018/07/15 (日) 02:58 通報
      シャルメ「ああっ、やっぱりまだ不安!」
      シャルメ「こんなことになるなら、寄宿学校でちゃんと魔法の勉強をしてればよかった! そうすれば力のコントロールなんてもっと簡単に……!」
      メルク「(こうして物陰でおろおろしてるシャルメさんをかれこれ1時間ほど見ていたからなのですよ)」
      0
    • × さすらいの癒術師さん No.102774364 2018/07/17 (火) 11:55 通報
      情報提供ありがとうございます。
      ストーリーを反映いたしました。
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  
メルクストーリア攻略wiki

イベント最新情報



▼過去のイベント

初心者ガイド・リセマラ

掲示板

ユニット名鑑

レアリティ別
★5★4★3★2★1
属性別
武器種別
斬撃突撃打撃回復
弓矢魔法銃弾
出身別
出身一覧 入手方法別
性能別

モンスター図鑑

モンスタースキル一覧 (6コメ)

クエスト攻略

メインクエスト第一部 メインクエスト第二部 裏クエスト 国別イベント(小篇) 国別イベント(3周目) 国別イベント(2周目) 国別イベント(1周目)

ギルド・ギルドバトル

その他攻略記事・読み物

関連情報

メディアミックス
書籍アニメ (1コメ)

要望・連絡

編集者向け

公式リンク

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
質問 掲示板
盤上の騎士と白昼にまどろむ繭世界
4 パーティー相談 掲示板
5 「泥傀儡の花姫」ニュンプゥ
6 ★5
7 フェアリーナイト
8 ボスモンスター一覧
9 おすすめシード
10 すすめ方
goodランキング
正月ガチャのために石をとっておいた人たちを.. 24
ウィークゴルドリッチ土日フィーバーしゅごい.. 19
鳴らせ!飲み干せ!砕け砕け砕け! 18
4 あんまりマイナスのこと言いたくないけど1話.. 18
5 リーゼントで腋が綺麗だから。 17
6 話変えてまで無理して動物2やるんだったらエ.. 15
7 あまり面白くなかった、かな。妖精の国と同じ.. 14
8 ナイトくん 11
9 ゲームとアニメで大まかな内容は同じでも見せ.. 10
10 ☆5が出るから課金するんじゃない。出すまで課.. 9
もっと見る
最近の更新

2分まえ

13分まえ

38分まえ

1時間まえ

3時間まえ

7時間まえ

10時間まえ

12時間まえ

13時間まえ

14時間まえ

21時間まえ

22時間まえ

23時間まえ

2018/12/12 (水) 23:10

2018/12/12 (水) 22:17

2018/12/12 (水) 20:37

2018/12/12 (水) 18:47

新規作成

2018/12/07 (金) 15:28

2018/12/07 (金) 15:27

2018/12/05 (水) 22:24

2018/11/30 (金) 21:37

2018/11/24 (土) 15:14

2018/11/24 (土) 15:07

2018/11/23 (金) 15:19

2018/11/23 (金) 15:15

2018/11/18 (日) 17:05

2018/11/18 (日) 16:50

注目記事
【スマブラSP】キャラ解放条件一覧 スマブラSP攻略Wiki【大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル】
リセマラ当たりランキング ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)攻略wiki
【夢間集】リセマラのおすすめ終了基準 夢間集攻略Wiki
リセマラ方法&当たりキャラランキング ハンターハンター グリードアドベンチャー攻略まとめWiki
【パワプロ】マントル辺境高校攻略情報 パワプロアプリ攻略Wiki
ページ編集 トップへ
コメント 13